第22話 豹変

  11  豹変


 ジャスパーは人狼ワーウルフに刺さったままのショートソードを引き抜いた。筋肉が固く締まっている。刃を引き抜くにはかなりの力を要した。


「こいつけっこう固いぞ。よく矢が刺さったな」


「そんなことはどうでもええ! アトリ、あんな無茶して大丈夫なんか」


 ルピニアはもどかしげに弓を背負い、杖にすがって立つアトリのもとへ駆け寄った。


「必死でしたから、つい」


 荒い息の下、アトリはかすかに笑った。

 もともと色白の顔から血の気が失せている。急激な魔力の消耗と、極度の精神集中の反動だ。


「拡大魔法とか言ったか。ジャス公もお前さんも無茶しやがる」


 四人を見回すエドワードの顔は険しい。


 ジャスパーには拡大魔法という言葉の意味が分からなかったが、何が起こったのかはアトリの様子を見れば明白だった。


 彼女は自分に劣らず危険な橋を渡ったのだ。その結果があの三つの火の玉に違いない。


 苦しげなアトリ。彼女を気遣うルピニア。二人を案じていたジャスパーは、壁際に座り込んだエルムへと近づいていくエドワードの姿を見落とした。


「エルミィもよくやった。立てるか」


 エドワードが手を差し出す。


「あ、センパイだめだ!」


 ジャスパーが慌てたように手を伸ばし、エドワードの手を掴もうとする。

 怪訝な顔で振り向いたエドワードの前で、エルムの肩がびくりと動いた。


「……う、わああああっ」


 エルムが跳ねるように身を起こし、エドワードが差し伸べた手に噛みついた。


「いてえぇぇぇぇっ!?」


 エドワードが手を引き戻そうとするが、エルムの顎は緩まない。その両目は見開かれ、明らかに焦点が合っていない。


「エルム、落ち着け」


 ジャスパーがエルムの横にかがみ、肩に腕を回す。


「大丈夫だ。誰も死なない」


 ゆっくりとエルムの目の焦点が合い始める。

 やがてエルムは口を開け、エドワードの手を解放した。


「……ジャス、パー」


「ここにいるぞ」


「ねえさん……は……」


 ジャスパーはかすかに顔をしかめ、肩越しに背後を指した。


「あっちだ」


「あ……」


 エルムのうつろな視線が指先を追い、ようやく呼吸が整いつつあるアトリの姿を捉えた。


「……え?」


 顔を上げたアトリは、呆けたようなエルムの視線に気づき目をしばたいた。


「あの、エルミィさん……?」


「……よかった」


 エルムが安堵したようにつぶやき、微笑む。

 当惑する三人の前で、突然ジャスパーが拳を握りエルムの脳天に落とした。


「あいたっ」


「起きろ、エルム。朝だ」


 エルムは両手で頭を押さえてうめき、恨めしそうにジャスパーを睨んだ。


「ひどいよ、叩き起こすなんて。……え?」


 エルムはきょろきょろと周囲を見回した。呆気にとられた三人を見やる目には理性の光が戻っている。


「あれ、アトリちゃん……? 先輩……」


 エルムの視線がエドワードに止まる。

 くっきりと歯形の浮かんだ右手を凝視しながら、エルムの肩は次第に下がっていった。


「……そっか。ボク、またやったんだね」


 壁にもたれ、エルムは力なくうなだれた。


「ごめんなさい、先輩」


 ジャスパーはため息をついた。


「センパイ。エルムもきつそうだ」


「みてえだな」


 エドワードがしかめ面で右手をぶらぶら振る。


「さっさと一階へ引き上げてえが、これじゃ階段を上れねえな。予定変更だ。近くの部屋に入るぞ」


「部屋?」


「そこそこでけえ部屋がある。扉を閉めちまえばとりあえず安全だ。野営もできなくはねえ。ルピニア、アトリに肩を貸してやれ。荷物は持ってやる」


「あの、わたしなら自分で」


「鏡を見てから言え。ぶっ倒れそうな顔してるぞ」


「まったくや。……けどセンパイ、逃げた連中は大丈夫やろか」


 ルピニアは五人組が走り去った方向を見やった。闇を見通す彼女の目にも、動くものの姿は映らなかった。


「大丈夫だろ。この先は」


「この先は通路の幅が広くて見通しが利きますし、1番通路はわたしたちが最初に通って安全を確認しました。よほどのことがないかぎり階段に着けるはずです。一階へ上がってしまえば広間までは一本道ですし」


「……あのな」


 エドワードが苛立たしげに額を押さえる。


「いいから頭冷やせ。気負いすぎだ。鼻血出るぞ」


「そりゃあかん。野営の準備はウチらがするから、アトリは横になっとき」


「え、でも」


 ルピニアは片眉を上げ、アトリの顔に指を突きつけた。


「鼻血やで? 女の子には一大事やんか」


「女が鼻血出すと、何か問題があるのか?」


 エルムに肩を貸したジャスパーが首をかしげる。


 ルピニアは盛大にため息をついた。


「ほんま、女心を分かっとらんわ」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る