第180話 誰に頼む?

「一番、マルコ様から行くぜッ!俺の得意なのは歌だから、一曲

歌わせてもらう!」


お~ 我らドワーフ~ 酒が好きで気の良いヤツらばかり~

我らにかかれば どんな素材でも 世界一の武器や防具に早変わり~♪



ステージ上では、一人目のドワーフが歌いだした。

得意というだけあって、荒々しいながらも心地よい歌声で、それを肴に

観客たちは酒やつまみを食べまくっている。

「これは、何なんだ……」



フィルとドゥーダに神鉱石を見せたら、尋常じゃない大声で叫んだ。

それに驚いて、見習いと言われたドワーフ達が近寄ってきて、同じように叫ぶ。

すると、仕事の邪魔するなと、近くの工房のドワーフ達が乗り込んできたが、

神鉱石を見て、全員が似たようなリアクションを取る。

神鉱石の話は瞬く間に町中に広まり、

「俺に加工させてくれ!」「いや、俺が!」「引っ込んでろ若造が!」

「ロートルが出しゃばるんじゃねぇ!」

と、暴動さながらの大喧嘩が始まりそうだった。


それを抑えたのは、ドワーフ達の妻。

片手にフライパンや木槌を持ってきて、自分の夫達に遠慮なく振り下ろしていった。

「カカァ、ちょっと待って!」「やかましい、このロクデナシ!」

「死んじまうから!」「人様に迷惑かけてんじゃないよ!」

まさに地獄絵図といった感じだ。

さすがに俺を含めて、四人もドン引きしていた。


騒動が始まって数十分後、ドゥーダの工房には死屍累々という状態で

倒れたドワーフの群れ。

だが、神鉱石を加工する事については諦めきれないヤツらが、チャンスをくれ

と直談判してきて、さっきの一発芸大会に繋がった。

他の客たちには悪いが、通常の営業はすべて中止になり、急きょお祭りが

始まった。


「アンタ、どエラいの持ってきちゃったわね。」

「俺もこうなるとは予想できなかった。」

「あの鉱石、よっぽど凄い物なんですね。どこで手に入れたんですか?」

「取り出した袋もなんであるか?普通は絶対に入らないはずである。」

俺も質問攻めにあい、どう答えていい物か迷う。

神様から貰ったなんぞ、誰が信じるだろうか?


「みんな~、勇者ちゃんが困ってるでしょ?それにドワーフ達の芸も

見てあげないと、ね?」

スターナが助け舟を出してくれたおかげで、追及の手が伸びてくる事はなかった。


「二番手やるぜ、俺の自慢は怪力だ!」

そう言って取り出したのは、鉱石。

「うおりゃあ!」

それを片手で握り潰した。それを終えると、ステージ上に誰かが上がった。


「どんなもんでぇ!」

「売りもんダメにしてどうすんだい、このポンコツ!」

「げっ!母ちゃん!?」

どうやら妻だったらしく、右ストレートを食らっていたが、体が二回転した。

それを見た観客は大爆笑だ。

妻の方が怪力なんじゃないか?


それからも一発芸は続いていたが、出し物が終わると、ドワーフ達の目が

俺達の方に一斉に向いた。

「さぁ、この中から武器を作らせるヤツを選んでくれ!」


そうは言われてもな、どうするか?

「誰にやらせるかはともかく、そもそも加工できんじゃろ。」

悩んでいたところに、誰かの声が響いた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます