第156話 子孫と対面

玄関に行くと、四人が俺を待っていた。

「ヅグア、そっちはどうだった?」

「廃屋になった以外、特に問題はなかった。」

当たり障りのない言葉を並べて、とりあえず何もなかったフリをする。

なんせ、過去に戻ったなんぞと言っても、頭がおかしくなったとでも

思われるのが、オチだ。


とりあえず屋敷を出ようと決めたところで、玄関の扉が開いた。

「あの……どちら様ですか?」

二十代くらいの女性が一人と鎧を着けた男が二人、それに商人風の格好をした男が、十人程こちらを見ている。



「はぁ……あそこは、ずっと使われていないんですか?」

「えぇ、ここ九十年ほどは。」

今は街道に出る道を歩きながら、話をしている最中だが、どうやら

ケヴィンの玄孫らしい。というかどう見ても……大きくなったサラだ。

面影が残ってるし、

教えてもらった名前も一致した。

当然だが、向こうは俺を覚えていないらしい。なんせ産まれる前に

会っただの、オカルト以外の何物でもない。


「でも、どうしてあの廃屋に?それに、そちらの方はスターナ様に

似ているような……」

「その通りよ~。」

「え゛っ!?」

いや、まぁ一国の主がホイホイ歩いていたら、驚くだろうな。


「ちょっと事情があって、旅をしていてね~。」

「そ、そうなんですか。」

「それで旅の途中で、あのお屋敷にいたバル――むぐ!?」

俺は脳筋の口を手で塞ぐ。

「すまんが、勝手に泊まらせてもらった。問題あったか?」

「いえ、先ほども言った通り、使われていない屋敷で鍵もかけていませんでしたので。」


脳筋がむぐむぐ口を動かすので、手を離して小声で喋る。

「いいか、昨日の事は言うな。」

「どうしてですか?」

「人の屋敷に勝手に入って、曽々爺さんに会った。なんて言ったらどう

思われる?」

「それは、変な人だなって……なるほど。」

脳筋も察したらしい。というか、他の三人はあまり口にしていない

事から、すでに分かってるみたいなんだがな。


「そういえば、あそこは魔法がかけられて、風化しないようになって

たんじゃないのか?

凄くボロボロになっていたが。」

「さすがに整備もしないまま、魔法もかけ直さないと、ああなって

しまいます。」

ケヴィンが家業を継いだ時点で、家を空けることが事が多かった

らしいが、バルトの死をきっかけに、ヴァファールへ引越したらしい。

今はサラの父親が継いで、現在の当主を務めているそうだ。


「サラさんは何でここに?」

「少々、確認したい事がありまして。」

その時、ちょうど街道に出た。街道にはやたらデカい馬車と護衛が

待っていた。


「近くの町まで行かれるのですよね?でしたら是非、馬車に乗っていってください。」

「いいの?自分で言うのもアレだけど、私達が何か企んでるかもしれないわよ?」

「我が家の家訓で旅の方には親切にしろというのがありまして。それに

悪い方々には見えませんし。」

それで信用するのもどうかと思うが、せっかくの厚意には甘えておくか。


俺達は馬車に乗り、近くの町まで送ってもらう。

さっきの屋敷を商人風の連中が調べていたが、今それを気にしても仕方がないしな。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます