第20話 もうすぐお正月

「~~♪」


 クリスマスも終わってしばらくした、いつもの昼下がり。

 突然、ろとのやつが、歌いはじめた。


 誰でも知ってるような童謡だ。お正月がもうすぐで、楽しみで、正月にはなにをして遊ぼうか、そんな歌詞の歌だ。


 その綺麗な歌声に、俺が耳を傾けていると――。

 歌声が、ぴたりとやんだ。


 聴いていたのがいかんかったのかな、と、一瞬思ったのだが――。


「……ねー、とれぼー。このあとって、なーにー?」

「しらんのか」


 俺は言った。知らんのに、歌っていたのか。


「……お正月、じゃなかったっけ?」

「そっかー。とれぼーすごいねー。なんでも知ってるねー」


 ろとはそう言って笑顔を見せ、つづきを歌いはじめる。


「~~♪♪ ~~♪♪」


 ろとは調子よく歌っていた。――だがすぐに、また止まってしまう。

 だから知らない歌、歌うなってーの。


「つぎはー?」


 俺はその頃には、ネットで検索して、歌詞の続きを出してやっていた。


 ノートパソコンをくるりとひっくり返して、ろとに見せてやる。


 ろとがまた歌いはじめた。

 俺は指先でリズムを打って、その歌を聞いていた。こいつカラオケとかやらせたら、けっこう、うまいんじゃないのか? まあやらんのだろうけど。


「……ねー、とれぼー」

「なんだー?」


 こんどはなんなんだ。

 歌詞はぜんぶあるから、もう迷うこともないはずだが。


「……ねー、タコってなーにー?」

「ん?」

「うたのなかにあるよー。タコあげるんだってー」

「それがどうかしたか?」

「どうやって、タコさん、あげるのー?」

「あー……」


 俺はろとのやつが、なにをどう誤解しているのか、すべてわかってしまった。


 ろと歴数年は伊達ではない。伊達ではないのだよ。


「おまえ……、タコしらんのか?」

「しってるよー。おいしいよー」


 うむ。ろとであれば、そうだろう。

 だがそれは不正解だ。


「いや。そのタコじゃなくて、タコなんだ」

「だからタコだよね?」


 うーむ……。


 どうやって説明しよう。


 俺は、ろとのほうに向けていたノートパソコンをくるっと回すと、たかたかたかーっとキーを打って、Google先生にたずねた結果を画面にだした。

 画像のほうが、わかりやすくて、いいだろう。


「これが。タコだ」

「これタコなの? ……アレはタコじゃないの?」

「あれもタコだが。これもタコだ」

「なんでタコっていうの?」

「えーっと……、それはぁ……」


 またGoogle先生にたずねる。


「へー。関西地方じゃ〝イカ〟って言われることもあんのかー。昔は〝イカ〟って呼ばれてたのかー。ほーへーはー。んで? なになに? あがったときの姿が、イカに見えることから、そう呼ばれているという説がある? ふむふむ。そうだったのかー」

「とれぼー。それ。〝通説〟ってあるよー。ほんとじゃないかもしれないよー」

「おー。そうだな。そう書いてあるなー。よく見つけたなー。じゃあ話半分で聞いとこうなー」


 ろとの頭を、なでくり、なでくり。

 ろとはニコニコしながら、また口を開いた。


「ねー。とれぼー。……コマってのは、なーにー?」

「コマはだなー」


 それも歌詞のなかにあったものだ。俺は答えるかわりに、こたつから立ちあがった。


「ん? おでかけ? おでかけ? おでかけ、するのー?」

「いつものショッピング・モールだが。――行くか?」

「とれぼーと一緒なら、いくー!」


 いつものショッピング・モールに、たしか、駄菓子屋があった。

 そこにタコもコマも実物があるはずだ。

 あと年末の買いだめもしておかなくちゃならないし。


 しかし……。

 タコはともかく、コマはなー。

 いまでも回せっかなー?


 子供の頃、ジッちゃんとバアちゃんのとこで、やった覚えがあるような、ないような……。


 でもきっと、コマを「ぎゅいいん」と回せたら、ろとのやつが、すんごい尊敬する目で、俺のことを見てくるに違いない。「すごいすごい」を連発するに違いない。


 よし!! 「さすがだよとれぼー」。略して「さすトレ」のために、ひとつ、頑張ることにすっかー。


    ◇


 本日の出費。

 タコ。1180円。

 タコ糸。380円。

 コマ。500円。

 コマの糸。180円。

 ベイブレード。1980円。(回せなかったので、買った)

 その他。年末年始の買い出し。13527円。


 現在の俺たちの、財産残り――。

 3億9970万4582円――。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます