第135話 パーティー増員

「どうも何も、言葉通りの意味よ~」

「意味が分かりませぬ!どうして王が同行する必要があるので

ございましょうか!?」

「だって暗殺ギルドに依頼出したのって勇者ちゃんを倒そうとして、

魔王復活を企んでる人なんでしょ?仕返ししなきゃいけないじゃない。」

王が直々に仕返しとか、この国は……いや、もう言わないでおこう。


「だったら妾でもいいではありませんか!妾も旦那様と蜜月を!!」

それが本音か。あと旦那様は止めてくれ。

「でもマノムちゃんは石化が効かない相手に不利だしね~。魔王と

戦うのに足手まといになってしまったら、どうするの?」

「くううぅぅぅぅ!」

確かに状態異常が効かなかったり、話をする必要があるのに石化して

即死したらと考えると、汎用性は低いな。


「だ・か・ら、この国は六魔に任せるわね~」

「嘘っ!!本当に!?これでアタシの時代が来ちゃうのね、ヤッタ!!」

レフィカが喜んでるが、

「ワタシは六魔に任せるって言ったのよ?レフィカちゃんだけじゃない

からね~。」

釘を刺すスターナ。


それでも納得いかないらしく、マノムが俺に抗議してくる。

「旦那様!妾と愛の逃避行を!!」

「……旦那様は止めろ。話も意味が分からなくなってる。」

「お傍に居たいのです!」

「……マノム、他のヤツらにこの国を任せると不安でしょうがない。

お前に頼んだら上手くやれそうな気がするんだが、フォローして

くれないか?」

「死ぬ気で国を守って見せましょうぞ!」

説得はすぐに完了した。


「う~わ、女ったらし……」

「女心を弄んでますね。」

後ろで脳筋と詐欺師がヒソヒソと話してるのが聞こえた。



「ふぃふぁふぃ!ふぉっふぇ、ふぉっふぇふふぁふぁふぃ!!」

「誰か、助けて!!開けちゃいけない記憶の扉が開きそうな気がする、

何コレ!?」

詐欺師を棒にぐるぐる巻きにした後、脳筋の口に突っ込んだ。横に。

拳大くらいの棒が口にハマっているので、脳筋にはダメージが

与えられるし、 詐欺師はトラウマを掘り出すのと克服するのを同時に

行ってるので一挙両得だ。

「あらあら、勇者ちゃんはSなのね~。」

スターナは無視だ。


「最終確認だが、本当にいいのか?俺達も戦力が増えるのは嬉しい

が……」

「大丈夫よ~、きっと、多分、おそらく?」

……不安だらけなんだが。


「アタシの国♪アタシの国♪」

レフィカは小躍りを続けている。

「まぁ悪くならないようにはしとくわぁん。」

「無用な手間が減るだけだ。」

「ウチのメイドは優秀。」

レブズが気持ち悪いウインクしながら答え、ラテニヴァは肩の荷が

下りたような顔をしている。フレーグベルは最初からメイド任せにする

気らしい。


「旦那様、寂しくなったり、妾がピンチになったら駆けつけてください

ませ。」

「無茶を言うな。」

実際、危ない場面もあったから警備体制の見直しから始めた方が

いいだろうな。


とりあえず、一日二日は国の運用や引継を行うことになったが、

尻拭いをする回数が多かったため、やる事はわかっていたらしいし、

警備に関しては練度が高くて数も多いスターナの城の兵が他の城に

回ることになったため、思ったよりも話し合いはスムーズに進んだ。


「そういえばアッセムドゥ様はどうしたんですかね?」

「アイツは俺が……いや、なんでもない。」

「……アンタ、何の恨みがあるのよ?」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます