第149話 町でゆったり

夜になって、

「んふ~♪」

風呂上がりのサーシャをトリミングしていた。そして、詐欺師、脳筋、

スターナも同じ部屋に集まっている。なんでだ?


「自分の部屋に戻れ。」

「いや、そのぉ……ゆ、勇者殿!!」

脳筋が叫んだ、ビックリさせるな。


「あの、そのですね、わ、私にも……」

うつむきながらボソボソと呟く脳筋。

「何がだ?」

「前に私の髪にも櫛を通してくれましたよね?だから、これからは、

えっと、サーシャちゃんが終わったら私にも……ダメですか?」

泣きそうな顔で言うなよ。


「……わかった、時間があればな。」

「本当ですか!?やった!」

「あらあら~、じゃあワタシもしてもらえるかしら?」

なぜかスターナも参加してきた。


「え?なんでスターナさんも?」

「だって、せっかくやってもらえるなら、ワタシもしてほしいもの~。

いいでしょ、勇者ちゃん?」

「まぁ構わんが。」

脳筋がむくれてる気がするが、気のせいだな。


「そういえばさ、今さらだけど何で私とアリアだけ、アダ名なの?」

「本当に今さらだな。」

確か、あの時はステータスの称号を見たんだっけか?

「あ、じゃあワタシも付けて~。」

「いきなり何だ。」

「だって、そっちの方が仲間って感じするじゃない?」

「いや、別に。」

スターナが唇を尖らせて不機嫌アピールをする。


「ぶーぶー、冷たいわ~。サーシャちゃんも付けて欲しいわよね?」

「我が輩どっちでもいいである。」

ふて腐れてしょうがないので、スターナの称号を確認する。

そういえば、久々に仲間のステータス画面をちゃんと確認した気がする。

今までは見ても、状態異常にかかってるかくらいだったしな。


【低反発ボディー】☆

物理、魔法攻撃を食らった際、ダメージの5%分だけHPが回復します。


……何だこの、微妙に古い感じのセクハラ。

「どうしたの勇者ちゃん?」

「いや、やっぱりスターナでいいな。」

「酷い!?」


しかし、この効果はあまり意味がないかもな。

HPが回復するとはいえ最大値が低いから、一撃で大ダメージを食らった場合、どうしようもない。

魔法だけならともかく、物理は耐えられないだろう。

そういえば、称号って一つなのか?

画面には称号という文字、称号、ページ数しか記載されてないので、

無いかと考え、何の気なしに、設定されている称号を触ってみると、

エクセルのプルダウンだったか?のように、いくつかの文字が出てきた。


スターナの他の称号を見てみると、


【天然女王】【紙装甲】【魔法特化】【無駄にエロい】【肉爆弾】


……あまりロクなのがなかった。

なんか意味が重なってるのもあるが、もうそこは深く突っ込みたくない。

ちなみに効果はさらに微妙だったので、結局そのままにする事にして、

次にサーシャの称号を確認した。


【高級羊毛】☆

属性攻撃を軽減します。体調により軽減率に5%~15%の差があります。


【甘えたがり】【おじいちゃんっ子】【モコ♪フワ】

【THE・マスコット】


羊だったのか……いや、ひづめがあるから不思議ではないか。だから

どうしたという事もないんだが。

最後に気になったので、自分の他の称号を確認してみた。


【現地妻クリエイター】【むっつり・ウブ】【調教好き】

【据え膳食わず】


やっぱりこの世界はちょくちょく俺をコケにしてくる仕様らしい。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます