第115話 これからどうする?

レブズの統治する町は、

「こんだけ店があってもね~……」

「必要ないだろ。」

「多過ぎるである。」

「まさか八割が飲食店とは……」

脳筋が言った通り、ほとんどが飯を食うための場所。

アイツ馬鹿なのか?いや間違えた。アイツ馬鹿だな。

だが、思ってるよりは賑やかで、町の財政を潤す効果はあるらしい。


「で、これからどうしましょう?」

「美味い料理といわれてもな。どうやって作ればいいのか……」

四人で悩んでいた時、声がかけられた。


「おや?美味しい料理をご希望ですか?」

話しかけてきたのは……久しぶりに見た、コボルトだ。

「そんなところね。」

「でしたら是非ウチの店で食べていきませんか?味はバツグンですよ!?」

「あ~……食べるのは私達じゃなくてね?」

「レブズという人に出す食事である。」


聞いて小首を傾げる。……癒されるな。

「レブズ様ですか?美味しい料理を提供したいという事でよろしいのでしょうか?」

「そうである。」

「難しい注文ですね。レブズ様自身が美食家なため舌も肥えていらっしゃいますし、

そこら辺は食べつくしているかと……」

「そうですよね。」

「もしかしたら珍味・・を出されると喜んでいただけるかもしれませんよ?」

珍味?


「例えば?」

「この近くの森のどこかに生えているという幻のキノコ、ムイアとかですかね。」

「それを出せば喜んで食うのか?」

「もしかしたらですがね。美食家というからにはいろいろな食材や料理を口に

したいものかと思いまして。」

日本食に似せて作った料理は、少し美味しいと言われる程度だったがな。


「そのムイアはどこに生えてるんだ?」

「申し訳ありませんが、分からないんですよ。」

「どうして?」

「逃げますので。」

……逃げる?


「キノコが?」

「はい。」

「どうやってですか?」

「走ってです。」

「つまり足があるである?」

「ありますよ。」

足が付いて走って逃げるキノコ、ムイア……気持ち悪いな。


「特徴を教えてもらえるか?」

「色は白くて足が生えてて、大きさとしては拳大くらいですね。

見つかると鳴き声を上げながら走って逃げます。

幻というだけあって、数年に一回くらいしか取れないんですがね。」

それ魔物じゃないのか?


他に方法もないため行くだけ行ってみるかとまとまり、コボルトに今度来た時は

食事を頼むと伝えて森に向かった。



「薄暗いですね。」

「じめ~っとしてるのも嫌な感じよね~……でもキノコにはいいのかしら?」

確かに菌類が繁殖するにはちょうどいいかもな。

サーシャは道すがら薬の材料になりそうな草をちぎったりして、バッグに

詰めていた。


【見識】で辺りを確認するが、動くものはない。

いや、まぁキノコだしな。反応しないかもしれない。


とりあえず見つけられたら運がいいくらいで歩いていると、

「あ。」

サーシャが声を上げた。


「どうした?」

「これ。」

手に持ったものを差し出してきたので見てみると……

キューキューと鳴き声を上げる足の生えたムイアだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます