第24話 講釈

  13  講釈


「褒められとったな。よかったやんか」


「……ピンとこない」


「正当な評価やと思うけどな。あんたもさっさとランタンを点けとき。焚き火に水かけられんやろ」


「あ、ああ」


 ジャスパーは当惑しつつランタンに火を移した。


 水袋の水を焚き木にかけると、細い白煙が上がっていった。

 しゃがんで煙の行方を目で追いながら、ルピニアは穏やかに切り出した。


「ウチは弓だけなら何年もやっとる。けど正直、あのバケモノに狙いどおり当てるんは難しかった。あんたは昨日の今日でいきなり剣を当てよった」


「腹の真ん中を狙ったんだ。避けられた」


「それでも脇腹に刺さっとる。あいつが避けきれん一撃やったんや。上出来やんか」


「なんだよ、お前まで急に」


 ルピニアはにんまりと笑った。


「なんや、照れとんのか? 可愛いとこあるんやな」


「別に照れてない」


 ――なんか調子が狂う。


 ジャスパーが視線を横に逸らすと、壁際で毛布を巻いて寝息を立てているアトリが目に入った。少し離れたところでエルムも横になっている。


「オレのことより、アトリは大丈夫なのか。あいつ相当疲れてるだろ」


「話の逸らし方が強引や。まあええけど」


 ルピニアが呆れたように肩をすくめる。


「エドも言っとったろ。アトリは気張りすぎなんや」


「オレにはなんだか思いつめてるように見えた」


「ふうん? 意外としっかり見とるんやな。ええ線いっとるで」


「だけど理由が分からない。お前には分かるのか?」


「乙女の秘密や」


 ルピニアは意味ありげに笑い、ランタンの窓についた煤を指でぬぐった。

 黒く汚れた指先を石床にこすりつけ、丸を描く。煤の量が足りず、線は円の始点まで届かなかった。


「……と言いたいとこやけど。ほんまのとこはウチにもよう分からん」


「なんだよ、結局分からないのか」


「そう焦るんやない。説明したるから最後まで聞き。……そやな、あんた魔法を勉強したことあるか?」


「いや。前にエルムの教典とかいうのを見たけど、最初のページで頭が痛くなった」


「そんなら今度アトリの魔導書を見てみ。たぶん本を開いた途端に目が回るで」


 ルピニアがくすくすと笑う。その横顔に違和感を覚え、ジャスパーは首をかしげた。


 ――こいつ、こういう笑い方をする奴だったか? 普段はもっとげらげら笑って……。


 そこまで考えて思い違いに気づく。


 普段も何もない。ルピニアと初めて会ったのは昨日のことだ。自分はまだ彼女をよく知らないのだ。


「本の話はおいといて、今朝のコウモリを覚えとるか。アトリが睡魔の術を使うたやろ」


「そりゃ覚えてる。ものすごく眠かった。あれで手を抜いてるってのがすごい」


「手抜きと手加減は大違いや。あれはな、全力で手加減しとったんや」


「なんだそれ? どっちなんだよ」


「んー、あんたに分かりやすく言うとやな……」


 ルピニアがジャスパーの剣を指す。


「たとえばな、あんたが子供とチャンバラごっこするとこを想像してみ。武器は木の棒切れや。あんたしっかり構えて丁寧に振るか?」


「たぶんしない。適当に振ると思う」


「それが手抜きや。適当にやっとっても身体はそれなりに動くやろ。魔法はそれじゃあかん。手抜きしとったら術が発動せん。きっちり構えて、一瞬も気抜かず、できるだけ丁寧に棒を振るんや」


「まあ、分かる」


「難しいんはここからやで」


 ルピニアがいたずらっぽく笑う。


「まずあんたは、棒を支えられるギリギリ最小限の力しか腕に込められん。普通に振って当たったら子供が怪我するやろ」


「そりゃそうだな」


「それに相手は子供や。あんたは真剣にやらんでもええと考える。せやけど適当に振っとると文句を言われるんや。真面目にやらんか。腰が入っとらん、手打ちになっとる、とかなんとかな」


「……うへえ。面倒な子供だな」


「あんたはそれこそ指先まで意識して、丁寧に棒を振らなあかん。子供に合わせて動きながらやで。しかもうっかり力が入ったらえらいことになる。どうや、考えるだけで疲れるやろ? 魔法の手加減っちゅうんはそういう感じなんや」


 ジャスパーはうんざりした顔でうなずいた。


「なんとなく分かった。コウモリ相手にずいぶん面倒なことしたんだな。……って」


 当時の状況を思い出し、ジャスパーは目を丸くした。


「コウモリの巣のど真ん中だぞ。あんなうるさい場所で、そんなややこしいことができるのか?」


「しっかり集中しとればな。それが魔法使いっちゅうもんや。まあウチに言わせれば、あれは集中力の無駄遣いやけど」


 ルピニアが肩をすくめる。


「普通に術を使うてウチらがコウモリごと寝てしもうても、たぶんエドは起きとるやろ。あとでウチらだけ叩き起こせば済む話や」


「まあそうだけど。……なんか分かる気もする。アトリだってあれが初めての実戦だろ。肩に力が入っても仕方ないんじゃないか。オレだってまともに剣を振れなかった」


「そりゃ最初くらいは仕方ないやろな。ウチかて蛇を撃ったとき、動き回るあんたに当たるんやないかって冷や冷やしとった」


「おい、ちょっと待て。あれだけ文句言っといて自信なかったのかよ」


 ルピニアは大きく咳払いした。


「その話はおいとこ。今はアトリの話やろ。ところで脚が疲れてきたわ、ちょっと失礼するで」


 ルピニアがさっと立ち上がり、歩き出す。ジャスパーが口を挟む間もなかった。


「……」


 ジャスパーは仕方なく腰を下ろすと、脚を曲げ伸ばししているルピニアの後姿を眺めた。


 腰まで届く青紫の髪が揺れている。その下に見え隠れする背中は細い。

 改めて見れば腕も脚も細く、華奢な身体だ。


 あの少女が獣人の男と丁々発止の口喧嘩をし、人狼ワーウルフの肉をも貫く矢を放つと聞かされたら、大抵の者は冗談と受け取るだろう。


 ジャスパーは止まり木亭で初めてルピニアを見た時のことを思い出した。


 離れたテーブルで自分とエルムを待つ少女。落ち着いた髪の色。おとなしい服装。鼻眼鏡と書物。ぴんと伸びた背筋。それらを遠くから見た印象は「知的で落ち着いた少女」だった。


 同じテーブルにつき、彼女の第一声を聞いた瞬間にその印象は消し飛んだが、ジャスパーにしてみればありがたい驚きだった。


 彼女の率直で嫌味のない言動には好感が持てるし、余計な遠慮をせずに済むのは気楽で良い。口数が多く講釈好きなところは少し面倒に思うが、噛み砕いた説明をしてもらえるのは助かる。


 いくつか不思議な点もある。彼女は魔法や戦闘技術について妙に詳しい。その一方で、自身の使っている言葉がどこの方言なのか知らなかった。物知りなのかそうでないのか今ひとつ分からない。


 人狼に放った強力な矢も謎だ。あの細腕にそんな力が出せるとは思えない。何か魔法でも使ったのだろうか。


「……ひとは見かけによらないな」


「なんか言うたか」


「別に。大したことじゃない」


 ジャスパーは腕と背を伸ばしながら、講釈はあとどのくらい続くだろうとぼんやり考えていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る