トイレに紙がなくて途方にくれてたら彼女が出来ました

作者 ニセ梶原康弘

60

24人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 ところが、どっこい。
 トイレには、魔人がいる!

 紙を触媒に、結ばれる奇縁良縁。
 想いを伝えるのも紙ならば、ケツを拭くのも紙という、逃れられない状況に、神などいない! と思わず噴く。

 キャラクターの痛快さと微笑ましい結末、ビジュアルイメージが浮かび上がる良作でした。

 そして、冷静にツッコミを入れたくなる。

 オマエら、トイレでなにやってんだよ・・・・・・

★★★ Excellent!!!

こんな高校生活の始まりなんて、イヤだ。
当の本人だったら、まず思う。
けれど、私は当事者ではない。
だから、面白い(コラッ

放送室をのっとるなんて荒業をする輩など、私の学校には当然存在しなかった。
けれど、いたら楽しいだろうな。
いて欲しかったな。うん。

かなりの強引さだけど、きっと友達思いなのだろう。
多分・・・そうだよね?
まさか、自分が楽しみたいだけなんて事は、ない・・・はず・・・。
なんにしても、腹痛恐るべし!(笑

★★★ Excellent!!!

展開は確かに題名やあらすじ通り、トイレに入って紙がなくて途方に暮れたら見事に彼女が出来た、と言う流れ。
ですが、そこに至るまでの経緯が非常に大掛かりかつ非常に面白い作品となっています。

物語に仕掛けられた大規模なギミック、存分に楽しめると思います。

★★★ Excellent!!!

決してテンプレというわけじゃないんですが、読み手の誰もが期待する通りの流れへ物語が進んで、期待通りのオチへ収束するところがむしろいい方向に作用しているタイプの作品でした。
そうそう、やっぱりラブコメはこうじゃなくちゃ!みたいな。
タイトルのインパクトで釣っておいて、筋立てはお客さんが一番喜ぶ種類の展開を用意する、という意図が定番ながら見事に嵌まっていると思います。