第27話 ワードナーのはなし

「あー。ろとちゃん。今日もくっそかわいいわー。犯していい? 犯していい?」

「言っておくが。そんなエモーションはないからな」

「テラ犯す!!」

「口で言うだけかよ」


 かちかち。こちこち。マウスの音が大六畳間に響きわたる。

 弁当を食べに来たワードナーが、〝食休み〟と称して、そのままネトゲに参加。なんでか3人で、オーバーキル気味に狩りをやっている。


 大六畳間には、ゲスト用のノートパソコンが、いつのまにか二台ほど常備されている。


 ゲスト用PCのうちの一台は、俺の元の部屋から持ってきた物。

 あちらは契約解除したので、そろそろ荷物をすべて処分しに行かねばならない。

 この大六畳間に運びこむと手狭になってしまうから、あらかた捨てることになるだろうが……。さてどうしたものか。


「あー!! ろとちゃんの肉の壁に突っこみたい!! テラ犯す!!」

「うっせえ」


 下品なことを口走る痴女の脚に、コタツの中でリアル攻撃を行う。

 まあたしかに、ゲーム内の、ろとのキャラは、物理無双で――肉壁といえば肉壁だが。


 そんなことをやっていたら、プレイのほうがおろそかになってしまった。

 ラストダンジョンの中層を、前衛、中衛、後衛、の3人だけで攻略するのは、不可能とはいわないものの、ワンミスで命取りとなりかねないマゾゲーだ。


「ちょっとここ、話もできねーから。移動すっぞ。次やったら、転移かけるから」


 その〝次〟というのと戦っている最中に、緊急脱出呪文を詠唱開始。

 倒しきるのと、呪文詠唱が完了して発動するのとは、ほぼ同時。わずかに倒してアイテムが落ちてくるのが先。


 安全地帯まで戻って、緊張を解いて、ほうっと――息を吐く。


「なぁに? トレボーってば、あたしと話がしたいワケ?」


 赤く塗った唇を、にいっと歪めて、髪を払って、ワードナーが言う。


 ろととまったく違って、こいつは、いつも服とメイクの〝完全武装〟を忘れない。〝オンナ〟って感じがする。玄関に転がされている靴も、ハイヒールっていうよりもピンヒールだし。赤いスーツの胸元はがっぱりと開いて、上乳と中乳を見せまくりだし。時代とか流行とか季節とか無関係に激丈のミニスカだが、それがまた似合っていたりもするし。


 なんの仕事をしているのか(美容部員と言っていたが、このあいだ聞いたら保険の外交になっていた)、年齢も幾つなのか(18歳と言っていたが、あれは永遠の18歳という意味だ)、まるでわからない。


 ゲームの中で友人だったのでなければ、きっと、一生縁がない人間なのではあるまいか。


「なーにー、リーダーってば? あたしの顔、じいっと見て? ――惚れた?」

「アホいえ」


 ほんと、アホなことを言うワードナーに、そう返す。

 えっひゃっひゃ、と、彼女は笑う。


「俺っつーよりも……、ろとなんだが」


 俺はこたつの隣の面に座る――ろとに、目を向けた。


「そうなの! そうなの! ワードナーとお話したいのー!」


 ろとが握った手を上げ下げして、しきりに訴えかける。


「おまえ。いつもウチくると、食ってるか寝てるかゲームしてるか、ひり出しているかの、どれかだろ」

「駅のトイレ汚いのよー。コンビニのトイレって混んでるのよー」


 俺は顔をしかめた。

 ごく普通にナチュラルに切り替えされた。


「聞いてねえし。スルーしろよ」

「スルーしてほしけりゃ、こっそり毒盛りつけんな」


 ワードナーはロトのほうに顔を向け――。


「いいわよー。ろとちゃーん。お姉さんといっぱいお話しましょうー」


 そして、ろとに、がばっと抱きつきに行った。


「あ。そうだ。トレボー。お布団敷いてくれる? ろとちゃーん。お布団のなかで、い~っぱい、お話しましょうね~?」


 俺が、家の中でいちばん分厚い「辞書」に手を伸ばすと――。


「ああ。うそうそ。冗談冗談。――やだもー? 冗談だってわかるでしょー? 一般常識的に考えてみてもー?」


「本気かどうか判断つかねーんだよ。その一般常識がおまえには通用しねーんだよ」


「あら。あたしは常識あるのよー? TPOをわきまえて、大人として振る舞うべきときには、しっかりできるのよー。なにしろぉー、お、と、な、ですからーっ」


 髪を払って、にっこりと微笑む。

 痴女とは思えない、落ち着いた人格者の顔が、一瞬だけ、浮かぶ。


「で。ろとちゃん。なにを聞きたいの?」

「んっとね。んっとね。えっとね」


「質問、そのいち。――おまえとゾーマって、どういう関係?」

「なんであんたが聞いてくるのよ」


「し、し、しつもーん! しょのにー! どうすればそんなふうに、きれーになれますかー!?」

「それはいい質問ねー。ろとちゃーん。あとでじーっくり、おしえてあげるからねー」


 そういえばワードナーの仕事のひとつに、美容部員ってのがあったっけ。

 たしか、化粧品の実演販売をするお姉さんだ。


「トレボー。あんたの質問。ろとちゃんと関係ないでしょ。ろとちゃんをだしにして、あんた、自分が聞きたいことを、言ってるだけでしょ」

「いいだろ。まえから気になってんだよ」

「それはゾーマが気になるっていう意味? あたしが気になるっていう意味?」

「言った通りの意味だ。二人の関係が気になるっていう意味だ。……なんだよ? ゾーマが気になるって?」


 まあ、ゾーマもゾーマで、正体不明で――。気になるっていえば、気になるわけだが。なんか、前に一度、ワードナーが「役員」とか言っているのが聞こえてきたことがあるが……。役員って、会社役員のこと? エラい役職?


「ゾーマは……、あいつ、そっちの気って……。あったっけかなー?」


「いや。それは聞いてない」


 おいおいおい。いったいなんの話をしている?


 天井を見上げて、むふふー、とか含み笑いをしているワードナーが、俺とゾーマのカップリングを思い浮かべているであろうことは、ヘッドフォンがなくても、〝てれぱしー〟が使えなくても、俺にだってわかった。


「あたしだったら、べつに、相手が男でも女でも挿れるのでも挿れられるのでも、ヘテロで男なんだけど特殊趣味で、あたしが挿れる側とかだったりしても、ぜんぜん、オッケーだから」

「聞いてない。ますます聞いてない」


 変態性の話題へと、ずんずん突き進んでいく。


「ふたりのなれそめはー?」


 ――と、ここで、ろとが援護射撃。

 ワードナーは、長い睫毛まつげをぱちくりとさせて、考えはじめる。


 ないす。ろと。


「馴れ初め? えーっとぉ……。そーんな、ドラマチックなもんじゃないのよー? 気づいてたら、つるんでいたっつーか、いわゆる、世間一般的に言うところの〝幼馴染み〟とかいうカンケイ?」


 彼女は、そこで、うつむき加減になって、顔を赤らめた。


「なんか……、普通すぎて恥ずかしいんだけど」


 恥ずかしいのか。

 ワードナーの羞恥ポイントは、正直、まったく、わからんわー。


 あと、ワードナーの恥じらう表情とか、はじめてみたわー。

 下ネタ全開で、えっひゃっひゃっとか、豪快にオヤジ笑いをするところしか、見たことなかったわー。


 いちおう〝恥〟という概念は持っているわけだな。ちょっと常人と恥じらいポイントがズレているというだけで。


「もうっ、ゾーマのことは、もういいでしょおぉー。……ほかになにか、ききたいことないの?」


 赤毛をくるくると指先に巻き取りながら、ワードナーは言う。


 おもろい。もっときいてやろ。


「幼なじみってわりには、歳が離れすぎてるように思うんだけど」


 女の年齢はわかりにくいとはいえ、ゾーマとワードナーが、同い年ってことはないだろう。


「そういえば、昔は……、〝お兄ちゃん〟って、呼んでたときもあったわねぇ」

「お兄ちゃん――!?」


 愕然となった俺は――つい、大声を張りあげてしまっていた。


「なによ変な声あげて? ……近所に住んでたわけよ。だいぶ年上なんだから、そりゃ、言うでしょ。――お兄ちゃん、って」

「い、いえ――べ、べつに、おかしくはないと思います。ど、どうぞ。先をお続けになってください」

「なんで敬語?」


 そう言われる。

 ショックのあまり、俺は敬語になってしまっていた。


「中学生にあがって、高校受験の時かな? そうよね。受験だったんだから中学のはずよね。おに……ゾーマに、家庭教師やってもらってたわけよ」

「家庭教師?」

「あいつ、頭はいいのよー? 東大出てんだから」

「と、東大っ!?」


「ええと。東京工業大学のことでしょうか?」

「また敬語。……ちがうわよ」

「ええと。では東洋大?」

「ちがうってば」


「くいず? くいずー?」


「わかった。東海大学ですね?」

「あのね」

「そうか! 東大阪大だっ!」


「……だからね。六大学の東大だっつーの。日本の最高学府の東大だっつーの」

「本当に東大だったーっ!!」


「なにをそんなに驚いてんのよ?」

「いえ……。東大出の人とか、リアルではじめて見ましたので」

「東大ぐらい、あたしも出たわよ? ああ出てないか。途中で辞めてハーバードに入り直したから」

「えええええーっ!?」

「あはは。うーそ。トレボーのその顔、おもしろーい。敬語も面白いから、もっとやって、もっとー」


「ちっ。なんだ。うそかよ。ざけんな」

「あー、戻っちゃったー」


 ワードナーは、面白そうに、にまにまと笑っている。

 遊ばれた。遊ばれた。遊ばれた。


「ゾーマが東大ってのはホント。けど学歴なんてどーでもいいでしょーが。起業家に学歴なんて関係ある? ないわよね」


 ないんだ。てゆうか。会社役員とかじゃなくて、起業家とかだったんだ。ゾーマは。

 そんな人間が、なんで鍋奉行をやってんだ。いや鍋奉行はこのさい関係ないか。


「そんな人間が、なんで鍋奉行やってんだ、ってカオね?」

「――!?」


 ずばり考えを言いあてられて、俺は絶句した。


「あんたは次に――考えを読むな! と、そう言う」

「考えを読むな――って! 言ってない! 言ってない! いまのはノーカン! ノーカウント!」


「あははははは! あははは! ハッハー!」


 ワードナーは腹を抱えて笑っている。

 遊ばれた。遊ばれた。遊ばれた。――遊ばれたーっ!


 ゲラゲラと笑いながら、ワードナーはガラケーを取り出した。

 どこかに電話する。


「――ああ。ゾーマ? なんかおもしろいから。あんた。来なさい。――え? 今日は無理? なにいってんのよ。3秒できなさい! ……ほんとにムリ? じゃあ夜! 夜には来なさいよね!」


 電話が切られる。

 いつものように問答無用の口ぶり。

 そしてゾーマは来ることになった。幼なじみで、中学生と大学生ぐらいに年が離れているのに、どうしてこうも、頭が上がらないのだろうか?


「……ふふん。夕飯は鍋かしら。肉がかしら。――やっぱ肉よね。肉」


「おにくー!」


 ろとが喜ぶ。

 さっきから話には、全然ついていけていないが、こういうところだけは、きちんと聞いていて、反応する。


「そうそう。さっきの話の続きだったっけ。なんで頭あがんないのあいつ? ――って、あんた、いまそう思っていたでしょ?」

「読むな」


「おに……、うおっほん! ――ゾーマはね。中学生のあたしを、家庭教師していて、そんで――色々とあったわけよ。んで、あいつは、あたしに一生頭があがんないワケ。……わかった?」


 おい! いまなんか端折はしょったぞ!

 大事なとこ! ごっそりと省略したぞ!!


 色々と、どんなことがあって――一生頭があがんなくなってしまったのか!?

 3秒で来いと呼び出されて、頭があがんなくなるような、いったい! どんなことがあったのかー!?


「夜にはゾーマ来るんだから。聞いてみなさいって――。


 そしてワードナーは、ウィンクをひとつ。


「今夜は焼き肉よー♪」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます