第14話 奈落

「ぼくにまかせて!」

 巨大な敵を前に、〝勇者〟が立ち塞がる。

 その者――。蒼き鎧をまといて、常に人々の前に立つ者なり――。


 勇者は一日一回の使用権を消費して、防御力を最大限に高めるスキルを発揮した。このスキルは同時に敵のヘイトを一心に集める。


 案の定――。

 どっかん、と、天変地異みたいな攻撃が振ってきた。


「きゅう」


 勇者死亡。


 ――が。


「リザレクト!」


 HP満タンで復活。

 邪神官――ではなくて、笑う怪物、聖者ゾーマの極限回復魔法である。対象が死んでいようが生きていようが数字の桁が何桁あろうが、HPを必ず満タンにするいう極大呪文。

 詠唱に非常に時間のかかるこの呪文を、ゾーマは先がけしていた。

 数十秒前から勇者の死を予見して詠唱を開始。そして詠唱完了。効果発動の瞬間は、敵の攻撃の直後となった。勇者が死んでいた時間は、数秒に満たない。


「ワードナー! まだか!」


 俺は後方で魔方陣を展開している美女に声を放った。


 爆炎の魔女。赤い悪魔。濡れる両刀使い。――数々の異名を持つ彼女は、我がパーティの唯一の攻撃手段だった。彼女の極大呪文の詠唱こそが、唯一、敵にダメージを与えうる。

 勇者も、ちまちま攻撃を繰り返しているが――。中ボス程度なら一撃のその威力さえ、このラストダンジョン奈落503参階層の階層主には、毛ほどのダメージしか与えない。


「まだまだー! ぜんぜんかかるわよー! 踏ん張りなさい! ロト! トレボー!」


 美女はニヤリと剛胆に笑った。苦境になればなるほど楽しそうになるのが、この女だ。


「来ますぞ! グラウンドスラムですぞ!」


 ゾーマが警告する。


 敵が大地をぶっ叩いた。

 範囲ダメージが、俺たち全員を襲った。


「生命の精霊――アトラに申しあげる! 我らに命の輝きを――!!」


 俺の出番。

 森の乙女ドルイドの全体回復魔法だ。

 回復量はゾーマに及ぶべくもないが、全員を一度に回復することができる。

 ゾーマはロトの回復――ていうか〝蘇生〟が仕事。

 ワードナーは主砲。

 ロトは壁役。攻撃を一手に引きつけて、他のものが〝死亡〟しないようにするための役割。

 そして俺は、皆の小ダメージをちまちま回復させたり、移動速度やSP回復速度があがる補助魔法をかけたりと、そうしたサポートが仕事。


「ようし!! ようしようし!! 詠唱95%完了っ!! そろそろぶっ放すわよー! 皆の魔力とHPをすべてちょうだい!」


「おいちょっと待て! 七炎地獄メギドじゃないのかっ!?」


 予定では――。火炎系の大呪文をぶっぱなしつつ、膨大なHPをちまちま削って、持久戦で倒すという攻略法だった。


「うっさい! よこせ! これで倒せなきゃどうやったって倒せないわよ!」


 味方識別されている全員のSPをすべて使い、HPも1を残してすべて捧げることで使用可能な――ゲーム中の究極呪文。

 正式名称はべつにあるのだが、プレイヤーは〝元気玉〟と呼んでいる。


「みんなのゲンキをオラにくれーっ!! えーっひゃっひゃっ!」


 高笑いとともに、ワードナーは、巨大なエネルギー球を真下に落とした。


 ものすごいエフェクト。

 そして敵は……。倒れた。


 俺たちだけが、SP0、HP1の状態で――フィールドに立っていた。


『やったー!! 倒したーよー!!』


 ろとが、エリア中に響く大声をあげる。しかし誰もお祝いを返してこない。


 このエリアにいるのは……。いま、俺たち4人だけ。

 過疎化の激しいこのゲームでは、他人と出会うことが、そろそろレアな出来事になりつつある。


「さあ昼飯にすっかー」


 アイテムの分配はあとでやるとして、俺たちはさくっと移動して、さくっとログアウトした。

 俺のキャラ、森の乙女は、集団移動魔法の使い手だ。

 ダンジョン最奥から街の近くのストーンサークルまで、一発で帰ってこれる。

 日帰りの遠足感覚で、奈落に行き帰りできる。


 コタツの4面のそれぞれで、ノートパソコンが、ぱたりと閉じられる。

 最近のいちばんの違いといえば――。チャットでキーボードを打たなくて済むようになったくらい。

 なにしろ同じ部屋で顔を合わせているものだから、ぜんぶ会話で済んでいる。


「ああもう。湯。わいてるじゃん。沸騰しまくりじゃん」


 戦闘のあいだ、かけておいた鍋が、しゅんしゅんと蒸気を吹いていた。


「なーに? まーたスパゲッティ? 金もってるくせにビンボくさっ」

「人んちに昼飯たかりにきておいて文句を言うな。あと、スパゲッティじゃなくて、パスタだぞ」

「おなじでしょーが。なにスカした言いかたしてんのよ?」

「スパゲッティっていうほうこそ、なんなんだよ? 聞かないぞ?」

「昔はそーゆったのよ!!」

「歳がバレるぞ」

「なんかいった? なんか聞き捨てならないこといった? あたしは18歳だーっ!! 永遠のッ!!」

「ぼくパスタ好きだよー」

「400グラムでよろしいですかなー。茹でるときに塩を入れると、下味がついて、おいしくなるのですぞ。その際には、海塩や天塩といったものが、おすすめですぞー」

「へー」

「あー。ろと。ミートソース出せ。2つ」

「ぼく。だすよー」


 いつもの賑やかな昼食風景。

 穏やかな時間が、ゆっくりと過ぎていった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます