第40話

 オークキングは、教室の自分の席に座っていた。だが、いつものようにふんぞり返ってはいなかった。両手を膝につき、強く顎を引いてうなだれ、大きく目を見開いた視線は床に釘付けのまま、ふーぅ、ふーぅと、荒い息をこぼしていた。


 どこから持ち込んだのかは知らないが、そばに金属バットが転がっていた。あちこちへこんでいる。間違いなく、僕らの教室を破壊するのに使ったのだ。


 異様な姿に、元取り巻きを含めたクラスメートたちも、遠巻きにして様子をうかがっている。飛鳥さんは、そんなオークキングに、いつものニヤニヤ笑いを作って、廊下の窓から呼びかけた。


 「よーぅ、オークキング」


 オークキングははっと顔を上げ、すぐに目をそらした。飛鳥さんに恐れおののくあまり、どっと汗が噴き出し、手がびくびくと震え出したのが見て取れた。


 今や学校中の話題となった、魔王とオークキングの対面だ。すぐに話が広まり、たちまち廊下に人だかりができはじめた。


 飛鳥さんは、以前オークキングがしたみたいに、教室の廊下側の窓枠に身をもたせかけ、教室内を覗き込むようにして言った。


 「あたしらの教室で、ずいぶん暴れたみたいじゃないか。ずいぶんお疲れに見えるぞ」


 「しょ、しょ、しょうこはあるのかよ!」いきなり証拠の有無を問う時点で自白も同然だが、それでも、そこが彼の最後の砦だったろう。都合の悪い事実を自分から切り離す、それさえできれば、心の安寧を保てるはずだと。


 だが、


 「あるよ」


 飛鳥さんはさらりと言い放った。


 そして、ポケットからスマホを取り出し、画面上に、ある動画を再生し始めた。


 「この映像をどう扱うかは、あたしの胸三寸だ。警察に届けると息巻いてるうちの担任に渡したら、どうなるかな」


 その動画とは―――監視カメラの映像だった。勇に依頼したカメラだ。体育の授業中、無人の一―B教室を撮影し続けていたのだ。


 画面の中で、誰かが金属バットを振るっていた。実のところ、あまり鮮明ではなかった。白黒で、解像度は粗かった。教室全体を広角レンズで捉えており、被写体はひどく歪んでいた。体格のいい男子生徒が暴れているのはわかるが、個人の特定は難しいものだった。


 実はもう一台、近距離で鮮明に撮るカメラもあった。けれどそれは、窓際の飛鳥さんの席を狙っていて、何も映っていなかった。飛鳥さんは、証拠と呼べるか怪しい不鮮明な動画で、勝負に出ざるを得なかったのだ。


 だが、効果はてきめんだった。


 不鮮明でも、身に覚えがあれば、自分の姿だと認識してしまうのだ。自分の罪業を、いやでも自覚してしまうのだ。


 オークキングはがばと立ち上がり、二歩、三歩、吸い寄せられるように近づいてきて、スマホの画面を凝視した後、がくと膝をついた。


 「お、おまえらのせいだ! おまえらが……その……俺を、撃ったり、何か、その、しやがるからよぉ!」


 「それこそ、証拠はあるのか」この期に及んでなお、他人のせい、を口走るオークキングに、飛鳥さんは言い放った。「いいかげん、あきらめろ。魔王を貶めた罪を知れ。おまえの居場所はもうない。付き随う者もいない。身ひとつの今のおまえに、いったい何ができる?」


 飛鳥さんは教室に入り、オークキングに歩み寄った。腰が砕け、身をがくがくと震わせ、床に尻をべたりとつけたまま後ずさるオークキングに、冷ややかな視線を投げかける。


 体格差など、もはや関係ない。オークキングはおそらく今、どす黒い巨大な魔王の幻影を、飛鳥さんの背後に見ているだろう。


 「おまえにある選択肢はわずかだ。ひとつめ。ひれ伏せ。これまでの非礼を心から詫び、魔王に忠誠を誓うんだ。今後一切、あたしにそむかないと確約するなら、よい手駒として使ってやらんこともない」


 飛鳥さんはもう一歩近づいた。オークキングは脂汗をだらだらと流し、がちがちと歯の根も合わぬ有様で、近づかれただけ後ずさる。


 「ふたつめ。それができないなら、自裁しろ。腹を切れ。それが世界にとって最も有益な選択だ。おまえ自身にとっても、これ以上苦しまずにすむ、最良の選択だよ」


 「―――て、てめぇは、……何者だ」


 追い詰められたオークキングが、合わぬ歯の根の隙間から、どうにか声を絞り出して尋ねた。飛鳥さんは、その声を踏みつぶすようにもう一歩前に出た。


 「言わなかったか? あたしは魔王だ。オークキングごときが逆らって、無事でいられる道理はないんだよ」


 オークキングはまた後ずさった。転がったままの金属バットが、彼の手に触れた。


 「みっつめ。これが最後の選択肢だ」


 飛鳥さんはそこで足をそろえた。それ以上、前には出なかった。


 「カッコいい言葉で言ってやるよ。―――戦え。運命に抗え。立ち向かえ、力を示せ、己の敵に!」


 オークキングの息が、また荒くなってきた。ふーぅ、ふーぅ、ふーぅと、肩を上げ下げしている。その肩を撫でつけるような声で、耳に言葉を流し込んでいく。


 「理性などかなぐり捨てて、限界を、踏み越えろ。自らを遮る壁を打ち壊せ!」


 オークキングの頭が、催眠にかかったように、ゆらゆらし始めた。その瞳から、彼自身の意志は、消え失せていた。


 「さぁ」


 オークキングは、金属バットをつかみ、それを杖にして、ゆっくり立ち上がった。体格差が再び現れた。巨大なオークキング。ちっぽけな飛鳥さん。


 「やれよ」


 頭が揺れている。足下が、ふらついている。よだれが、だらしなくこぼれ出す。それでも、太い両腕で、バットを強く、強く握りしめた。


 「自分の世界を、破壊するんだ」


 オークキングが、キレた。いや―――壊れた。


 「う……うあぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!」


 金属バットを、力の限り振り上げた。理性のブレーキを完全に失い、目の前にある不都合なもの、恐ろしいものを、ただ消し去ろうとしていた。それはつまり、飛鳥さんを―――。


 「飛鳥さん!」


 彼女にとって、オークキングとけりをつける、という行為の真の意味が何なのか、教室を出るときなぜあんなに苦しそうだったのか、僕には見当がついていた。わかっていてここまでついてきたからには、バットが怖くても、決して手を出すなという命に背いてでも、せねばならぬことがあった。恐怖に打ち勝ったのは、忠誠心だったか、それとも。


 僕の体は、自分でも驚くほど、自然に動いていた―――手近な机から学生鞄をひとつ掴み取ると、オークキングと飛鳥さんとの間に、割って入って立ちはだかった。


 「な……馬鹿!」


 飛鳥さんが目を見開いた。


 金属バットが、振り下ろされる。迫るバットがスローモーションに見えた。


 こんな薄っぺらな鞄が盾になるだろうか。僕は脳天をかち割られるんじゃないだろうか。だけどこれは飛鳥さんじゃなく、僕の役目だ。この結末を、飛鳥さんが選んではいけないんだ。


 僕は、歯を食いしばって来るべき結末を待ち受けた。


 次の瞬間―――。


 吹っ飛んだのは、オークキングのほうだった。


 ホウキと傘が、一閃していた。


 飛鳥さんの意図を察して、割って入ったのは、僕だけではなかった―――渡り廊下からずっとついてきていたうちのふたり、勇と桐原さんが、教室に飛び込んできていた。勇が傘をつかんで唐竹割りに、桐原さんがホウキをつかんで胴薙ぎに―――まるで、アルガレイムでゴルマデスに対して食らわせたようなコンビネーションで、斬り伏せたのだ。


 オークキングは、ただの一撃で、教室の床に大の字に倒れ失神した。虚飾をすべて剥がされた豚の王など、元勇者どもの前に、敵ではなかった。


 床に落ちた金属バットがからりと転がり―――しばらく、沈黙が支配した後。


 廊下で、魔王対オークキングの直接対決を見守っていた生徒たちから、おおぅと歓声が挙がった。魔王、勝利す。オークキング、成敗さる。ニュースは、顛末を記録した動画と喜びの声を伴って、各自の情報端末を通じ、またたく間に全校に広まった。


 だが、勝利したはずの飛鳥さんは―――、まったく喜んでいなかった。それどころか、顔面蒼白となって、立ち尽くしていた。


 「飛鳥さん?」


 「なんてことを」


 「え?」


 「詰めを誤った。あたしのミスだ。これは―――まずい方向に、転がるぞ」


 窓の外では、梅雨の始まりを告げる雨が、蕭然と降り続いていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます