第16話 ろと、という子

「なー。ろと」

「なーにー?」


 二人でノートパソコンの画面に向かいながら、マウスをかちこちやっている。

 朝飯は食ったし。昼飯まではもう少しあるし。

 手近なダンジョンの最深部あたりに直行して、二人狩りをやっていた。


 あいつが物理で殴り専門。こっちの主な仕事は回復。SPに余裕があったら、DPSを上げるために、攻撃魔法をぶっ放したりもする。

 もちろん本職の魔法使い《ウィザード》には、威力の面でも、コストの面でもかなわない。


 俺も、ろとも、ゲームの操作は、ほとんど脊髄で行えるレベルになっているから、プレイ自体には、まったく頭は使用しない。


 よって、会話の内容は、もっぱら日常的な話題となる。

 やってるゲームの内容と、ぜんぜん無関係なことを話すことがある。


「なーにー?」


 ろとが再び聞いてくる。

 ああ、いまちょっと――操作をわずかにミスって、致命的に立て込んじゃっていて、そのリカバリーに必死で、会話に裂くリソースが揮発していた。

 物理無双のろとのやつは、殴って殴って、ただ殴っていればいいけど。フォロー役のこっちは大変なんだぞ、と。


 よし片付いた。

 ええと? なんだっけ? なんの話をしようとしていたんだっけ?


「ああそうだ。思いだした」


 ――と口にしたとたん、またアクシデントが起こった。

 しばらく忙しくなる。


「なーにー?」


 数分もして、ようやく片付いた頃になって、ろとがまた言う。


 あー! あー! あー!

 俺はまた思いだした。すっかり忘れていたことを、また、思いだした。

 ろと。すげーなー。よく覚えているなー。


 こんどは話を忘れてしまわないように、MOBのいない安全地帯に移動して、そこで話す。


「おまえってさー」

「うん」

「四億円あてる前――。俺とこうやって暮らしはじめる前って、どうやって生きてたんだ?」


 素朴な疑問だった。


 一緒に暮らしはじめて感じた、ろとの頼りなさは、予想以上だった。

 引きニートなのは知っていた。生活力皆無なことも知っていた。主食がコンビニ弁当であろうことも想定内だ。

 しかし、


「ガッコ行ってたよ。一五歳のときまで」

「へー。高校か? 何年前だ?」

「けっこう前だよー」


 なるほど。ろとは高校中退組なわけか。


「ああ。なるほど。この部屋って、その学校が近いわけか。――んで? んで?」

「ガッコやめたよー」

「まあ無理だろうな」


 俺はうなずいた。ろとにまともなJKが務まるとは思えない。


「あとこれが最大の疑問なわけだが……」


 俺は核心に踏みこんでゆくことにした。

 ろとと暮らしはじめて、もう数週間。たった数週間であるが、これからもずっと暮らしてゆくのだろうと、確信もある。

 だからそろそろ、プライベートなことも、聞いてもいいんじゃないかと思った。


「おまえ、どうやって暮らしていたん?」

「このお部屋で暮らしてたよー?」

「ああ。そういう意味じゃなくてだな……。4億円あてる前は、カネとか、どうしてたんだ?」


 バイトをしていたようには思えない。たぶん、どんな仕事も務まらない。


「えっとね……? 賞金?」

「賞金? なんの?」

「んっとね……? なんか? 問題? それの答えを募集していたからー。それハガキに書いて送ったのー。ぼく。答えがすぐわかったから」

「ハガキ? 問題? なんだそれ? この文章のなかの○○に当てはまる言葉を書いて出す、とかいうやつ?」

「うん? そうなのかなー? 言葉じゃなくて数式だったよー」


 ろとの言っているのは、たぶん、アレだ。きっとアレだ。

 誰にでもわかるような簡単な「○○」を埋めさせて、ハガキに書いて送るあれだ。

 その○○の部分には商品名や企業名を書かせるわけだ。ヒントも探すと同じ場所に書いてあったりする。


 たとえば、こんなのだ――。


    Q.皆が笑顔になるWINWIN小説は、「異世界○○○○繁盛記」。

      「○○○○」の4文字をお答えください!


 ――とかいうアレだな。

 クイズの体裁を取っているだけの懸賞だ。


「おまえ。じゃあやっぱり、くじで当てたのか」


 4億円当てたのに、その前にも、なにか当てていたとは――。なんという運。

 なるほど。懸賞金が手許にあったので、

 まあ、表に出るのが苦手な、ろとはいえ――。歩いて数分のコンビニくらいまでは行ってこれるわけで。

 お金さえあれば、なんとか一人暮らしをできるわけか。


「クジじゃないよー。六時間ぐらい、考えたよー」

「わはは。あんなの探せばどっかに答えが書いてあるだろ。なに六時間もかかってんだよー」

「そうなの? ぼく自分で考えちゃったー」


「賞金――いくらだったんだ?」

「えっとね――」


 ろとが答える前に、俺は手を振って、質問を打ち消していた。


「――ああいいや、いいや。べつに聞いたって意味なし。どうせもう使い切っちゃったんだろ」


 15歳当時から、何年経ったのかわからない。

 ろとの年齢が二十歳そこそこだとして、少なくとも5年や6年になるのだろう。懸賞金なんて、どうせたいした額でないのだろうし、そんなに残っているはずもない。

 だがまあ、いまは4億円があるわけで……。そっちがあるから、問題ない。


「まだすこし残ってるよー。最後に半分使って、Lotoくじ買ったんだよー」


 なるほど。最後に一勝負に出て、まとめ買いをして、それで当てたわけか。


 だとすると、ろとの言う――「4億円で年末ジャンボを買う」という案も、あながち悪い案では――。

 いやいやいや! ないない!

 だいたい年末ジャンボはもう買えない。発売期間は終わってしまった! ああよかった! ああセーフだ! ほうら! 買わなくて正解! 買えなくて大正解!


「あ。でもね。ぼくね。ぜんぶ答えたわけじゃないの。だから賞金。ぜんぶ貰えてないの。ぼくが解いたのって、〝答えは一つはあります〟ってことだけで、解がいくつあるかまでは、書かなかったの。だからその〝なんとか予想〟っていうの、まだ賞金残ってるんだよー」


 ろとはなんか言ってる。

 いつものことだが、だいたいにおいて意味不明。

 しかし懸賞名も覚えていないとは……。

 くっそかわいいなっ! ろと!


「ぼくが。解が一個はあることを証明したからー。いま世界中のみんなで、突撃中ー」


 なにに突撃しているやら、さっぱり、わからん。

 ろとの話は、いつものごとく支離滅裂だ。

 くっそかわいいということだけはわかる。


「みんなから、大学きなさいって、言われたんだけどー。ぼく、表に出るの苦手だから、断っちゃったー」


 ん? 高校きなさいじゃないのか? 中退したのは高校だろう。

 ああ。大検でも取って大学行けという話か。


「ぼく。大学……、行ったほうがいいのかな? とれぼー、どう思う?」


 ろとのやつに、そう聞かれた。


「うーん?」


 俺は返事に困った。

 一般的に大学というものは、就職するために行くものだと、相場が決まっている。

 ごくまれに、非常に例外的に、学問とかをやりたくて通うやつもいるみたいだが……。そういうやつらは、卒業しないで、「院」とかに進むらしい。


 ろとの場合は、大検を取って、大学に行くって話になるのか?

 でも「就職」のために学校に行く必要は、俺たちには、もうないわけで……。


「おまえ? 勉強、したいのか?」

「うーん……? べつに」


 ろとは小首を傾げる。腕組みをする。

 俺とおなじポーズを取っているのだと気づいて――くっそかわいいなぁ、もう。


「ぼく。言ったんだー。賞金がほしかったから問題といたんで、べつに〝算数〟は興味ないってー。でも誘われるのー」

「じゃあ、べつに、やらなくていいんじゃないか?」


 算数かっ! そこ数学っていわないんだ!


「そだねー。それに学校に行ったらー。とれぼーといる時間が減っちゃうもんねー」


 ろとはそんなことを言った。


 思わぬ不意打ちに、俺はちょっと困った。

 ノートパソコンに顔を伏せて、向こうからは見えないようにさせて――。


「ほれ。狩りの続き。するぞっ」

「うん!」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます