第87話 武闘大会の準備

食休みも終わって店を出ようとしたところに、店主が包みを渡してきた。

「あの、コレどうぞ。」

「これは?」

「店のまかない料理です、先ほどのお礼も兼ねて夜ご飯にでもと思って。

あの、武闘大会に出るなら頑張ってくださいね!応援してますから!」

それだけ言って、店の奥に入っていく店主。


「ぬふふ、隅に置けないねぇ~。」

「……何の話だ?」

「分かってるくせに、もうあの人はチュカにホの字ですぜ。にっくいねぇ、

このこの~。無愛想なくせに女殺しだねぇ。」

詐欺師が肘で頭を突いてきた。



「ずびばぜんでじだ……だじで……ぶぇっくしょおい!」

前、ピクシーにやったように、袋に詰めて魔法で作った氷の上に放置した。

さらに数分後、

「あ~……そこの若いの……温かいお茶をくれんかね……?」

「リュリュがお婆ちゃんみたくなったである。」

袋から出したら老けた詐欺師がいた。


「……死ぬかと思ったわ。」

「そうか。」

「なんでアンタはやりきった顔してんのよ!どうせ私にはまだ試して

なかったから、やれて良かったとか思ってるんでしょ!?」

「お前のこういう時の勘は百発百中だな。」

「ウッキャー!」

猿か、お前は。


「二人とも、じゃれてないで武器屋に行きましょう?」

「じゃれてないわよ!!」

喋りつつ目的の店まで歩いていった。


「らっしゃい。」

「さて、どんな武器にしましょうか?」

「自分の武器はいいのか?」

「先に勇者殿のを選んじゃいましょう。じゃないとまた変な事しそうですから。」

コイツも言うようになったな。



「ひひゃひ~……」

「アリアがやられるの久々に見た気がするわ。」

「頬の肉ってあんなに伸びるであるな。」

さっきは詐欺師にお仕置きしたから、たまにはと思って脳筋にもついでに

お仕置きをした。やはり躾けは必要だな。


さて、どんな物がいいか……といっても大体決まってるがな。

「店主、棍棒のようなものはないか?」

「棍棒?あんなもん小柄な兄ちゃんには扱えないぜ?」

今、武器の心得を覚えている中で殺しにくいような攻撃ができるのが

【鈍器の心得】だけだからな。

この世界の剣なんて両刃だから峰打ちも無理だし。


「見るだけ見せてくれ。」

「構わんが、使えないからって文句言うんじゃねぇぞ。」

そう言って店の奥に引っ込んだ。


「棍棒ですか?」

「ああ。」

喋れてるって事は詐欺師に治してもらったか。

「そういうのは身体がデカイ種族が使うんだけどね。ちょうど、さっきの

ケンカしてたヤツらみたいな。」

確かにこのスキルを覚えたのもオークからだったか。


そうして店主が持ってきたのは、1mくらいはある木の棒だった。

棒と言っても太さは俺の胴体より太い。持つところこそ細くなっているが、

それでも両手を使ってもまだ余るくらいだ。

「それでも小さい方だ。分かったろ?兄ちゃんじゃ無理……」


まぁ握力が強ければ指が木に食い込むから、ちゃんと持てなくても平気だがな。

そうして片手で握り、軽く素振りをする。


ビュオ!ビュオ!!


風切り音が聞こえる。問題なく振れるし、これでいいか。

「コレくれ。」

「……毎度。」


俺の武器は決まったので次は脳筋の武器かと思ったら、三人がむくれてる。

「も~……」

「あんたねぇ……」

「チュカァはまったく……」

お前らが武器を買えって言ったんだろ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます