◆Middle07◆雑踏の向こうに

 生徒会長・五行清秋と交渉の末、菫たちはようやく学園の外に出る可能性を手にした。

 満ち足りた心地で寮へ帰るその途中、菫たちはふと違和感を覚えた。

 見やったその先に現われたのは……。


GM:では、次のシーンだ。伝説の樹の下からの帰り道、先ほどよりも少し時間が経過したぐらいだと思ってほしい。菫のシーンだが、全員登場となる。

菫:はーい。なんか、さっきのシーンで謎の満足感を覚えてます(笑)。

GM:さて、夕刻の人通りはかなり多い。家や寮に帰る者、友人同士で食事に行く者たち、街の住人が往来する通りにキミらが出た―――その時だ。全員【感知】で判定してほしい。

菫:【感知】判定!(ダイスを振る)よし、15です!

クロウ:(ダイスを振る)なかなか。14だな。

フジヤマ:(ダイスを振る)13! ミーよりも、現代地球人たちの方が高い……!

ルイン:私はあまり得意ではないな。(ダイスを振る)8だ。

GM:現代地球人すごいな(笑)。ちなみに、10以上ならば成功だ。人通りの多いその中で、キミたちは気づく。その人波の中に、ひとりの女性のうしろ姿があることを。


 人波の中、まるで魚のひれのように、ひらりと“彼女”の衣装の裾が揺れる。

 それは、菫にはなじみ深く―――同時に、この世界にはそぐわない物に見えた。


菫:あ、あれ……っ!? そっちへ振り向いて確認します!

GM:キミが振り返ると、髪の毛がふわりと風に流れるのが見えた。人波にまぎれて消えようとしているそのうしろ姿に、菫は見覚えがある。

菫:みーちゃんっ!? え、あれっ!?

フジヤマ:ミーもそれに気づいた、と。……おお、めずらしい衣装デスよ。あれは化学繊維・ナイロンデスねぇ(一同爆笑)。

クロウ:俺は、なんだあのアイドル衣装、とだけ……。

菫:お、追いかけます!

フジヤマ:おおっ!? ど、どうしたんデスか!

クロウ:俺はみさとさんの顔を知らないが……一話でフジヤマの持ってた絵を見てるはず。それに似ていると、すぐ気づこう。

フジヤマ:そうだった! ナイロンがどうこう言ってる場合じゃなかったデス!(笑)

クロウ:俺たちも追いかけるぞ!

菫:みーちゃんっ……!!


 人と人の合間をすり抜けるその背を、菫は必死に追いかける。

 何度も誰かの肩とぶつかり、そのたびによろめいた。

「おい、なんだよ!」

「気をつけろ!」

「すみません、すみませんっ! ごめんなさい、通ります! 通してください!」

 聞こえる怒声へ頭を下げながらも、菫はひたすらに走った。やがて追いつくことを願い、詰まる息と痛む心臓にもかまわずに。

 だが―――。


GM:……やがて小路を抜け、大通りへとさしかかる。キミが息を切らせて懸命に追いかけていた彼女の姿は―――もうどこにもない。

菫:そんな……あれは絶対、みーちゃんだった……。

GM:それは確信を持って断言できる。たしかに、キミの探しているみさとだ。

菫:呆然と立ち尽くします……。

フジヤマ:じゃあ、そこに追いつきマスよ。

菫:みんなぁ……うう、泣きたい気持ちになってきました……。

クロウ:結城さん、もしかして今の子が……?

菫:(やや取り乱した口調で)あれが、わたしの捜してた子なの! わたしが捜してた友達が、今、今ここにいたの! 絶対ここにいたの、みーちゃんが、絶対……っ!

クロウ:俺たちも、女の子がいたことには気づいたが……どこに消えた。

菫:わ、わかんない……急にいなくなっちゃって……。

フジヤマ:(しばらく考えて)……え、つまり? 彼女は学園の外ではなく、この学園のどこかにいる……?

菫:えっ!? ど、どうして……?

フジヤマ:さすがにミーでも、そこまではわからないデスねえ。しかし、立ち止まっているわけにはいかないデスよ、すみぽん。少なくとも、ミーたちは一歩前進したのデス。

クロウ:そうだな。彼女が本物のみさとさんなら、その生存が確認できたわけだしな。

ルイン:たしかにそのとおりだ。菫くん、気を落とさずに。

菫:はい……。もう一回、人通りを眺めます。

GM:彼女の姿はもうすでに人波に飲まれ、もはやあの特徴的な衣装を見つけることはできない。

菫:どうしてみーちゃんが、学校の中にいるんだろう……?

GM:その問いに答えは返らない。キミのつぶやいた言葉が風にさらわれたところで、シーンを終了しよう。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!