温度

僕は冷たい。

僕は熱い。


頭が冷たい。

心が熱い。


例えば、僕は誰かが死んでも、悲しんだりはしない。

だって、悲しんだところで死者が生き返るはずもない。


だから、死者に対しては労うだけ。

これまで精一杯に生きてきた事を、ね。


その様に冷たく考えて、熱く想う。

それが僕。


そして、それは誰に対しても、そうなのだ。

親しい者に対しても、赤の他人に対しても。


頭が冷たいから、そうなってしまう。

心が熱いから、そうなってしまう。


頭から伝わる命令は常に冷たく現実的。

心から溢れる情念は理想を求めてしまう。


冷たい考えを熱い想いで包み込む。

それが僕。


そうやって、冷たい自分を虚飾する。

まるで、熱い自分を着飾る様に、ね。


見栄っ張りな自分がそうさせる。

恥ずかしがりな自分がそうさせる。


僕は虚ろう。

僕は佇む。


たった一人で。

ずっと一人で。


次から次に押し寄せる疑問の波に呑まれる様に。

自分の中に生じる矛盾と葛藤をしながらも。


そして自分の出来る事だけをやっていく。

それが自らの可能性を拡げると信じて。


冷たい頭で現実を受け止めながら、

熱い心でロマンを語り続ける。


そして冷たい僕は考える。

恐らくは、もう無理だろう、と。


そして熱い僕は思う。

それでも、逃げ出す訳にはいかない、と。


だって、僕はまだ生きている。

死ぬまで生きなければならない。


実際に冷たくなるまでは、

熱く夢を見るしかない。


それが叶わぬ夢であったとしても。

それが厳しい現実であったとしても。


Cold Oneself in the Hot Oneself...

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます