第15話 じんぐるべー

 世間は年の瀬。

 てゆうか。その直前のクリスマスで大騒ぎ。


 俺と、ろとは、地元商店街に買い物に出ていた。

 年末年始に買いこまなくても、コンビニは大晦日だろうが元旦だろうが営業しているし、スーパーだって営業時間が若干変わる程度で、いつでもやってる。


 年末がくるからといって、食料品も日用品も、買いこむ必要は、まったくないわけだが……。

 まあ、なんとなく、気分であった。

 あと、ここしばらく、ワードナーとかゾーマとかが、しょっちゅうやってきて、食い散らかしていって、蓄えが尽きた。ひさしぶりの買い出しだ。来年まで外に出なくてもいいくらい、宅配サービスを使うぐらい、買いこむ予定だ。


「じんぐるべー♪ じんぐるべー♪ くりすまーす♪」


 俺と繋いだ手をぶんぶんと振り回して、ろとが歌う。

 歌っているのは、「作詞・作曲:ろと」の「クリスマスのうた」。


 ろとがご機嫌で歌っているので、俺はそれに口笛で伴奏をつけてやっている。


 道行く人が、時折、振り返ってきたりする。

 ろとのやつは、ぜんぜん気がついていない。俺は気がついているが、気づかないふり。

 振り返ってきた人たちが、にらんでいるのか、笑っているのか、そこまでは見ていない。べつに迷惑を掛けているわけではない。どちらでもよかった。


「あ!! 鶏しゃん!!」

「ああ。トリさんだな」


 ろとが指差すので、俺はうなずいてやった。

 うむ。その通り。あれはトリさんだ。


 手を引く。ろとを引っぱってゆく。


「あ!! サンタしゃん!!」

「うん。サンタさんだな。見事なミニスカだな」


 俺はまたうなずいた。JKかJDあたりの女の子が、サンタのコスプレで、この寒空の下、頑張っている。寒そー。若い子元気だわー。


「おねーしゃんに!! なんかもらったー!!」


 ろとが捕まって、なんかチラシを受け取っている。

 どうでもいいが。ろと。おまえのほうが年上だと思うぞ。〝おねーしゃん〟じゃないと思うぞ。


「お水! タダなんだってー!」

「それはお水がタダなのではなくて、ウオーターサーバーのレンタル料だけがタダなんだな。お水のほうは、クッソ高いんだぞ。お水は蛇口をひねれば出てくるよな。じゃあ、わざわざ買わなくてもいいな」


 俺はそう言って、ろとを諭した。


「うん。そうだね!」


 ろとは、すぐにわかってくれた。

 その頭を、なでくりなでくり。


 ろとの髪は、ふっわふっわで、撫で心地がいい。手入れなんて、なんにもやっていないはずだが、それが逆に功を奏して、痛んでいないそうである。――というのは、美容部員を仕事にしているワードナーの弁。


「あっ!! ケーキしゃん!!」


 ろとは、またもや――立ち止まった。


 俺が「ああそうだな。ケーキだな」と同意を示してやって、手を引いてやっても、こんどは動かない。


「うー……、ううー……、とれぼー……、ケーキぃ……」


 ろとは俺の引っぱる手に抵抗している。体がすっかり斜めになってしまっている。


「ふう……」


 俺は、息を吐き出した。


「あのな。ろと。……いつも言ってるだろ。欲しい物があったら、ちゃんと言葉にだして言えって」

「でも、島とか船はだめだって」

「島とか船は、そりゃ、だめだろ」


「俺は幸せになるために倹約してんの。島とか船は、買ってもたぶん幸せにならないし、おまえのためにもならない。そう思うから、だめだって言うんだ」


「じゃあ……、ケーキは?」

「いつもみたいにプレゼンしてみな。ケーキがあると、どう幸せに繋がるのか」


 俺は最近、この方法によって、ろとを教育中だった。

 ろとのやつが、なにか欲しいと言いだしたら、「それがいかに必要であるのか」を自分でプレゼンさせる。

 ちゃんと筋道だって説明することができれば採用。そうでなければ不採用。

 必要なものとそうでないもの。ほしいものといるもの。――その区別を、ろとが自分で付けられるようになるといいのだが。


「あのねあのね! ケーキがあるとね! クリスマスな感じなってね! ごちそーいっぱいでね! とれぼーとふたりで、しあわせになれるの!」


 ろとは頑張ってプレゼンする。

 両手も使って体中で表現する。

 だが俺は、まだイエスとは言わない。


「どう、しあわせなのか、そこが足りないな」


 冷静にダメ出し。


「みんな! ――みんなやってるの! ごちそーいっぱいなの! みんなとおんなじなの!」

「みんなと同じが、しあわせとは限らないぞ」


 論理的矛盾点を、ただ本人に投げ返す。問答の壁役に徹する。


「ぼく……。ぼく……。ずっとひとりだったから……。クリスマスがきても、お祝いとかできなくて、ひとりだと、クリスマス、やっちゃいけないんだよ? しってた? ……でも、こんどのクリスマスは、とれぼーと一緒だから、できるんだよ? ……だからこれは、必要なものなの!」


 ろとは目を閉じて大声でプレゼン。自分の中で確信に至ったもよう。


「ごちそういっぱいか……。じゃあ、ほかにもごちそうがいるな。トリしゃんとか。シャンパンしゃんとか」

「え……? いいのっ?」


 頭を撫でられている、ろとは、涙をはらんだ目で、俺を見上げる。


「いいもなにも。必要なんだろ?」


 俺の目的は、ろとにいじわるをすることではなくて、ろとが自分で答えを見つけること。

 まあ……。たしかに……。なんだ……。説得力はあったな。ほろりときたな。


 そういや、ワードナーとゾーマのやつ。「クリスマスは行かないから。ろとちゃんと二人でしっぽりおやんなさい」とか言ってたわけだが。

 ぜってーやるか、とか思っていたのだが。

 言う通りになってしまった。


 まあ……。いいか。

 クリスマスくらい。


 俺はろとと手を繋いで、クリスマスの「素敵なものいっぱい」を買いに行った。


    ◇


 本日の出費。

 食料日用品その他。15,732円。(2週間分買い込み)。

 トリしゃん。780円×2。

 ケーキしゃん。4号。1550円。

 お酒しゃん(スパークリングワイン)。1180円。

 クラッカー。2個108円。

 ミニスカサンタしゃんセクシーコスプレ衣装。7980円。

 クリスマス特別費用合計。12,378円

 総計。28,110円。


 現在の俺たちの、財産残り――。

 3億9972万3049円

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます