第55話 カエル再び

飯を食った俺とエーレは宿へと戻った。

エーレは自分の部屋へ、俺は脳筋の様子を見るため二人の部屋を訪れた。

「おい、起き……」


詐欺師が脳筋に頭から胸辺りまで食べられている。

「……!…………!」

顔をペチペチ叩いてるが、効果は薄い。

どうやら、まだ寝ぼけている――ゴリュッ!


今、変な音鳴らなかったか?

詐欺師の手がダラリとぶら下がる。

あ、これヤバいやつだ。


すぐに脳筋の口を無理やり開いて詐欺師を取り出し、回復呪文を唱えた。

「ごはん~……」

ベッドではまだ脳筋がぼ~っとしていたので、


パァン!


そこそこ強めに頭を叩いてやった。

「~~~~っ!」

悶えている。

「何するんですか!」

久々のまともな状態で第一声がコレか。


「あれ、おじいちゃん。どうしたの、そんなところに立って?

好物のヴィヨルがあるって?今行く~。」

こっちは三途の河を渡ろうとしてやがる。ヴィヨルってなんだ?

釣られて行こうとしてんじゃねぇよ。


「はぅあ!ヴィヨルは!?」

気が付いて第一声がコレか。

お前らは二人してまったく。


「あれ?ここどこ?」

「ミルズ村の宿だ。」

「そう。……記憶がぼんやりしてるんだけど。」

「忘れた方がいい事もあるもんだ。」

詐欺師は何とか死の淵から生還した。


脳筋はまだ頭をさすっている。

「も~……急に叩くなんて酷過ぎです。」

寝ぼけてて詐欺師を食おうとしたのを認識してないみたいだ。

「叩きたくなっただけだ。」

「そんな理由で叩かないでください!」


「昨日の夜の事なんだが、覚えてるか?」

「え?昨日の夜?……鍛錬をしようと思って、近くの森の中に入ってから

それから……何がありましたっけ?」

覚えてないらしい。


「いや、覚えてないならいい。」

詐欺師が耳元で囁くように言う。

「いいの?あんだけ暴れてたのを伝えなくて。」

俺も小声で囁く。

「伝えてどうする。元に戻ったなら掘り返す必要もないだろ。」

「……そうかもね。」


脳筋が不思議そうな顔をしてこっちを見ている。

「何、内緒話してるんですか?」

「なんでもない。」

「え~、教えてくださいよ。」


ぐぅぅぅぅぅぅぅ!

デカイ音が部屋に響き、少しの間があった。


「随分と腹が減ってるんだな。」

脳筋の顔が尋常じゃないほど赤い。

「そういや、私もご飯食べてないわ。一緒に行こうか。」

「は、はい!すぐ行きましょう!次、鳴ったら恥ずかしくて死にます!」

そう言って部屋を出ていく二人。


詐欺師が前を飛び、脳筋が後ろを早歩きで付いて行ったが、

さっきの光景を見た後だと、食材を追っかけてるようにも見える。

俺も自分の部屋に戻って寝ようと思いドアを開けたが、

「おや、奇遇ですね。」

カエルが話しかけてきた。


「確か、落し物をしたヤツか。」

「えぇそうです。あの時はありがとうございました。」

合っていたらしい。

他にカエルの知り合いはいないからな。


「この村に着いたばかりでお会いするとは。というか、私の後ろから徒歩で

来られませんでしたか?」

「……いろいろあってな。」

この数日は本当にトラブルだらけだった。

「そうですか。では、後で話でもしながらご一緒に食事をしましょう。

今は商品を売りに行かないといけないので失礼します。」

「待った。」


コイツの商品はアレだよな。

「どうかされましたか?」

「すまんが、あのネックレスは売れなくなった。」

「どういう事ですか?」

事情を説明する。


「なんと、結婚相手が奴隷ですって!?」

「そうだ。」

「下手したら犯罪じゃないですか。それにウチの商品が使われてたと

知られたら……危ないところでした。」

せっかく拾ってやったんだから、ちゃんと売れて欲しかったがな。


「さすがに許せませんね。村長のところに抗議に行ってきます。」

そういや、話し合いとかはどうなったかな?

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます