第177話 ダウロ(ガングルフ王国)

「こちら側も、また変わったヤツらばっかりだな。」

翌日、俺達はさっさと手続きを済ませて、ガングルフ王国側に到着した。

周りを見渡すと、見た目が凄い人種がいたので、詐欺師に質問してみる。


「あれは何ていう人種だ?」

俺が尋ねたのは、水や炎で体が構成されている人達。

「え?あぁ、あの人達は精霊よ。全身が、その人を表す属性で形作られてるの。」

「危険じゃないのか?特に火なんかは。」

「大丈夫よ。見た目はアレだけど、人間の体温と変わらないくらいよ。」

確かに近くを通られても、熱いわけでもないし、そこら辺はやはり

ファンタジー世界か。

次の町に向かう前に、興味本位でこの町を少し見て回ることにした。


最初は飯が食えるところへ行ったのだが、その店の看板に、

"魔法いかがですか?"と書いてあった。

「何だこれは?」

「そのままの意味だよ。さっきの精霊達が属性魔法をかけてもらって

お腹一杯にするんだ。」

俺が尋ねてる横で、実際に魔法を食らっている場面を見たが、攻撃魔法を

食らって、金を払う光景は違和感があった。


「人間でも食べられるものはないのか?」

「頼めば出てくるよ。」

イオネ王国側では食ってこなかったから、ここで軽食をお任せで頼む。

出てきたのは魚を香草とパンで挟んだサンドイッチだ。


「いただきます。……甘いですね。」

「花の蜜を大量にかけてるのよ。ん~美味し!」

口の中がベトつくくらいの甘さで、味自体は悪くないが苦手だったんだが、

詐欺師は美味いと言ってどんどんと胃に収めていく。

そういや、コイツ甘党だったか。


「フェアリーは甘い物、特に花の蜜が大好きなのよ~。リュリュちゃんを見て、

沢山入れてくれたのかしらね~。」

そう言ったスターナを見ると、減りが遅い。サーシャと脳筋を見ても

同様だったので、やはり苦手らしい。

フィルだけ蜜なしを頼んでいたのは、このためか。見習ってお任せに

しなければよかった。


次は雑貨屋を見て回ると、サーシャが目を輝かせた。理由は、

「エルフの薬か。」

「効果は万能薬に近い……でも、材料が……」

ブツブツと呟きながら、どんな物かを確かめている。


「やっぱり薬の事となると、楽しそうねサーシャは。」

「もうちょっと女の子らしい物に、興味を持ってもいいと思うんですけどね。」

武器を見ると喜ぶヤツが、何か言ってる。


サーシャは、安いヤツを何本か買って、バッグに入れていた。

「もういいのか?」

「大丈夫である。後で中身を確認して、似たようなのを作れるか

試してみるである。」


その後も、いろいろと歩いたが、特に目新しい物もなくなったので、

そろそろ次の町へ向かう事にした。

「じゃあ、行くか。道案内は任せたぞ。」

「うん。って言っても、街道沿いに歩いていくだけなんだけどね。」

そして、ダウロから離れて歩き出した。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます