誇り

あれ!?

あっちの人が悪口を言っている。

こっちの人も悪口を言っている。

じゃあ、僕も悪口を言っちゃおうかな。


ちょっと待てよ。

本当にそれでいいのだろうか。


僕は決して、

あっちの人でもなければ、

こっちの人でもない。

僕はあくまでも僕なんだ。


良い事であれば、

真似をしてもいいのだろう。


しかし、悪口はどうだろう。

自分が言われていい気はしない。


あっちの人に悪口を言われて傷付く人がいる。

こっちの人に悪口を言われて傷付く人もいる。


僕まで悪口を言ってしまったら、

また一人、傷付く人が増えてしまうだけ。


そうやって、どんどんどんどん広まって、

結局はそれが僕を傷付ける事にもなる。


だから自分が嫌な思いをしたくないのであれば、

周囲に流されて悪口を言ったりしちゃいけない。


あくまでも自分は自分であり続けるべき。

自分である事に誇りを持つべきなのだろう。


Do You Have Pride?

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

機能をオンにすると、画面の下部をタップする度に自動的にスクロールして読み進められます。

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!