第88話 謎の妖精とベル

脳筋は自分の武器を探し始めた。

「ん~……これはちょっといいかも。でも強度が……あ!これ格好いい!」

いろいろ迷いながらも楽しそうに選んでいる。


「やっぱり自分の武器を見るのは楽しいのであるか?」

「普通の女の子ならオシャレとか甘いものに目が行きそうだけどね。」

脳筋はどこまで行っても脳筋だからな。


「妖精のお嬢ちゃん、今思い出した物があるんだが。」

急に店主が話しかけてきた。

「何?」

「コイツだよ。」

そう言ってカウンターの上に出されたのは、

「ベル?」


呼び鈴の役割を果たすベルだった。しかし、やたら小さい。

詐欺師が腰にぶら下げられるくらいの大きさだ。

「コレがどうしたっての?」

「それがなあ、わかんねぇんだ。」

「それじゃ私にも分からないわよ。」

「いやな……」

店主が話すにはこうだ。




二ヶ月ほど前、一人の妖精が訪れてきた。

「すみません。」

「らっしゃい。と、フェアリーとは珍しいな。」

「お気に障ったら申し訳ありません。」

「ああ、悪い。こっちも別にそんなつもりで言ったんじゃねぇんだ。

この国じゃピクシーの方が多いからな。」

「そうですか。」


そのフェアリーはカウンターに近付くと、

「コレを買い取っていただきたいのです。」

「これは、ベルか?悪いが雑貨屋じゃないんでね。他を当たってくれや。」

「これでいかがでしょう?」

買い取るって話だったのに、そのフェアリーは10金貨を出してきた。

「おいおい、こんなん受け取れんよ。」

「どうしても買い取っていただかなければいけないのです。お願いします。」

「……分かったよ、引き取ってやる。その金もしまっとけ。」

「ありがとうございます。」


そうして店主は鑑定して代金を払おうとしたが、

「では、失礼いたしました。」

と言い、すぐに店を飛び立とうとした。

「待ちな、俺があんたに代金を払ってねえだろ。」

「そうですね……なら、お店にフェアリーが来たら渡してあげてください。」

「ちょ、おい!」


今度は止める間もなく、後を追おうにも影一つ見当たらなかった。

「行っちまったよ。なんだってのかね、まったく。」




「て、事があってな。お嬢ちゃんには、このベルが何か分かるかい?」

「いや、う~ん……え~?」

どうやら詐欺師にも心当たりはないらしい。


「俺が見ても構わないか?」

「どうぞ見てくれ。だが、壊さんでくれよ?」

棍棒振り回してたからか、そんな忠告を受ける。

別になんでもかんでも力に物をいわせた訳では……ない事にしておこう。


俺は【鑑定】でベルを見た。


【神秘のベル】

神聖な力が込められた武器。

MPを消費することにより、狙った相手を攻撃する事ができる。

威力はMPの消費量に比例する。


「ほう。」

「なにか分かったであるか?」

「これは妖精用の武器らしい。MP……精神力を消費して攻撃できるらしい。」

「え?武器なの?」

詐欺師が手に取ってまじまじと見つめる。

「試してみたらどうだい?お嬢ちゃん。」

「じゃあ、いつもの恨み~食らえ~ってね。」


チリィン。

ドォン!!


詐欺師が俺にベルを振るった。

冗談だったのだろうが、ベル特有の綺麗な音が鳴った瞬間に俺は吹っ飛んだ。

武器屋の棚がメチャクチャになって、壁にもへこみができた。

だが、そんな事よりも……


俺のHPが11も減っただと!ドラゴンの攻撃ですら7しか減らなかったのに!?


その事実に驚愕していると、

「ヅギャ!大丈夫!?」

詐欺師が慌てて飛んでくる。サーシャと脳筋も心配らしく走り寄ってきた。

「ゴメンね!本当にゴメン!」

「リュリュ、いくらなんでもやり過ぎである!」

「勇者殿、お怪我は!?」

「ああ、問題ない。」


無事な姿を見て安心する三人。

「すまん。片付ける。」

「いや、煽ったのはこっちだしな。放ってくれて構わんよ。」

店主も自分のせいで悪い事になったと思ったらしい。


HPが11減ったくらいでは死なないから問題はない。問題はないが、

「覚悟はいいか?」

「デスヨネ~……」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます