ズル

おいおい。

何故、そこを行くのかなぁ。


道無き道を行くのも、

時にはカッコイイのかもしれない。


ただ楽する為の近道では、

みっともないだけだろう。


皆が何故、そこを通らなかったのか。

それはズルする事に恥を感じていたから。


そして、それに気付かぬまま近道した者は、

先にゴールに着き、いい気になっていたが、

以前はまだ、その様な愚行は相手にされなかったはず。


しかし今やこんな事を言っている、私の方が笑われる始末。


先にゴールに着いた者が勝ち誇っている。

手段を選ばぬ勝者が持て囃される。


果たして、このままでいいのだろうか。

ズルを放っておいていいのだろうか。


結局はズルを見逃したり、

気付かなかったりした事が、

ズルを助長していまい、

理不尽や不条理を拡げてきた。


その様な理不尽や不条理が、

自分の大切な者から笑顔を奪う事を減らす為には、

物事の本質をきちんと見極める必要もあるだろう。


そろそろ目を覚まさないと手遅れになるよ。


The Illegal Winner...

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

機能をオンにすると、画面の下部をタップする度に自動的にスクロールして読み進められます。

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!