第35話 ひとりじゃない

  9  ひとりじゃない


 治療を受けている間、アトリはうつむいたまま何度も口を開きかけてはつぐんでいた。


「無理にしゃべらなくていいよ。ルピニアちゃんと一緒に休んでて」


 アトリの傷がふさがったことを確認すると、エルムは細目の男を縛り上げているジャスパーのもとへ歩み去った。


「まあこっち来て座り」


 壁際に座り込んだルピニアが床を軽く叩く。


「……はい」


 アトリは重い足取りでルピニアの隣へ歩き、正座した。


 黙ってうつむくアトリの背中で、ちぎれた羽が所在なげに震えている。羽は半透明な薄絹のようでありながら、光が当たると澄んだ緑色にきらめいた。朝露がきらめく若葉を思わせる、瑞々しく柔らかな輝きだった。


「綺麗な羽や……」


 ルピニアはうっとりと息をついた。


「触られたら痛いんか?」


「いえ……」


「なら大丈夫やな」


 ルピニアは身を固くしているアトリの肩に腕を回し、抱き寄せた。


「……あの」


「ええよ。しゃべらんでも。その分ウチがしゃべったる。覚えとるか、おとといウチがアトリの部屋に押しかけたやろ。ウチの名前は半分がオオカミや、物騒やろって話したな。あのときアトリはなんて答えたか覚えとるか」


 アトリは力なく首を振った。


「ウチは覚えとる。嬉しかったから覚えとる。狼は賢くて仲間想いやから素敵や言うてくれたんや。けどな、ほんまにフライパンで男をぶん殴るオオカミやで。あれ見てまだそう思ってくれるか?」


「……ルピニアさんは素敵です。強くて、颯爽として、優しいです」


「ありがとな。けど、それ言うたらアトリは穏やかで、強くて優しいやんか。ウチには真似できんわ」


 アトリが再び首を振る。


「強くなんてありません。優しくもありません。理由も言わずにこんなことに巻き込んで、後ろで守ってもらうだけでした。そんなこと……言ってもらえる資格なんて」


「アホやな。ウチらに説明せなあかんかったのはアルディラはんや。前で戦うんもアトリの仕事やない。ええか、アトリはエドを押し切ってあの五人を助けたんやで。弱いとか優しゅうないとか抜かす奴がおったら、ウチがぶん殴ったる。あの妖精狩りもしつこくアトリを追い回しといて、何が『無闇に逃げ回るからですよ』や。ひとの仲間をコケにしよって。顔面潰れてええ気味や」


「……なか、ま」


「仲間やろ。一緒に肉食べて、キノコ刈って、くだらん話で笑うて、バケモノと命がけで戦って。それが仲間やなくてなんや」


 ルピニアは身体ごと向き直り、アトリを抱きしめた。


「一人やったんやな。あんな奴に追われとったから。誰も巻き込まんように一人になるしかなかったんやな。もうええんや。あいつはもうおらん。今度また出てきよっても四人で叩き潰したろ。もう我慢せんでええ。怖いとか辛いとか寂しいとか、いくらでも言うたらええんや」


「わたし……は……」


 アトリが途切れ途切れにつぶやく。


「ずっと……怖かった……苦しくて……疲れました……」


 ルピニアは静かにアトリの頭を撫でていた。


「……一人は……もう……いやです……」


「もう一人やない。大丈夫や」


 抱きしめた腕の中で小さな肩が震える。

 かすかな嗚咽が漏れる。

 それはまたたく間に堰を切った。


 アトリは声を上げ、泣いた。




「……あっちはとりあえず大丈夫そうだな」


「ジャスパーの傷も浅くてよかったよ」


 エルムが安堵したように息をつく。


「剣で切られたわけじゃないし、そんなに心配することじゃ」


「それはそれで問題なの」


 エルムは口の前に指を立て、ささやいた。


「魔法の怪我のほうがひどかったなんて分かったら、アトリちゃんが気にするでしょ」


「それもそうか。分かった、黙っておく」


 ジャスパーは鎧の傷を指でなぞった。


「本当はもっとズタズタにされるかと思ったけどな。あれくらいで済んだのが不思議だ」


「きっと優しい精霊だったんだよ。アトリちゃんがみんなを守りたいって願ったから、応えてくれたのかもね」


「そうかもな。……だけど守るって言えば」


 ジャスパーはエルムの肩に手を乗せた。


「エルム。お前だって守れたじゃないか」


 エルムは意表を突かれたように目をしばたいた。


「今日お前がいなかったらアトリは捕まってた。オレもルピニアもたぶん死んでた。昨日だって、お前がいなかったらアトリが人狼ワーウルフにやられてた。あの五人の怪我を治したのもお前だ。たくさん守っただろ」


「そう、なのかな」


 エルムは横を向いた。視線の先ではルピニアがアトリをあやすように抱きしめている。


「でもボクだけじゃ無理だった。アトリちゃんを数に入れてもまだ一人。まだ一回だよ。全然届いてない」


「それでも一回は一回だろ。お前は前に進んでる」


「……そっか。うん。そうかもね」


 かすかに震えるエルムの肩を放し、ジャスパーは足元に横たわる細目の男へ目を向けた。


 細目の男はバッタモンド商会特製の細く丈夫なロープで念入りに縛られている。目を覚ます気配はなかったが、負傷のわりに呼吸はしっかりしていた。


「それにしてもこいつ頑丈だな」


 ジャスパーは顔をしかめた。


「顔を見てたらもう一発殴りたくなってきたぞ」


「それはだめだよ。ボクたちには、このひとを勝手に傷つける権利がないもの」


 エルムが苦笑しながら首を振る。


「どういう意味だ?」


「説明はあとで。それより先輩とケインさんの様子を見てくるね」


「……いけね、すっかり忘れてた」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る