第176話 ダウロ(イオネ王国側)

それから、さらに三日後の夕方、ダウロが見えてきた。

「到着である。」

「夜も遅いし、今日はここで泊まりですね。」


そうして、やっと硬い地面以外で眠れると意気揚々と町に入ったのだが、

「なんで、また歓楽街なのよ……」

町にはサキュバスやインキュバスが溢れていた。まるで、クアーズ王国の時と

同じだ。


「あら~、知らなかった?国境沿いの町はずっと歓楽街化されてるのよ。」

「何でですか?」

「いろんな国の人達が集まってるから、お金は落ちやすいし、骨抜きにされて、

もし何かあっても争いになりにくいのよ~。」

つまり、やる事やらせて、戦闘意欲なんぞを生まれさせないようにさせてるのか。

中々に合理的で腹黒だな。


「だが、他の国の偉そうなヤツらが来る場合はどうする?」

「偉そうなヤツってアンタね……」

「その場合は、ティリア宗教都市側から入ってきてもらってるわ。」

そうか、イオネ王国に来れるところは、もう一ヶ所あったんだったな。

まぁ今回はスターナがいるし、前ほど疲れる事もないだろ。




「甘かった……」

やっと宿に着いて椅子に腰かける。

町を歩いていたら、

「あれ、スターナ様?珍しいですね、どうですか今夜?」

「スターナ様じゃない。一緒に楽しんでく?」

「ふふふ……私って、どっちでもいけるんだけどスターナ様、試してみませんか?」

と、前以上に声を掛けられて、追っ払うのが面倒くさかった……


しかも、仮にも女王のスターナをナンパしてくるのは、神経が図太いのか

なんなのか。割合は男が三、女は七だった。

「何で女の方が多いんだよ……」


他にも脳筋、詐欺師はもちろん、サーシャやフィルもナンパされた。

正確にはされる寸前だったが、追っ払った。

俺は特に何もなかったが、運が良かったんだろう。

近づいてきたヤツが、脳筋を見て「ひっ!」っという声を漏らした後に、

走って逃げたのは気のせいだな、そうしとこう。


「今度来る時は、一気に町を抜けるようにしましょ……」

「賛成です。」

「あらあら、こういうのも活気があっていいじゃない。」

今は何となく一つの部屋に集まって話をしている。


「やっと明日はガングルフ王国だね。」

「今日の内に、向こうに行くのは駄目であるか?」

「国境を越える事ができるのは、基本的に夕方までなんですよ。」

そうだったのか?


「何でだ?」

「単純に夜は治安が悪くなるからよ。不審者でも通しちゃったら大問題だしね。」

言われりゃそうだ。


その後は、全員でゆったりした時間を過ごしていたが、腹が減って来たので、

部屋に持ってきてもらう事にした。

どうやら、この町ではルームサービスのようなものがあるらしい。

そして、作られてきた料理は……


「これ、蛇ね……」

「こっちはにんにくとニラの炒め物だよ、凄い臭いがする。」

他にもゲテモノに近いようなものや、味が濃い料理、つまり精力が付く物

ばかりだった。

あぁそうだ、前も変な物が出てきたんだった。


横目で料理を持ってきたサキュバスに目をやると、

「お兄さん、六人でなんてやりますね~。ウチの特製料理を食べて

頑張ってね♪」

そう言って、出て行った。

仕方なしに料理を食べたが、風呂に入っても中々臭いが取れなかった。

どんだけだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます