第127話 スターナは強いのか?

「そういえば、スターナ様はどうやって王になられたのですか?」

「ワタシはね~、まず先代の王がワタシの父だったの。それで昔から

見てたんだけど暴君って言葉が似合うような人でね。自国の人達が凄く

苦しんでたわ~。

何度も止めたんだけど、聞いてくれなくてね。遂によその国に

戦争するための準備をし出したから滅しちゃったの~。」

「……今、物騒な単語が聞こえたような?」

「この天然入ってそうな人がそんな事、言う訳ないじゃない。

きっと”めっ!”しちゃったの間違いよ、そうに決まってるわ。」

俺も気のせいだと思うことにしよう。


「それで、次の王を決める時に六魔のみんなとワタシで戦ったのよ~。

一番強かったのがワタシだったから、そのまま王になったって感じね。」

見た目と雰囲気から強いとは思えないな。

だが、レフィカも魔法を使わせたら厄介とか言ってたし、見かけに

よらないんだろう。


「じゃあ、もう一回戦って勝てば文句ないですよね?」

「そうね~。」

「じゃあ十対一で!」

レフィカが無茶を言い出した。


「十人?俺達も入ってるのか?」

「もちろんよ。」

「却下だ。俺達は説得する気で来てる。」

「え~!」

喚くな、うっとうしい。


あの後も色々と言い続けていたが、結局は六対一で戦う事になったので

全員で城の中庭に移動した。

六魔の連中もだが、スターナも見かけに寄らず好戦的らしいな。

思ったよりもやる気になってる。

「面倒くさい……」

「ジュクア殿さえいれば、妾は別に……」

二人を除けばだが、こっちを見るな。


先にスターナのステータスを確認しておくか。


スターナ Lv40

HP:110  MP:3325  ATK:6  DEF:2

INT:203  MGR:197  DEX:25  LUC:132

スキル

【空間魔法・罠】【魔法ダメージ半減】【MP自動回復】

【状態異常抵抗】


魔法に特化しているにしても、それ関係の数値はこの世界で

トップクラスか。

数値だけならドラゴンよりも強いっていうのは凄いな。

それに引き換え、物理に関する値の低さが尋常じゃないな。

キノコより下ってどういう事だよ?偏るにもほどがある。

【空間魔法・罠】っていうのは何だ?



「じゃあ行くわ!」

レフィカが指を鳴らすと同時に、スターナの体を炎が包む。


「どう?」

「うふふ、まだまだよ~。」

全然ダメージを食らってない。

魔法はやはり効かんにしても防御すらしてないのは余裕の表れか。


その隙にラテニヴァとレブズが走って近寄り両側からぶん殴る。

「が!」

「ぎゃん!……ちょっと、痛いじゃない!」

スターナの姿が消え、二人でカウンター気味に殴りあう事になった。

ちなみにレブズも脳筋ステータスだ。


「――ジャッ!」

アッセムドゥが少し離れたところに出現したスターナに酸を

吐き出したが、風で軌道を逸らされている。

それよりアイツ……いつの間にか治ってやがる。さっきまでの状態は

嘘か。

後でもう一回半殺しにしておこう。


フレーグベルとマノムはもう動く気がなさそうだ。

「スターナ様が勝つに10金貨。」

「妾もじゃ。意味がないのう。」

賭けしてんなよ。


「も~、本気でやらないならこっちが本気を出すわよ?」

スターナの宣言で空気が重くなると同時に、

「な、何ですかこれ!?」

「これも攻撃なの?」

中庭の至るところに魔方陣が現れた。

魔方陣の大きさも色もそれぞれ異なり、空中にも出現している。


「あ、勇者ちゃん達は触っちゃダメよ~。」

忠告を受けた。これが【空間魔法・罠】か?


「それじゃいってみましょ~。」

相変わらず軽い感じだったが、あらゆる魔方陣から火・水・風・土の

魔法が出る、剣や槍などの武器も出る、地面が落とし穴になる、

状態異常になる、転移させられる、他にもいろんな効果がある魔方陣が

出たり、消えたりして六魔を翻弄していた。

もう一方的な展開だ。


「えげつないである。」

俺も同じ考えだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます