第194話 次哉の受難 その一

「はぁ……」

せっかくの温泉初体験が、異常事態により楽しめなかった事を次哉は落胆した。

その後、食事や散歩をして気を紛らわせ、何とか立ち直った頃には、

夜になっていた。


温泉宿での食事は、宴会場のような場所で食べるか、それとも部屋で食べるかを

選択する事ができたのだが、どちらにしようか悩んで、他のメンバーに声を

掛けようと、一番近くのフィルの部屋を訪ねた。


「フィル、いるか?」

「あ~い!」

返事がやたら能天気ではあったが、次哉がひと声かけて部屋に入ると、原因が判明した。


「飲み過ぎだろ……」

「う?」

フィルの周りには酒瓶が二十本ほど転がっており、臭いが充満していた。

臭いを我慢しながらフィルに近寄り、食事の件を確認する。

この現状を見てしまった以上、どこで食べるかではなく、食べられるかどうかの

質問に変化する必要があったが。


「飯はどうするんだ?」

「ん~……」

フィルは酒瓶を片手にラッパ飲みを始めたので、聞こえているかどうかの確認に

肩を軽く叩いた。

すると、何故かフィルは顔だけを次哉に向けて、気の抜けた声を出した。


「うわ、酒が!」

口の中に流れるはずの酒が、注ぎ先を失ったため、床にこぼれる。

それを止めようと次哉は手を差し出すが、その行動で取られると思ったのか、

フィルが手を振り回した。結果……

「冷たっ!」

「あぅ!」

二人が頭から酒を被る事になってしまった。


「あ~あ、お前なぁ……」

「……もったいな~い」

そう言うと、フィルは自分の腕を舐め、服を吸うなどし始める。

「行儀が悪いから洗ってこい」

フィルを立たせるつもりで腕を取った次哉は、腕を握り返されていた。


「フィル?」

フィルは握り返した腕をじっと見つめていたが、

「んちゅ」

「お、おい、何を!?」

いきなり舐め始めた。


「ちょ、待て、止めろ!」

「おいひ~」

さすがに子供に戻った次哉では、ドワーフの力に勝てず、引きはがそうとするが、

びくともしないどころか、逆に押し倒されてしまう。

その内に、フィルの舌は腕だけではなく、手を這い出した。


「ん~」

「本当に離せって!」

指がフィルの口の中へと誘われる。最初は人差し指が、じゅるじゅると音を

立てながら、付着した水滴を吸い取られる。

その次は中指、薬指……


次哉は子供の姿になったとはいえ、精神的には高校生。しかも、そういう経験は

皆無。興奮や欲情といったものは当然あるが、それより先に羞恥が勝ってしまい、

逃げ出す事しか考えられなくなっている。

スキル【冷静沈着】はそんな次哉を今まで守っていたのだが、今現在で

その恩恵にあずかる事はない。


「あ~、もっと~」

「酒なら俺が持ってくるから、な!? だからちょっと待ってくれ!」

説得を試みるが、フィルには届かず、そのまま体重を預けてくる。


「お酒の匂い~、ここ~」

「ひぁっ!?」

フィルの舌が首筋をなぞり、吸い取る作業を繰り返す。そして、次哉は両手で

顔を包み込まれ、顔と顔が近づき、もうダメか!

そう思った時、

「く~、く~」

顔の横をすり抜け、全体重を預けたフィルは寝息を立て始めた。


「た、助かった……」

危機一髪で助かった事を実感した次哉だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます