第114話 美食家レブズ

「ダメね。全然ダメ。もっと美味しい料理を作ってくれないと協力しないわよ?」


オカマにダメ出しを食らった。イラッとくる。

大体、何で俺達がお前のために食事の用意をしなければいけないんだよ。



あれは数時間前……


「ここが次の六魔の「はぁ~い。あんらぁ、か・わ・い・い子達!」」

ケツアゴの大男が妙なうねりの付いた言葉で話しかけてきた。


「だ、だ、だ、誰よアンタ!?」

「アタクシ?六魔の一人でレブズって言うのよ。覚えておいてね、

おチビちゃん。」

「思ったよりも凄い方が……」

「やはり六魔とかいうのは、相当おかしなヤツらでもないとなれない

みたいだな。」

その言葉を聞いたオカマは身体をくねくねし始めた。気持ち悪い。


「もう!勇者ちゃんってば~ひどぉい!」

「ちゃんは止めろ。」

「別にいいじゃない。減るもんじゃなし。」

「俺の精神がすり減る。」

「ぷふっ、上手い事言うわね。」

腰を振るな。


「それよりだな、協力して欲しい事がある。」

「スターナ様の説得……でしょ?」

「なんで知ってる?」

「レフィカっちのお城にお茶しに行ったら聞いちゃったのよ。」

「レフィカっち……まぁいい、知ってるなら話が早い。協力してくれ。」

オカマは考えるそぶりを見せて、

「条件があるわ。」

とか言い出した。


俺の近くに歩きながら近寄ってくる。

「アタクシね、相当な美食家なの。でもね?いくらシェフの腕が良くても、

食材が最高級でも、似たような物ばかりが出てくる最近の食事に飽きちゃって……

そ・こ・で!アタクシを満足させる料理を出したら協力しちゃいま~す!」

「却下だ。」

「即答!?いくら何でも諦め早すぎない?」


少し屈み、瞳をウルウルさせながらの上目遣いで俺を見てくるオカマ。

新手の魔物じゃないだろうか?コイツ。

「料理を専門で作ってるヤツのがダメなら、素人の俺達の料理なんぞ食っても

美味く感じないだろ。」

「じゃあ手伝ってあ~げない。」

ケツアゴの切れ目をもっと深くしてやろうか?


「料理ぐらいなら作ったらどうである?」

「まあそのぐらいならねぇ。」

「みんなで力を合わせましょう!」

三人が乗り気だったので、試食会みたいなものが開かれる事になった。

キッチンに案内してもらい、監視付き――毒を入れたりしないか見るため

だろうが、で一人一品ずつ作って食わせる。


一番手は脳筋の料理、

「……何かしらコレ?」

「ステーキです!」

保存してあった厚めの肉を焼いて塩コショウするだけ。

「こんなの焼くだけじゃない。アタクシが最近の料理に飽きたってセリフ

覚えてる?っていうか美的センスとかないのかしら。本当に女の子?

立派に成長してるのは胸だけ?」

「うぐっ!」

メッタ刺しだ。だがセンス云々に関しては俺も思ったので同情はしない。


二番手は詐欺師、

「これは?」

「肉を薄切りにしたものにハチミツを混ぜてから香草を巻いて、バターを引いた

フライパンでじっくり焼いてみたものよ。」

オカマが食べる。

「どう?」

「可もなく不可もなくね。普通よ普通。」

見てる分には美味そうだったがな。


三番手はサーシャ、

「ハンバーグである。」

「……何で揃いも揃って肉料理なのよ?」

本当にな。

「とりあえず食べてみましょ。……ん?か、辛!舌痛っうぉ!辛!!

なんじゃこりゃあ!?」

「サーシャ、何入れたんだ?」

「今日リュリュが被って痛がってた粉である。少量ならちょっと辛い程度で

済むから、今までの料理に飽きたなら、普通は食べないようなものをと思って。」

ちょっと辛い程度で済んでないように見えるが?


「あ~……痛かった……」

「俺の料理はどうする?」

「え?あ、あぁ……変な物とか入ってないわよね?」

「入れてない。」

オカマが皿を覗き込む。


「これは?」

「魚の煮付けだ。」

なるべく似たような味がする調味料を使って和風の料理を作ってみた。

「ふ~ん。……甘辛いタレで煮たのね。初めて食べる味だけど、美味しい

じゃない。」

和食なら食べた事がないだろうと作ってみたが受けはいいみたいだ。


「でもこのくらいじゃ、ウチのシェフにすら勝てないわね。」

「そうか。まぁ別に料理に自信を持てるほどの腕じゃない。」


この後にオカマの口から出た言葉が、俺が最初にイラッと来たセリフだ。

全員の料理を食べ終わって、もっと美味しいものが欲しいと要求されたので、

一旦、コイツが統治する町に行く事になった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます