第79話 海賊船

「さて、どうするか。」

「このまま進んだらいいんじゃないですか?」

脳筋がよく状況をわかってない。


「お前なぁ……」

「何か悪い事言いました?」

ふくれっ面になる脳筋。

「海賊だって人間なんですから話をすれば、きっと分かってくれますよ!」

考えて物を言って欲しい。


「いいか?確かに俺たちがあの船に乗り込めれば勝ちだ。

説得もできるかもしれん。だがアレを見ろ。」

俺は船の側面を指差す。

「あの大砲で撃たれたらどうする?」

「あ。」

あ、じゃない。


「命中率は低いだろうが万が一という事もある。それとサーシャ、泳げるか?」

「泳げないである。」

海を初めて見た、という時点で察しは付いていたがな。


「下手したら脳筋とサーシャが溺れ死ぬぞ?」

「う~……どうしましょう。」

だから、それを考えるんだよ。


? セイレーンがひそひそ話をしてる。

「おい、どうした?」

「んっふっふ~、ねぇあんた達ってアレに見つかったらマズイの?」

「おい、まさか……」

「じゃあ連れてってあげる~!!」


急に船が進みだす!

「おい、このクソ魚!」

縄を引っ張ったが……感触が無い、どうやって抜けやがった!?

「無駄だよ~、その小船は私達が魔法で操ってるからね~。」


このままだと海賊に見つかる上にそのまま突っ込むぞ!

「どうするである!!」

「仕方ない!詐欺師は空高く飛んで、見つからないようにしておけ!」

俺はサーシャと脳筋を抱えて海に飛び込んだ。


「ぷはっ!」

「けほっけほっ!」

二人を抱えながら泳ぐのは、今の能力値でもキツイので浮いているだけだ。

尋常じゃないスピードで進んだ船は、海賊船にぶち当たって壊れた。


「うわ~……あのまま乗っていたらエライ目に遭ってましたね……」

「今も十分、エライ目に遭ってるである。」

海賊船が騒がしくなり、大量の明かりで海上が照らされる。

その内、俺達も見つかり小船が出された。



「で?兄ちゃんたちはどうしてこんな事をしてくれたんだ?」

海に浮かんでた俺達は小船に拾い上げられ、海賊船に連れてこられた。

外見こそ汚いものの、中は整理整頓されていた。

そして今、目の前で質問してきている大男は船長らしい。


「あ、あのですね?私達は怪しい者じゃなくてですね。」

「怪しいヤツが自分を怪しいとは言わんよな。」

だろうな。


「えっとですね……つまりその、漁を中止して欲しいというか……」

何で急に説明下手になってんだコイツは。

「落ち着いて一から話しちゃくれんかね?」

「あ、はい。」

海賊に諭された。


「つまり、セイレーン達がこの船にいる人間を狙ってると……そういう事か?」

「そうです。」

それだけの説明に十分ほどかかったんだが……


「で?」

「へ?いや、ですからこの付近での漁を止めて遠くに行った方がいいと

思うんですが。」

「海の男がたったそれだけで尻尾巻いたってなった日にゃあ、後ろ指さされて

生きる事になる。そんな人生歩むくらいなら死んだ方がマシだな。」

「い、命がかかってるんですよ!?」

「海に生きると決めた以上は覚悟の上だわな。」

船長はそう言うと、他の船員を呼んだ。


「忠告ありがとうよ。だが船をぶつけてくれた礼もしなきゃ面子が丸つぶれでな。

おとなしく捕まっといてくれや。」

そうして武器と防水対策をしていた道具を取り上げられた後、

三人とも頑丈な鉄の扉が付いた船室に入れられる事になった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます