第133話 一息ついて

六魔は事後処理のために、今日のところは自分の城に帰り、俺たちは

スターナの城の一室でゆっくりしていた。

「ふぅ、やる事も終わったし、お風呂にでも入っちゃいましょうか?

みんな汚れちゃったわよね~。」

「いいんですか?」

「もっちろんよ~。」

「やった~!汗でベトベトだったから洗い流したかったのよね~。」

スターナ達は風呂に入ってくるらしい。その間、俺はどうしようか?


「勇者ちゃんも一緒に入る~?」

「「「は?」」」

変な言葉が聞こえた。


「お前は何を言ってるんだ?」

「一緒の方が楽しいじゃない。」

「ス、スターナ様!?いくらなんでも、それはちょっと……」

「そんなの襲われるに決まってるじゃないですか!!」

「襲わん。」

脳筋と詐欺師が騒ぎ出す。


「あら~、そんなに魅力ないかしら~。」

「そういう問題じゃない。」

「我が輩は別にいいであるけど。」

サーシャ、頼むから今は口を挟まないでくれ。


「ダメです!」

「私も反対よ!」

「ん~、それじゃあサーシャちゃんとワタシと勇者ちゃんで「入らねぇ

よ!」」

久々に叫んだ気がする。




「スターナ様ったら、いくら何でも男と女で一緒には入っちゃダメ

ですよ。」

「そっちの方が仲良くなれるかな~って。」

「天然ね、この人は……」

現在、女四人で風呂に入っている最中。


「それにしても……」

「どうしたの?」

城から出る事が少ないせいか、スターナの肌は白くきめ細かい。髪は

柔らかく見ただけでサラサラなのが分かる。顔にしても造形が整っているのはもちろんの事、 ほんの少しのあどけなさがあるため、近寄りがたい

印象はなく、むしろ守ってあげたくなるオーラを醸し出している。

体が大きい女性を苦手な男性は多いが、一種の芸術品のようでもある

スターナ相手ならば、そのようなセリフは吐かないだろう。

それに何といっても、一番の武器がある。それは、


「大きい……」

「大きいわね……」

「大きいである……」

非常に豊かな胸。

人の顔がスッポリ埋まっても面積に余裕があり、触れた物体に吸い付く

ような柔軟性を思わせる。大きくなったせいで通常より柔らかくなって

いるのだろうか?

曲線を描き終わる頃に、とても綺麗な薄紅色をしつつ、軽めの弾力が

加わった突起が、ともすれば下品になりそうな全体の形状をバランス良く

整えている。


アリアは自分の胸を見る。

今まで会った人の中でも大きい方だと思っていた。子供の頃から外で

遊んでいたので、肌も白くはない。少し濃い肌色という感じで、健康的で

快活な印象を受け、胸も弾力良く膨らんでいる。が、格の違いを認識

させられる。


「どうしたの三人とも?」

「いえ、ちょっと……」

「まぁ私は気にしないからいいけどね~。」

リュリュが桶に汲まれた水に浮かび、ユラユラと漂う。

体自体は小さいが、シルエットはスマート。なだらかな曲線を描き、

小さ過ぎない程度に形状を保っている。アリアよりの体色をしていて、

同じく健康的なイメージだが、突起はアリアよりも薄めだ。


「どうしてそんなに大きくなったであるか?」

「え?あぁ胸の事かしら~。どうしてかしらね~、気付いたらかしら。」

視線から察したスターナが答える。


「サーシャちゃんもこうなりたいの?」

「わかんないである。」

「今は小さいけど、成長するときっと大きくなるわよ。」

サーシャの体はメリハリがなく、全体的に色素が薄い状態のため、誰とも

比べられる状態ではないが、少し膨らみつつある胸が、すぐに存在を主張

するのを予想させてくれる。


「女性としては完璧ですね。羨ましいです。」

「そんな事ないわよ~。みんな違う魅力があっていいじゃない。」

「そんなもんであるか?」

サーシャの言葉に頷くスターナ。


「えぇ。アリアちゃんは胸だけではなく、ふっくらとしたお尻や鍛え

あげられた体が美しいわね。」

「あ、ありがとうございます。」

アリアとリュリュは何か引っかかったが、声に出さない。


「リュリュちゃんは細いけれど、太ももに付いている肉が柔らかそうで、

ついつい触りたくなっちゃうわ。」

「……ありがとうございます。」

何故か嫌な予感がする二人。


「サーシャちゃんはまだ成長過程だけど、それはそれで……

毛並み・・・が揃うのも楽しみね。うふふ。」

「毛並みである?」


最後のセリフを聞き、硬直するアリアとリュリュにスターナの手が

伸びてきて、頬を撫でつつ、妖艶な顔で舌なめずりをした。

「本当に美味しそう……。」

「「ヒッ!?」」


スターナの城に悲鳴が響き渡った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます