第54話 願い事

「おはよ……ってずいぶん顔色悪いわね。」

脳筋と詐欺師の部屋に入るなり、詐欺師に言われた。


「気にするな、寝覚めが悪かっただけだ。それより脳筋は?」

「ぐっすり寝てるわ。で、昨日の事について説明してくれるんでしょ?」

そう言ってきた詐欺師に【泉の契約】の説明をした。


「あの泉って、そんな危険な場所だったの!?」

「みたいだな。お前はどうなんだ?」

「何がよ?」

「お前も願い事してたろ。体調がおかしくなったりしてないか?」

詐欺師があたふたしてる。


「え?そ、そうね。今のところ何もないし、だ、大丈夫よ!!」

「……本当か?」

「本当よ!」

ステータスを確認するが、特に問題はなかった。


「何かあれば、すぐに言えよ。」

「分かったわ。」

脳筋は目覚める様子がないので、別で部屋を取ったエーレを誘って飯に

行く事にした。



「全員で来てしまって良かったのでしょうか?」

「構わないだろ。それに騒がしいと、おちおち眠ってられないだろうしな。」

「んふ~、か~わ~い~い~。いつもそうならいいのに~。」

頭を肘で小突かれた。



「アギャアアァァァ!千切れる~!!」

手と足を持って引っ張たり、緩めたりを繰り返す。

「コレ、拷問じゃない!ムギョオォォ!」

「いや、身長を伸ばしてやろうと思ってな?」

「私は今のまんまでいいわよ!ウビャアアァァ!」

相変わらず変な叫び声だ。



「の、伸びるどころか分離するかと思った……」

「だ、大丈夫ですか?」

「チッ……」

「今、舌打ちしたわね!?」

見た目よりは頑丈だったみたいだ。


「そういや、お前は何であそこに来たんだ?」

「急に話題変えるんだから、まったく……何の話よ?」

「昨日の夜、俺と詐欺師のところに来たろ?」

「あぁ、その事?っていうか、二人を探しても見つからないし、

村から離れた場所の木が凄い勢いで倒れていくんだから、

なんかあったって思うでしょ、普通。」

脳筋が木を切り倒してたのが目印になったのか。


「私も聞きたいんだけど、結局アリアが元に戻った理由は?

アンタが剣で刺しただけでしょ?」

「脳筋の願いを聞いてたからな。」

”私は、誰かを守れるくらい強くなれますようにです。”


「だから、お前に脳筋の後ろに行くように言って剣を刺した。運がよければ

スキルが脳筋の身体があったから、詐欺師が死ななかった。

つまり、命がけで守ったって錯覚してくれると思ってな。」


「……スキルってのは知らないけど、一歩間違えたら私が串刺しだったわよね。」

「大丈夫だ、死んでないだろ?」

「……元に戻るって分かってたの?」

「いや、勘だ。」


詐欺師が耳元に近寄ってきた。

「この馬鹿ー!!!!」



「うるさかった……」

詐欺師は怒鳴った後、どこかへ行ってしまった。

「命の危険があった訳ですし、仕方ないかと思いますよ?」

「そんなもんか。」

しょうがないので二人で飯を食いに行く。


食堂に行くが、昨日の事もあって店員の目が鋭い。

気にする必要もないので飯を頼み、ついでに泉の事も聞く。


「アンタら、あそこに行ったのか!?」

「ああ。不味かったのか?」

「あの泉はなんと言うか……確かに願いを叶えるが勘違いするというか……」

勘違い?

聞くと、願いをかけると変な形で叶えられるという。


ある時、男が腹いっぱい飯を食いたいと願うと急死した。

原因は腹の中いっぱいに食材が詰まって、内臓やらすべて潰れていたそうだ。

またある時は、二人の男女がずっと一緒にいられるようにと願うと体が光り、

二人は融合してキメラみたいになったという。


「あんなところ、通常行くヤツはいないから放っておいたんだが……」

とんだ欠陥がありやがった。

今度、魔法で蒸発させておくか?



「アリア?お~い。」

「ん~……」

リュリュが頬を叩くが、アリアは起きない。


「いくらなんでも寝過ぎでしょ。にしても、どうしよう……

泉に願った事なんて恥ずかしくて話せないし、私も変になるのかな。

でも、今のところ何も起きてないって事は平気よね?

うん、きっとそうよ。」


リュリュは自分に言い聞かせて、ため息をついた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます