第184話 まさかの遭遇

あれからどのくらい経ったか、こまめに休憩場所があるおかげで、

体力を回復しながら進む事ができるが、それでも先が分からないと、不安や

モチベーションが下がってしまう。


「この洞窟に入ったら最後、正確な時間なんて分からないからね。」

「じゃあ、どうやって最深部までかかる時間が分かるんですか?確か、十日以上

っていうお話でしたが。」

「外で待ってる人に日数聞いて、それの半分で考えるんだよ。」

「なるほど。」

ずいぶんとアバウトだな。しかも、その当時は魔物が少なかったらしいから、

今の方が時間はかかるだろう。


「あの鉱石が簡単に加工できればよかったんだが……」

「まぁ加工がしにくいっていうのは、それだけ強度があるって事だからね。

素材としては良い物なんだよ。」

そういう考え方もあるか。



それからは魔物を倒して、休憩場所で食事を取ったり、休みながら進んでいった。

それにしても、ヘルハウンドが出る回数が多い。というかアイツしか出てこない。

「あの魔物、いくら何でも多過ぎじゃないですか?」

「うん、確かに変なんだ。洞窟内のいろんなところに生息してるから

他の魔物よりは遭遇率が高いんだけど……」

「む~……」


サーシャが何かを考えてる。

「どうした?」

「強い魔物に追われてたりするである?」

どうやら、あの犬より強い魔物が奥からやってきてるせいで、入り口の近くまで

逃げてきて、遭遇する確率が高くなってるんじゃないかと予測してるらしい。


「でも、それなら他の魔物とも遭遇するんじゃない?」

「そうとは限らないかも。あの魔物は洞窟の中では相当足が速い方だけど、

溶岩には潜れないんだ。」

「その言い方だと、潜る魔物もいるのかしら~?」

「うん。」

さすがに俺も溶岩に直で触れて、無傷でいられる自信はないな。

そんなのに出会ったら無視が一番だ。


「つまり、他の魔物は逃げ遅れたか、溶岩の中に逃げ込んだって事?」

「もしかしたら……」

《グオオオオオォォォォォォォ!》

遠くの方から、咆哮が聞こえた。


「い、今の何?」

「このまま先に進んだら、危険な予感がするんですけど……」

引き返すべきか、そう思った瞬間だった。


ドォォォォォォォン!


「な!?」

地面に亀裂が入り、崩れた。


「きゃああぁぁぁぁ!」「うわぁぁぁぁぁ!」「お、落ちるである!」

詐欺師は空を飛んでるから影響はないが、脳筋とサーシャ、フィルが予想外の

出来事に対応できず、そのまま落下した。


「スターナ!」

「任せて!」

それだけで通じたらしく、自分に転移魔法をかけて、サーシャの近くに行くと

抱きかかえ、転移魔法でどこかへ移動した。

俺は脳筋とフィルを抱えて、岩の上を跳んで安全な場所を探し、着地した。



「大丈夫か?」

「う、うん。何とか……」

「死ぬかと思いました……」

辺りを見回すと、スターナとサーシャも無事だった事にホッとする。

周りは溶岩だらけで、足場になるような箇所も少なく、逃げ場所があったのは

運が良かったと思う。


「みんな~!大丈……」

詐欺師が血相を変えながら飛んできたが、途中で固まった。

「リュリュさん、どうかしたんですか?」

「あ、アレ……」


詐欺師の指さす方を見ると、

《この臭いを漂わせているヤツは、誰だ!》

そこには、ドラゴンがいた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます