第195話 次哉の受難 その二

「ふぅ……」

次哉は先程フィルに頭から酒を被せられたため、風呂場に来ていた。

目をつぶり、頭を洗っている時に、戸が開くカラカラという音が聞こえたが、

"誰か来たか"

次哉はそう思っただけで、気にする事もなく洗髪を続ける。


洗い終わり、手探りでポンプのスイッチを押そうとすると、後ろから声を

掛けられた。

「もう終わりでいいのかしら?」

「はぁっ!?」

「じゃあ流すから、じっとしててね~」

「ちょま……!」

言い終わらない内に、スターナが桶を傾け、髪に付いた石鹸を洗い流す。

その間、何も出来ずにされるがままの次哉。


「ぶはっ! な、何でここに!?」

「勇者ちゃんと一緒に入ろうと思って」

「い、今すぐ出て行け!」

「い~や♪」

今度は、次哉が体を洗うために泡立てておいたタオルを手に取り、

背中を撫でるように当ててくる。


「うあっ!?」

「もうっ! いい子なんだから暴れないの!」

その優しい手つき、くすぐったさと恥ずかしさが混じり合い、真っ赤になって

何も言わずに俯く。

抵抗して下手に後ろを向くと、見える可能性があるから、動けないというのが

本音であるらしい。


時々、スターナの柔らかい肌が触れる度に、次哉の体がビクッ! と跳ねるが、

当の本人はまったく気にせず、鼻歌交じりに続ける。

それから天国か地獄か、というような時間を乗り越え、背中にお湯を掛けられた


次哉は、やっと終わったと安堵のため息を吐く。

「じゃあ今度は、前を洗いましょうね~」

ため息が無理やり飲み込まれ、喉の奥から声にならない声が漏れた。


「いや、自分で洗うから!」

「ワガママ言わないの。ほら早く」

それからは必死の抵抗。子供の姿に戻っているため、力は無くなっているはずだが、

意地と羞恥で尋常じゃない力を発揮する。


「頼むから、止め――うわっ!」「きゃっ!」

濡れてる床が仇となり、力を入れて踏ん張っていた足が取られて、次哉は後ろに

ひっくり返る。

その時、背中を打って仰け反って・・・・・しまった。


「痛ッ!……あ」

「勇者ちゃん、大じょ……う、ぶ……」

痛み自体は強くなかったが、次哉が後ろに倒れ、スターナは膝立ちだったため、

そのすべてが網膜に焼き付く。

それが鮮明に認識できた瞬間、動物としての本能とでもいうべきものが、

反応してしまった。


「うわあああぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!」

必死で隠したが、時すでに遅し。スターナに状況が伝わってしまった。

「ゆ、勇者ちゃんも男の子だもの、仕方ないわよ。え~っと……手をどけてね~

はい、綺麗にしましょうね~」

そう言って続けようとするスターナから、必死に体を動かして逃げる。


「いいいい、いいから! 大丈夫だから!」

「ほら、遠慮しないの」

「おま、お前は見慣れてるかもしれんが、俺は慣れてないんだ!」

「そのセリフはちょっと失礼よ~。ワタシもした事ないもの。」

頬を膨らませ、四つん這いになりながら追うスターナ。その際、胸が両腕に挟まれ、

存在を強調しながら迫ってくる。

対する次哉は尻もちを付いたような格好のまま、後ろに逃げていく。


「経験無いヤツが、なんでそんな冷静なんだよ!?」

「だって今は、子供の姿だし。それにワタシは元国王の娘で、今は女王だもの。

あの国なら何でも許されるとはいえ、外聞が悪いでしょ? だから、教育係の子に

教えてもらったの」

「き、教育係?」

「そうよ~。サキュバスのウェンディちゃんに」

「人選、最悪じゃねぇか!」


そうしている内に壁に追い詰められる次哉。

「そ、そういうのは好きな相手にやってやれ!」

「あら、ワタシは勇者ちゃんが好きよ?」

その言葉に一瞬、硬直してる隙に、胸を押し付けられると、人生で感じた事がない

感触と感情が頭の中を埋め尽くす。


「だって勇者ちゃん優しいし、初めて負けた相手だし……」

さらに体を押し込まれ、圧迫感を覚えるが、嫌悪感など無く、むしろ心地よさに

どうにかなりそうな自分を理性と羞恥で抑える次哉。


「ねぇ勇者ちゃん……ワタシもお嫁さんにしてくれる?」

耳元で言われてもギリギリ聞こえるかどうかの、熱い吐息混じりの囁きが、

理性を奪いかけるが、

「後、後で考えるから!」

その言葉を聞いたスターナは微笑んで、


「ふふっ、そうね~。じゃあ後で楽しみにしてるから……ね?」

言い終わった後に、スターナの力が緩んだのを感じると、脱衣所へと走り出した。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます