第139話 リザードマンはどうする?

その後、どれだけ話しても態度を変えないサラマンダーの長に痺れを

切らしたので、 また来ると伝え、先にリザードマンの長に話を付けに

行く事にした。

「こっちでの話もまとまってないから、本当は手分けした方が

効率いいんだけどね~。」

「王がいないと話を聞いてくれるかどうかすら分からんからな。」


ちなみに捕まえたサラマンダーに関しては、

「敵に捕らえられて、おめおめと生きてるとは恥さらしですな。牢に閉じ込めて

おきましょう。」

と身柄を引き取られた。

そういう意味で連れてきた訳ではないんだが。


ずい分と時間が掛かったので、飯を食ってから向かったのは、アルラウネの村から

歩いて三日ほどの場所にある湿地帯の中心部、そこにある三角州だ。

スターナの魔法で、道に迷いながらも五時間くらいで到着できた。

辺りはすっかり夜になってしまったが。

「凄いである。」

「でっかいわね~。」

三角州のど真ん中には巨木が立っており、根元のウロに居住地を作っているらしい。

しばらくすると、サラマンダーの洞窟に行ったときと同じように中から兵士が

出てきた。


「貴様ら、何者だ!」

「ワタシはスターナ。一応、女王をやってるわ。長を出してくれるかしら?」

やり取りまで同じだった。

「スターナ様……何故、我々の地に足をお運びに?」

こっちは長がさっさと出てきてくれたがな。


「サラマンダーとの戦争を止めろですか……」

「そうよ。無駄な殺生は嫌いなのよ~。どうにかならないかしら?」

「そうは申されましても、ヤツらとの確執は根深いものでして。

そう簡単に停戦する事はできません。何より、若い連中が納得しないでしょうな。」

サラマンダーよりは理解力があったが、それでもこちらの言う事には

従えないとの返答だった。


「あなたはこのままでいいと思ってるの?」

「サラマンダー側が降伏しない限り、こちらから手を引くのはありませんな。」

「他の種族に迷惑がかかっても?」

「決着が付けば謝罪でもなんでも致します。ですが、今は耐えてもらう

他ないです。」

種族間の争いがここまで面倒だとは……


どちらとも話し合いは進まず、俺達はリザードマンの住処を後にして、食事休憩を

取りつつ、どうするかを考えていた。

「ふぅ、ダメね~。」

「どちらも頑固で嫌になるわ。」

「でも、このままだとアルラウネさん達が酷い状況に置かれたままです。」

「どちらかが折れてくれればいいであるが。」

「長年の恨みつらみが積もってるところに、ポッと出のよくわからん人間達や王が

来たところで説得される理由がないから無理だろうな。」

「う~……」


どうしても解決の糸口が見つからず悩んでいたが、結局はラチが明かないので

二手に分かれる事にした。

「私達は村に行ってきます。」

「手間かけさせちゃってごめんね~。」

「ここから近いから問題ないである。」


スターナと俺は洞窟へ行き、サラマンダーとの話し合いを続行。

脳筋、詐欺師、サーシャはアルラウネに進捗を説明し、最悪の場合は移住してくれと

説得するためだ。

この国の連中は飽きたら村や町を移動させるくらいだし、難しくはないだろ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます