第34話 風が吹くとき

  8  風が吹くとき


「ぐむうっ」


 深鍋を頭に被せられ、男が闇雲に剣を振るう。


「雑だよ」


 エルムは易々とその脇に滑り込んだ。


 敵が正確に剣を振るっている間は隙を見出せなかったが、両脚を傷め視界すら失った今なら話は別だ。


 剣の柄と右腕を横から掴む。腕を振り下ろす勢いをそのまま利用し、男をうつ伏せに引き倒す。

 その流れのまま腕と手首を掴んで後ろ手にひねり、関節を極める。たまらず剣を落とした男の背中に腰を下ろし、動きを押さえつける。


 しかし痛みに耐えてもがく男を押さえつけておくには、エルムの体重は軽すぎた。さながら暴れ馬に跳ね飛ばされまいとしがみつく騎手だ。いつまでも押さえていられるとはエルムにも思えなかった。


「アトリ、魔法や!」


 叫ぶルピニアの息は荒い。彼女の隠し玉である固有技能、肉体強化も万能ではなかった。骨格や筋肉を強化できる時間は限られており、力を引き出すほどに反動による消耗が激しくなる。短時間でも全身を強化し、成人男性を凌駕する力を引き出した代償は小さくなかった。


 アトリは杖を手に立ち上がったものの、使うべき術を決めかねていた。


 今はエルムが敵と密着している。火弾の術や火花の術では、炎が確実に両者を燃やす。術の威力を高めるほどエルムの命は危険にさらされる。


 睡魔の術は論外だ。最悪の場合エルムだけが倒れ、敵は一切の傷を負わずに解放されてしまう。そうなればもう接近戦闘に耐えられる者はいない。敵は今度こそ何の障害もなく三人を殺すだろう。


「アトリちゃん、ボクはいいから魔法を!」


「エルミィさん……」


 アトリは杖を握り締め、ひたすら思考を巡らせた。


 他に方法はないのか。できることはないのか。必死に自分を守ってくれている者を巻き添えにするなど――


「アトリッ!」


 予想外の方向から大声がした。

 どうにか身を起こし、膝立ちしたジャスパーが叫んでいる。


「オレに、攻撃魔法だ! 思いきりやれ!」


 アトリは目を見開いた。

 最適の術が瞬時に導き出される。

 呪縛の術を破りうる攻撃魔法。精霊がいない地下では使えないからと、実演しなかった術。


 しかし今なら。風の加護を受けたこの羽が、露出している今なら。


 ――ジャスパーさんなら、きっと耐えきる!


 アトリは躊躇なく杖を捨て、両手を広げた。

 ちぎれた羽が立ち上がり、淡い緑色の輝きを帯びる。


 密室に風が吹いた。

 春風を思わせる穏やかな気流。

 アトリの髪がなびく。彼女の帽子がふわりと浮き、石床に舞い落ちた。


 風は離れたジャスパーの頬を撫で、柔らかな香りで彼を包んだ。

 優しい風。温かい風。懐かしい風。


「花の、匂い」


 我知らずつぶやくジャスパーの耳に、凛と響く声があった。


「風の乙女。羽のともだち。あなたの力を貸して」


 高く澄んだ声。祈りに似た強い思いがジャスパーの胸を駆け抜けていく。


「あのひとの戒めを解いて。わたしに、このひとたちを、守らせて!」


 羽が強く輝いた。

 風が走った。


 一瞬、身体が浮きそうな烈風がジャスパーに吹きつけた。

 皮鎧が軋む。吹き飛ばされまいと耐えるジャスパーの全身に、小さな衝撃がいくつも走る。


 風が吹き抜けると魔法の縄は各部で寸断されており、ぼろぼろと崩れながら落ちていった。


 足元のショートソードを掴み、ジャスパーは立ち上がった。

 鎧に数条の浅い傷がつき、衣服には裂け目がいくつもできている。身体の各所を切り裂かれたが深手ではない。痛みも無視できる程度だ。


 細目の男がついにエルムを跳ね除け、強引に深鍋を頭から引き抜いた。


「ぐうっ……」


 細目の男が痛む両脚に鞭打ち、剣を手に立ち上がる。


 ジャスパーは雄叫びを上げ、駆けた。

 それはまさしく解き放たれた獣の疾走だった。


 ――迷ったらど真ん中、だけど!


 駆けるジャスパーには何の迷いもなかった。


 狙うべき場所は一箇所しかない。手数で押す戦術も却下だ。小刻みな攻撃など我慢がならない。力いっぱいの一撃を叩き込まなければ気が済まない。


「ルピニア!」


 駆けながら叫ぶ。躊躇せず距離を詰める。


 細目の男が長剣を振り上げ、迎撃の構えを取った。


 しかし長剣の間合いに入るより早く、ジャスパーはショートソードを思いきり投げつけた。

 刃が空を裂き、投げ槍のごとく細目の男に迫る。


「おおっと!」


 細目の男がとっさに剣で横へ弾く。

 一瞬冷や汗を流しつつも、細目の男は勝利を確信した。


 たしかに意表を突いた、危険な一撃だった。力も速度も十分だった。ただし後先を考えない博打だ。唯一の武器を手放すとは無謀に過ぎる。


 突進するジャスパーめがけ、細目の男が剣を切り返す。

 その目が驚愕に見開かれた。

 ジャスパーの手は、横から飛んできたフライパンを空中で掴んでいた。


 長剣の間合いに入ったジャスパーに刃が迫る。

 しかし、ジャスパーはその攻撃を最初から予測していた。


 敵は両脚の踏ん張りが利いていない。先ほどまでとは比べ物にならないほど力の抜けた一撃だ。


 ――エルム、借りるぞ。


 ジャスパーはフライパンの底で剣を受けると同時に、右足を後ろへ引いた。

 身体を右にひねる。

 剣の腹をフライパンの底面で横へ押す。

 力が右へ流れ、剣がジャスパーの右側を通過していく。


 普通の戦士であれば、避けられない攻撃は踏み込んで受け止めるか、弾こうとする。ジャスパーの動きはそのどちらでもない。一歩引き、相手の力を上滑りさせる技はエルムの杖術を真似たものだ。


 想定外の方向に受け流され、細目の男は体勢を崩した。

 流された剣を止めようと両脚に力を込めた瞬間、激痛が細目の男の身体を駆け抜ける。


 男の動きが一瞬止まった。

 その遅滞はジャスパーにとって十分な隙だった。


「せぇのっ!」


 床を踏みしめ、腰と両腕に力を込めて身体のひねりを返す。斜め上へ向かって全力でフライパンを振り抜く。


 会心の手応えとともに、フライパンが細目の男の顔面を捉えた。


 細目の男は膝から崩れ落ち、石床に倒れた。

 それきり男が動く気配はなかった。完全に意識を失ったようだ。


 ジャスパーは深く息をつき、手にしたフライパンを眺めた。

 度重なる用途外の衝撃に底面がたわみ、柄の付け根辺りの鉄板も歪んでいる。


「……頑丈なほうがいいな」


「せやろ」


 ルピニアが片目をつぶった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る