第12話 ゾーマ

「いやー。やっぱ人生、このときのためにあるって感じよねーっ!!」


 んごきゅ。んごきゅ。んごきゅ。

 ぷっはー!!


 美女が喉を動かして、エビス金缶を飲み干す。

 500ミリリットルのロング缶は、いまの一撃で、半分以上、消えたに違いない。


 彼女は缶ビールを1ダースも持ってきていた。酒盛りでもやるつもりか?

 ――と思っていた。酒なんて、俺もろともゾーマもやらないのに。


 その謎が解明された。

 ひとりで全部飲むつもりなのだ。


「ささ。ロト殿。トレボー殿。このあたりがいい煮え加減となっておりますぞ」


 そう言ってくるのは「ゾーマ」。

 笑う怪物。神聖王。聖者の仮面を被った邪神。――などなど。様々な〝二つ名〟を意のままにした、超高レベルプレイヤーである。だが正体は、俺や、ろとの二回り上くらいの年齢の、単なる気のいいオッサンで……。


 いま彼は、コタツの上の鍋を完全に掌握しているところだった。

 いわゆる〝鍋奉行〟というやつだ。

 エプロン姿がひどく似合っている。


 彼、ゾーマは、ビール漬けになっている美女――ワードナーが携帯電話ごしの召還呪文で呼び出された。


 ワードナーと出会ったのは、今日の昼間だった。

 彼女のほうも出勤途中だったらしく、うちにやってきたのは、夜になってからだった。

 ゾーマは「三秒で召還する!」とか言っていたが、それはさすがに無理で、夕方になってからの来訪となった。


 背広とネクタイ姿の、四十がらみの穏やかな笑顔の男性を訪問を受けたときには、ちょっとビビったものだったが……。

 だが話せば、それは長年、弱小ギルドで苦楽をともにした友人同士――。昔のように打ち解けるまで、それほどの時間は必要ではなさそうだ。


「ささ。ロト殿。トレボー殿。いい感じに煮えておりますぞ」


 ゾーマは、ニコニコと、仏の笑顔をうかべて、器を要求。


「ああ。いえ。だいじょうぶですから。そこまでしてくれなくても……」


 相手は、父親――とまではいかなくても、だいぶ年長の人。

 しかも今夜の夕飯は、鍋持参、食材持参、カセットコンロまで持参ときている。


「ぎゃはははは。なに敬語つかってんのよー。おっかしー」


 酔っ払いがビール片手に、ゾーマにしなだれかかって、ぺちぺち、と、頭を叩いている。

 ワードナーから見ても、一回りは年上のはずだが。頭をぺちぺちと遠慮なしに叩いている。

 そんなことをされても、ゾーマの仏の笑顔は変わらない。


 二人は、ずいぶん前から知りあいのようだったが……。どのくらいの仲なのか、まだよくわからない。


「そうですよ。トレボー殿は我らがギルドのリーダーではないですか。遠慮することはありません。これまで通りに話してくださって構わないのですよ」


「いやー……、そう言われてもー」


 たしかにゲームのなかでは、呼び捨てかつ、タメ語で、やっていた。「おいゾーマ。まーた新人いじめてんじゃねえぞ。ビビって帰っちまったろー」「いえおかしいですね。私はなにも威した覚えなんてないのですが」とか、やりあっていた。


 自分とおんなじぐらいの年齢だと思ったさー。喋りかたが、ちょっと独特なだけの……。


 リアルで出会ったゾーマは、リアルの人柄も、ゲームの中とまったく同じだった。

 聖者の笑顔と、丁寧すぎるほどの口調。


 ……まあ、それをいったら、ワードナーのほうもゲームの中と、まったく同じなわけだが……。

 美貌とエロ服装の趣味と、あちこちオープンそうな性格と。


 ほんと。ワードナーとゾーマって、どんな関係なんだろ?

 まさかそういう関係じゃないだろうな?


「ささ。いい煮え加減ですぞ」


 ゾーマは言う。


「いやいや。いいって。いいって。自分でやるって」


 俺はなんとか口調だけは元に戻した。

 だがなにからなにまで、甘えるわけにもいかない。


「トレボー殿。……私はこの世で我慢のならないものが二つあります」


 ゾーマの雰囲気が、ふっと変化した。


「そ……、その二つ……、とは?」


 俺はごくりと固唾を飲んで、そう聞いた。


「煮えすぎてしまった鍋と、他人が仕切る鍋――この二つです」


「ああ! いただきます! はい! よそってください! ほら――ろと! おまえもゾーマによそってもらえー。鍋おいしいぞー。鍋」


「この肉。いい肉よねー。うまいわねー。ゾーマ。でかしたっ」

「お褒めに預かり光栄です」

「ゾーマ。おかわり! ――あー。ろとちゃん。冷蔵庫からビール取ってきてー」

「おまえはすこしは自分で動け。あと、ろとを使うな」

「なに、ろとは俺のもんだから勝手に使うなってェー? ――えっひゃっひゃ!」

「ちがうわ」

「ぼく、できるよー。はい、びーる。……あけていい?」

「やめろ!」

「開けて開けて開けちゃってー!」

「はーい」


 ぷしゅうううう! と噴き出した。泡が泡が泡が!

 美女が泡まみれ。胸元にたっぷりかかって、赤い髪にまでかかっている。


「あははははは! やっべー! ぶっかけられちゃったわー! 白いの!」


 美女はケタケタと笑っている。こいつはオープンエロな人。

 この手のことをいつも口走っていたから、中身は、絶対、オッサンなのだと思ってた。


「あれー?」


 ろとは、ビール缶を手に、ぽかーんとした顔。


「おまえ振ってきたろ!? ビールぜったい振ってきたろ!? いいからはやくフキン持ってこい! ふきん!」


「ああ。いいからいいから気にしないでー」


 とか言って、ワードナーのやつは、ビールまみれになってしまった服を――。

 くるんと頭から脱ぎ去った。


「うわ! なにやってんの! なに脱いでんのおまえ!」


 真っ赤なブラが目に焼き付く。F99は伊達ではなかった。


「えー? べつにゾーマしかいないでしょー」


「俺がいる!」


「あー。そっかー」


 ワードナーは、面倒くさそうに、ぽりぽりと頭をかいた。


「……勃っちゃう?」


「勃つかーっ!!」


 俺は叫んだ。

 こんなふうなノリを、ギルドにいたときにも、よくやっていたような気がする。


「ねー。とれぼー。へんだよー? なに、おこってるのー? たつって、なにがー? ぼくビールやっちゃったの、おこってる?」


「怒ってない怒ってない。わからないならわからなくていい。あと、なんか、服。このオープン痴女になんか服、持ってきてやれ。スウェットあったろ。あと洗濯機すぐに回してやれ」


「うん。わかったー」


 ろとは、とてとてとてと、歩いていった。


「ねえ。――ろとに、洗濯機、回させていいの?」

「そうだったー!」


 ワードナーに言われて、俺は立ち上がった。

 ろとは洗濯機をうまく使えないのだ。台所洗剤をぶち込もうとする。すると泡だらけになってしまう。

 ほんとにこいつ。これまでどうやって生きてきたのやら。


 そして俺が、もうひとつ心配だったのは――。鍋奉行。邪神官ゾーマだった。

 鍋にビールが入っていた。それ以来、ずっと無言だ。

 せっかくの鍋を台無しにされて、穏やかな仏の笑顔のその下に、いったいどんな邪神の顔が現れているのやら――。


「おお。すき焼きにビールですか。通ですね。それは〝次元風すき焼き〟といいましてね。その筋の者には、大変、有名な――」


 鍋邪神は怒っていないようだった。


 六畳一間の夜は、にぎやかに更けていった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます