第48話 一段落

なんか空気が悪くなった気がするが、俺のせいではないよな?


「あの、グェズ殿。エーレさんの「うるさい!うるさい!

私が悪いというのか!」」

確実にそうだろ。

「えぇい!こうなれば…」


何かやるつもりか?

「金は好きなだけ払う!さっさと出て行け!」

…金かよ。


「そんなものいりません!この方はヴァファール王国の庇護を受けた、

正式な勇者殿です!お金なんてすぐ用意できます!」

問題はそこか?

「ぐぅ…」

「エーレさんを奴隷として扱うと約束するか、もしくは手放して頂けますね?

でなければ、正式に国へ訴える事になります。」


血が出そうなくらい拳を握りしめてチビが言う。

「わ、分かった…」

凄い納得してなさそうだな。



終わったか。

「やっとケリが着いたね~。」

「そうですね。一件落着です。」

お前ら、同情して見逃しそうになってたじゃねぇか。

「とりあえず、宿を探しましょう。」

「今日は疲れたわ~。」


明日か、明後日ぐらいに襲撃してきたヤツらが来るな。

その時は…


「い、いらっしゃいませ…」

なんだ?ずいぶん暗いな。

「三人で部屋を取りたいんですけど。」

「え、ちょっと待って!コレも一緒!?」

コレとはなんだ、コレとは。


「えぇ、何か問題ありましたか?」

「大アリよ!コイツ男じゃない!一緒の部屋なんて嫌よ!」

「私は勇者殿を守るのが仕事ですし。」

よく考えたらヴァディマールの町で部屋が一緒になった時も、

文句言わなかったな。


「エジオでは別々だったじゃない!」

「あれは、第1騎士団の方々が見回り含めてやっていたので。」

「俺は別で構わんぞ。」

脳筋が驚いたような顔をしてこっちを見る。


「勇者殿!?ですが!」

「詐欺師の言う事が普通だろ。」

「詐欺師言うな。」

「男と女なんだから、部屋ぐらい別々にしてもいいだろ。」


脳筋の顔が暗くなる。そんなに変な事を言ったか?

「…分かりました。」

「すまんが、部屋を2つに変えてくれ。」

「かしこまりました…」

店主も暗いまま。


「なぁ、なんでそんなに暗いんだ?」

「え?あ、いえ、別に…」

「何かあるのか?」

「その、この村に他の方が来る事自体が珍しくて…それにさっき村長の家から

大きい音が聞こえてきて…」

もしかして、外で殴りあいしたときの事か?


「あれなら気にしなくてもいい。少し話しただけだ。」

「ひっ!」

何で怖がる。

「村長のお知り合いでしたか、申し訳ありません!無礼な態度、

お許しください!」

アイツのせいか。


「あ~…知り合いという分類に入るかも微妙だが、仲がいい訳じゃない。

心配するな。」

「ほ、本当ですか?」


あの後、怯える宿屋の店主をなだめて部屋を借りた。

「何であんなに怖がってたのかしら?こんなに可愛い妖精までいるのに。」

「大方、村をゲェズの力で支配してたってところだろ。あと自分で

可愛いとか言うな」

「いいじゃない、可愛いんだから。」


俺と詐欺師が階段を上っていくが、脳筋はその後をゆっくりと

付いて来るだけで、会話にも参加してこなかった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます