第19話 おふろ

「おい。ろと。ふろ、はいれー」


 かちこちかちこち。

 こたつでマウスを握りしめて、一人で単純作業を延々とやっている、ろとに――俺は言った。


 風呂が溜まって、しばらく経つ。

 冷めてしまうから、ろとにそう言った。


「うーん……」


 あー、これは聞いてねえなー。

 返ってきた生返事に、俺はそう判断した。

 俺はそのままテレビを観ていた。ミカンをちょうど一個食べおわったあたりで、マウスのカチコチ音が一段落した|(たぶん刈った羊毛を倉庫にしまいに行った)ところで、もういっぺん、声をかける。


「おーい。ろとー。ふろはいれー」


「うーん……、とれぼー、いっしょに、はいろー」

「おお」


 こんどはちゃんと返事が返ってきた。

 俺は安心して、テレビに――。


「――って!? おい!? なんだその〝いっしょにはいる〟って選択肢は!」


「選択肢、って、なぁに?」


 ろとは、きょとんと首を傾げている。ヘッドフォンをずらして、こちらを見やる。


 ああ。さっきの生返事は、ヘッドフォンしてたからか。

 こちらも顔を向けずに話していたから、気づかなかった。


「いや選択肢などない。断じてない。ないったらない。風呂ぐらい一人ではいれ。これまでだって一人ではいれていただろう?」


 ろとは、ほっとくとすぐに風呂をサボろうとする。俺が毎日、きちんと監視して、きちんと言ってやらなければならない。


「一人ではいるとー、洗うのが大変なのー」

「大変かもしれないが。そこは頑張ってくれ」

「とれぼーは、……ぼくのこと、洗いたくない?」

「いや洗いたいか洗いたくないかは、この場合の問題の本質ではなく、洗うか洗わないかという選択肢の問題でもなく。とにかくだめだ。そこまでは介護できん。自分で洗ってくれ」

「とれぼーのー、けちぃ」


「いやケチとかそういうのとは話が違うだろ。おまえ、なんだか重要な論点、すっぽりと落っことしてるみたいだが、俺にはそこが肝心かつ重要なの」


 ろとと一緒に風呂にはいるって……。つまりハダカを見るってことだぞ?

 ちゃんと! そこ! わかって言ってんのッ!?


「じゃあ、はいるのやめるー」


「おい。話、ちゃんと聞いてんのか? 風呂、はいれ」


「やだー」


「はいれったら、はいれ!」


「やだったら、やだー」


「はいらないと! 風呂抜きにするぞ!」


「いいよー」


「ちがった。それじゃご褒美だな」


「とれぼーが洗ってくれたら、ぼく、はいるよー」


「洗わん」


「手の一本だけでいいよー」


「足の一本だって洗わん」


「じゃあ。左側ぼく自分で洗うから、右側、とれぼーがやってー。はんぶんこー」


「はんぶんこしない」


「じゃあ。上洗うから、下洗ってー。はんぶんこー」


「そういうはんぶんこは、もっとヤバイ」


「じゃあ……。髪洗って。髪。そこがいちばん大変なのー」


「髪……か?」


 ろとの髪を、じっと見やる。たしかに洗うのは男に比べて大変そうだ。乾かすのも大変かもしれない。

 ドライヤーなんて〝オサレ〟なものが、ろとの部屋にあるはずはない。

 俺も気にかけてなかったから、当然、買ってない。こんど買うかな? あれは必要なものかな?


「髪だけ! 髪だけ! 髪だけ洗って!」


 そこを突破口だと思ったのか、ろとは、手をぎゅっと握りしめて、おねだりとだだを繰り返す。


「そしたらぼく、我慢してお風呂はいるからー」

「我慢なのか」


「いやー。しかしなー。一緒にはいる、っていうのはなー。やはりなー」


 どうしよう。この選択肢。


 ろとと一緒にお風呂に入りますか? [はい/いいえ]


「とれぼー、はずかしいなら、服着てていいから」


 おいちょっと待て。俺

 が恥ずかしいことになってんのか。

 てゆうか。おまえ。恥ずかしくないんか。


「とれぼー、ダダこねちゃだめー。ワガママきんしー」


 だからちょっと待て。

 俺がだだをこねて、わがまま言ってることになってるのか。


 しかし、どうやって一緒に風呂にはいれば……。


「あー。そっか」


 俺は、ぽんと手のひらを打ち合わせた。


 簡単なことだった。

 人間は危機に際して、普段眠らせている能力を解放するという。俺の灰色の脳細胞も、この〝危機〟に際して、フル回転したようだ。

 名案が浮かんだ。


    ◇


「あー、そこです。そこー。そこー。キモチイイのー。カユイところなのー」

「ここか? ここか?


 わっしゃわっしゃ。シャンプーを泡立てる。


 俺はろとの頭を洗ってやっていた。

 解決策は――こうだった。


 ろとのやつは、一人で風呂に入らせた。

 そして頭を洗う段になったら、俺が服を着たまま乱入。腕まくりした状態で、わっしゃわっしゃと頭を洗ってやるのだ。

 ろとは、ほっとくと〝はだかんぼ〟で湯船から出てきてしまうから、タオルくらいを巻かさせた。

 つるん、ぺたん、すってんと、幼児体型のろとなので、それで充分、危険度は下がった。もしこれがワードナーあたりであれば、タオルを巻いたくらいで危険度が下がるどころか、むしろチラリズムの原理によって爆上げしているところだった。あぶないあぶない。


「ねー。こんどのときもー、洗ってくれるー?」


 目を閉じた、ろとは、上機嫌でハミングなんかをしている。

 俺もそのハミングに合わせながら、返事を返す。


「あー。いいぞー」

「やったー♪」


 ワンコを洗ってやるときに、飼い主は、なにも素っ裸になる必要はないのだ。

 俺って……。あったまいー。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます