恐怖

銃が怖い。

戦争が怖い。


本当にそうなんだろうか。


原発が怖い。

放射能が怖い。


確かに怖い。


でも、本当に怖いのは。

人間。

そして、自分自身なのかもしれない。


銃を撃つのも人間。

戦争をするのも人間。


そして、それを見て哀しむ自分。


原発に頼らざるを得なくしたのも人間。

放射能を侮ったまま見切り発車してしまったのも人間。


そして、それを知り悔いる自分。


全て、人類自らが引き起こしてきた事。


そして、銃が恐ろしいからと争う。

戦争が恐ろしいからとぶつかり合う。


自分も時々、誰かと衝突する。


そして、原発が恐ろしいからと争う。

放射能が恐ろしいからと罵り合う。


そもそも争うから、

銃を恐ろしいものにしてしまい、

その先に戦争があるのだろう。


争いを続けてきた事で、

環境破壊もしてきたのだ。

その結果、原発や放射能に関わらなければならなくなった。


それでも我々は争い続けている。

毎日毎日、世界の何処かで、

誰かと誰かがぶつかっている。


周囲に恐怖をばらまき、

ばらまかれた恐怖に煽られて、

世界中が恐怖に震えている。


それも全て、人間がやっているのだ。


そして、自分もそんな人間の一人。


そう考えると、本当に恐ろしい。


True Fear...

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

機能をオンにすると、画面の下部をタップする度に自動的にスクロールして読み進められます。

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!