第37話 結末

「いや、お見事ですね。」

「犯人はお前か?」


すると目を更に見開いて、

「そうですよ!そうですとも!屈強な竜兵師団を倒すには

搦め手の方が楽かと思いましてねぇ。」

「貴様ァ!」

「待て!!!!」


今にも飛びかかりそうだったので殺気を込めて止める。

「そいつも操られてるだけだ、斬っても意味がない。さて、お前何者だ?」

「私は魔王による圧倒的な支配を望んでいる者ですよ。サベルと

お呼びください。」

そう言った男は続けて、


「さて、呪いですが私が止めるか死なないと解けません。

でもここにいる訳ではないので私を殺す事は無理です。

止める気もありません。

最後に別れの言葉でも交わしたらどうでしょう?

もっとも、あんなデカいトカゲの言葉が分かればの話ですがね。

では、またお会いましょう。」


早口で告げて去っていった。


「そんな…ロザリー…」

「ネーナは助からないのか…?チクショウ!」

竜のパートナーたちが泣き崩れ、誰も声をかけられないでいる。

そんな中、

「あの…勇者殿?」

脳筋が話しかけてきた。


「何だ?」

「先ほどの竜は操られていて、それを魔法で解いたという事ですか?」

「そうだな。」

それを聞くと少し考え込んで、

「じゃあ勇者殿なら呪いの方も解けたりしませんか?」


…ん?


「…何故?」

「いえ、リュリュは単純に術者に敵わなかっただけなので、

操られた竜を正気に戻した勇者殿ならと思って。」


…まさか、まさかな



「……フルリカバリー!」


竜がゆっくり目を開け始めた。

「ロザリー!!!」

パートナーが竜に抱き付いて涙を流しながら喜んでる。


「…治りましたね。」

「…そうだな。」


「さ、さすが勇者殿!凄いです!」

「そ、そうね。私が無理だった事をやったんだから誇っていいわよ!」

「いやはや、さすがですな!」

「…放っておいてくれ。」


何とも言えない空気が流れる。


「…大変申し訳ありませんが、ネーナの治療をお願いしてもよろしいでしょうか?」

「…すぐ行く。」


自分の馬鹿さ加減に呆れた。

最初からこうすりゃ良かった。



その日の夜はささやかな宴会が開かれた。


ささやかというのには理由がある。


まず、ワミが全団員に事情を説明した。

その結果、竜が元気になったのは確かだが、元凶は逃がしてしまった事、

団員が操られていた事で大騒ぎするのもどうかという話になったらしい。


それでも普段に比べて美味い飯や酒が食卓に並び皆、楽しんでいるらしい。

笑い声が絶え間ないのが証拠だろう。


「勇者殿、こんな所におられたのですか。」

「あぁ、外は涼しくて気持ちがいいからな。」

ワミがやって来た。

「この度は何とお礼を言っていいか、感謝の言葉もありません。」

「俺の魔法で治せるとか、もっと早く気付くべきだったんだがな…

本当にしょうもない…」


自分の間抜けさに呆れる。

それをワミは何か考えた様子で見ていて、

「竜の名付けには秘密がありまして。」

「?」

急に話題が変わったので不思議に思って、ワミを見る。


「実はですな、自分の初恋の女性の名前を付けるのです。」

「それはまた…」

「まぁ、そうすると不思議と竜を守ろうとする力が湧いてくるものなのですよ。」

そんなもんか?


「ただ困った事があるんです。」

「何?」

「恋人や嫁さんにバレると、半殺しにされるんですなコレが。ハッハッハ!」

少し笑いが込み上げてくる。

「ですから、竜の名付けに関しては第1騎士団のみの秘密なのです。」


なるほど。

「秘密を暴露して、恥を共有してくれたってことか。」

「何の事だかさっぱりですな。美味い酒は口を軽くしてしまいます。」

まぁいいか。

「その秘密、墓まで持って行ってやる。」

「そうして頂けると助かります。ではコレで。」


ワミが去った後、脳筋と詐欺師がやってきた。

騒がしい夜になったが、こういうのも悪くない――

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます