第2話 王都陥落の日――街角にて

「この子さえ……、この子さえ、生きて、いれば。アルヤ王国は、死なぬ」


 その一言で、ユングヴィは察した。

 第一王子だ。次の神となる――今の王よりなお神に近いとされている、何よりも尊い存在だ。


「ユングヴィ、頼む」

「王妃様……、そんな――」

「そなたが。そなたが、この子を、守っておくれ。いずれきたるその日まで、そなたがこの子を見ていておくれ」


 ユングヴィがその子を抱えたのを見てから、王妃は、目を細め、震える手でユングヴィの頬を撫でた。


「嫁入り前のそなたに、まだ分別のないこどもを預けるなど、酷な話かもしれぬが。わらわは、そなたであれば、この子を正しく導いてくれると信じられる」


 次に、ユングヴィの手首を、強い力でつかんだ。


「頼むぞユングヴィ。その子さえ生きていればアルヤ王国は死なぬ。わらわなどここに捨て置け、その子だけ連れてどこかへ逃げるのだ」

「王妃様……! ですが――」

「よいのだ」


 ユングヴィは「王妃様もお連れします」と懇願するように言った。


 頭では分かっていた。

 王妃の怪我は広範囲にわたっているようだ。自分も疲れている。もし預けられた子供が本当に第一王子なら現在すでに六歳のはずだ、いくら鍛えているといっても女の腕で王妃も王子も抱えて走ることなどできない。まして地上は戦火に包まれていてどこに逃げれば安全なのかも分からない。


 それでも、嫌だった。


「王妃様も、一緒にお連れしますから……!」

「ユングヴィ」


 初めて神剣を抜いてしまった十四の時から十六になる今日こんにちまで、二年間ずっと見守ってくれていたのは、国王とこの第一王妃だったのだ。


 王妃が、厳しい語調で「聞き分けよ」と告げた。


「これは命令だ」


 涙が滲んだ。


「行け、ユングヴィ」


 視界が歪んだ。


「そなたはその子を死守せよ。何もかもを捨て置いて、その子を守り抜き、その子とともに生き延びることだけを考えるのだ」

「……う」

「泣くでない。言うことを聞きなさい」


 たしなめる声が優しい。


「そなたがその子を守り切れるか否かが、この国を左右するのだ。そう、心得よ」


 手の甲で頬の涙を拭った。


 それが、二年間世話になった王妃の、最後の願いなのだ。それを叶えられるのは、今ここにいる自分だけなのだ。


 壁に突き立てていた神剣を引き抜いた。

 鞘に納めると光が消えて王妃の顔が見えなくなった。


 暗い地下道に声だけが響いた。


「神剣も。そなたと、その子の、ためにある。それを、ゆめゆめ、忘れることのなきよう」


 ユングヴィは一度ひざまずいた。


「申し訳ございません……! ユングヴィは……、ユングヴィは、王妃様をお助けせず――」


 歯を食いしばり、立ち上がる。


「ただただ、逃げることにします……!」


 幼子を、抱き上げた。この子一人であれば軽い。

 走れる。


 王妃に背を向けて走り出した。

 涙は溢れて止まらなかったが振り切った。

 この国の未来を託されたのだ。


「頼んだぞ、ユングヴィ」


 倒れる音が、かすかに響いた。


「生きよ、ユングヴィ。――生きよ、ソウェイル――」




 ユングヴィはもともと路上生活を送る孤児だった。寒い冬は地下水路カナートに潜って暮らしていた。だから今も王都の地下を蜘蛛の巣状に張り巡らされた道をそらで歩ける。


 ユングヴィが地上に顔を出した時、辺りはすでに静まり返っていた。まるで王都全体が死んでしまったかのようだった。

 住宅街の一角に出たというのに、住民の姿がまったく見えない。みんな避難したのだろうか。そうであってほしい、屋根や壁が破壊され、物品が道路に散乱し、時折炎のぜる音だけが聞こえてくる現状の街に、人が残されているとは思いたくない。


 ひとけがないのは、今に限っては好都合だ。


 抱えてきた荷物を一度地面に置く。

 布をぐのはまだ早い。本当に人のいる可能性がないところまで行かなければ危険だ。

 まだ立ち止まってはだめだ。


 爪先立ちで、家々の屋根の向こう側に見えるはずの蒼宮殿を探した。


 蒼宮殿はアルヤ王国の象徴だ。蒼と白と金の石片タイルで組み上げられた玉ねぎ型の穹窿ドームの巨大な正堂と四つの棟から成る建物、そしてその周辺を囲むように張り巡らされた壁とそれに付随するやはり玉ねぎ型の丸屋根のついた四本の塔は、アルヤ王国そのものである王の住まいにふさわしい。


 アルヤ王国における王は絶対不可侵の存在だ。神の子孫であり、神の化身だ。そして、この国をあまねく照らす太陽だ。夏には苛烈な熱で人々を罰し冬には朗らかな日差しで人々を和ませる太陽そのものだ。


 アルヤでは蒼い太陽が昇り天を蒼く染める。蒼い太陽と王とは同一の存在なのである。


 そんな王の眷属たちがまつられている神殿の本宮こそ蒼宮殿だ。アルヤ人にとってもっとも神聖な建物なのだ。


 皮肉にも、家々の屋根が破壊されていたために遠くまでよく見えた。


 ユングヴィは絶句した。

 蒼宮殿の四本の塔のうち、三つの屋根に無残な穴が開いていた。石片タイルは崩れ、内部に敷かれた色とりどりの絨毯が露出していた。


 自分たちは、蒼宮殿を、守りきれなかった。


 もっと近くで様子を見たかった。ここからでは蒼宮殿周辺の詳細が見えない。


 幸いにも、砲撃はすでに止んでいるようだった。これ以上の破壊がなされる雰囲気ではなかった。


 むしろ、背筋が寒くなるほど、静かだった。


 一人で首を横に振った。


 そんなはずはないだろう。他の将軍たちは戦い続けているはずだ。他の将軍たちは誰一人として王や蒼宮殿や王都を放って逃げ出すような卑怯者ではない――自分とは違って、だ。


 今の自分には、王妃に託された御子を守るという大事な務めがある。ただ逃げ惑っているわけではない。そう、自分に言い聞かせた。


 いずれにせよずっと住宅街の一角でやり過ごしているわけにはいかない。ここは住民たちが自由に出入りできる場所だ。その住民たちがいない以上、敵兵が自由に探索できる。


 敵兵が出入りできないところ、と思って、ユングヴィは唾を飲み込んだ。

 それは、本来蒼宮殿であるべきだ。

 蒼宮殿の近くに行こうと、ユングヴィは決心した。蒼宮殿本体に近づくのは危険そうだが、周辺施設はまだ残っているはずだ。

 残っていなければ、それはすなわちアルヤ王国軍の全滅を意味した。そうなれば自分たちは王都どころかアルヤ王国から出ていかなければなるまい。


 確かめなければならなかった。




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます