キャラクター紹介(2)

▼PC③ Oはた……フジヤマ・グレイスの場合

出自:[闘士]   境遇:[義理の親]   目的:[憧憬]


Oはた(以下:フジヤマ):(エセ日本語口調で)……ミーの名前はフジヤマ・グレイス、デェス! HAHAHA! 

一同:ちょ……っ。

GM:……あのそれ……本名じゃ、ないよね?

フジヤマ:ええ。地球という異世界を知ってそれに憧れ、自らにつけた言わばソウルネーム。魂に刻まれた名前―――。おかしな名前デスね。お前はいったいなにがしたいんだという。

GM:俺が聞きたいわっ!(笑)

M:クラスは?浅見フジヤマ:シーフ/アルケミスト。種族はヴァーナ(猫族)で、性別は女子。

浅見:現代人から見ると、痛い猫耳コスプレキャラなんだが(笑)。スキルは?

フジヤマ:《ワイドアタック》《アンビデクスタリティ》《アームズマスタリー:短剣》《ポーションピッチ》!

GM:基本は短剣二刀の白兵戦、範囲攻撃型か。

フジヤマ:そう。《ウェポンクリエイト》があるから、おもむろに「はっ!」ってやると、短剣ができマス。自前で持っている方の短剣と二刀になって攻撃するという。……実は錬金銃を持ちたかったが、銃を持つと銃を当てるためのスキルを取らないといけなくなって、スキル枠が足りなくなったので諦め……この型にしました。

GM:《ポーションピッチ》を取ることを優先したのか。MPの回復役もできるぞ、と。

フジヤマ:そうそう。出自は[闘士]で、クラン=ベルという闘技場がある街で育ち、闘士としての腕を高めたりしていマシタ。そんな折、ミーは病に倒れ、苦しんでいたところに、とある旅人が謎の錠剤をくれました。「……一度に二錠、一日三回飲むといい」……それを飲んだらたちどころに治ったのデース!

GM:なんの薬だ。

フジヤマ:半分が優しさでできています。

一同:バファ●ンっ!?

GM:すると、その薬をくれたのは現代人であったと……(笑)。

フジヤマ:そう。そしてその後、いろいろと調べて大学都市オーカーにやってきて地球という異世界があることを知り、興味を持ち、憧れ……そこにはフジヤマという偉大なるマウンテンがあり、そこには毎年参拝する人たちがいると知ったのデス。

庄子:で、自分の名前につけたんですね!(笑)

GM:大学都市オーカーは大学のキャンパスが丸ごとあり……きっと図書館もあるからな。富士山の写真でも見たんだろう。

フジヤマ:そう、そして図書館で“科学”なる技術があることを知り、学び、薬の調合もできるようになりました。でも、あの白い錠剤にはまだ辿り着けないのデス……っ!

クロウ:アレは万能だからな。

フジヤマ:いつかあの技術を得たい、そして、過去にミーを救ってくれたあの方……いや、あの偉大な薬を作った現代人に恩を返したいと思っているのデス。現代人が来たら、恩を返そうと! そして、願わくは現代の知識を請いたい! あの薬を作るために!

クロウ:現代人が全員、バファ●ンを作れると思ったら大間違いだぞっ!?(笑)

フジヤマ:ミーはその辺、よくわかっていないので。

GM:お前……現代人……アーシアンは、ゲイシャかサムライかニンジャしかいないと思ってないか―――。

フジヤマ:もちろんです。

一同:………………。

フジヤマ:(冷静になり)……なんだろう、すごく偏っている。

GM:知らんわっ!?

クロウ:でも、ここまで現代人ラブだと絡みやすい。さすがOはたさん。

Oはた:いやー、ははは。なにほんの実力ですよ。偶然ですよ。

一同:どっちだよっ!?

====================================================

●PC3/フジヤマ・グレイス

レベル:1 種族:ヴァーナ

クラス:アシーフ/アルケミスト

HP:30 MP:30 フェイト:5

ライフパス:出自[闘士]

      境遇[傷病]

      目的[友情]

種族スキル:

《ヴァーナ:猫族》1

シーフスキル:

《ワイドアタック》1

《アンビデクスタリティ》1

《アームズマスタリー:短剣》1

アルケミストスキル:

《ウェポンクリエイト》1

《ポーションピッチ》1

一般スキル:

《ファインドトラップ》1

《サーチリスク》1

装備:

ダガー/クロースアーマー/バックラー/シーブスツール

====================================================


▼PC④ 丹藤武敏 …ルイン=シュレディンガーの場合

出自:[錬金術]   境遇:[略奪]   目的:[扶養]


丹藤(以下、ルイン):私はルイン・シュレディンガー。エルダナーンの男で、一八歳。身長は一八〇センチメートルくらい。髪をオールバックにして、眼鏡をかけている。

GM:嫌みなタイプっぽいな。

ルイン:出身はエリート貴族で錬金術士の家系だったのだが、現代の薬というものに負け、地位を失ったのだ。

GM:キミがなにを言っているのか理解できない(笑)。

ルイン:ライフパスの出自が[錬金術士]……つまり親が偉大な錬金術士だったのです。とりわけ、薬の調合で一目置かれた存在だったんですが―――。境遇表の結果が[略奪]で。

菫:略奪? いったいなにを……。

ルイン:そう。ある謎の人物がこの地にもたらした謎の白い錠剤のおかげで、仕えていた王様の関心がそっちにいってしまい……我が家系の名声は一気に地に落ちた。

GM:それで略奪か(笑)。

ルイン:そう、憎い! あの白い錠剤を王様に献上したあのアーシアンが!

クロウ:Oはたさんの設定にのっかった(笑)。

ルイン:飲んでから一〇分で頭痛が消えるなど……ありえん! ありえんのだ!(どん! と、テーブルを叩く)

フジヤマ:なぜかミーを救ってくれた恩人が仇になってるわけですが。

クロウ:このセッションの黒幕だな。

GM:そこをシナリオで拾うことはないからっ!(笑)

ルイン:ともかく、ふらっと立ち寄った旅のアーシアンに負けたせいで地位も名誉も奪われ……この憎き敵を知らねばならないと考え、大学都市へ流れてきた。現代というものに憎しみを抱きつつ、残された家族を支え、名門シュレディンガー家を再興させたいと思っている。

GM:なんか、主人公に倒されるライバルみたいなドラマを背負ってるぞ。そんな冷たい奴だが、家族……故郷には弟や妹がいると……。

ルイン:そう、八人家族くらい。そして、周りには、落ちぶれていると知られたくない。プライドは高い。

GM:なんか最終回の直前で、家族の悲しい過去があきらかになって主人公に救われ、そして主人公を助けて散りそうな設定だな。

フジヤマ:さらば、丹藤さん。

ルイン:ええっ、死んじゃうの……っ!?(笑)

GM:まあ、それはこの文庫リプレイが終わって、いつか外伝を書く時が訪れたら語ろうじゃないか(笑)。ほんでは、これで自己紹介は終わりだね。最後に、ギルドを作って、取得するギルドサポートを決めよう!

クロウ:最初から、俺らはひとつのギルドで行動すんの?

GM:いや、シナリオの途中でギルドを結成する流れになるんじゃないかな。先に決めておこうって話だ。

クロウ:ああ、了解。ギルドマスターは菫でいいよね?(笑) 庄子さん、どのギルドサポートを取……。

菫:(←すでに、ギルドサポートが収録されたページに見入っている)…………え、あ、はい? なんですか?

クロウ:キ・ミ・が・ギルドマスターです! まず、ギルド名を決めよう!

菫:え、わたし!? なんか恥ずかしい。

GM:恥ずかしくはありません(笑)。まず名前……最近ではリプレイ名からギルド名を取ることが多いけれど、どうしよう。

クロウ:演歌が好きだから、アマギ、とか。

菫:(少し考えて)……名前が菫だから、ヴァイオレットとか?

クロウ:ああ、いいんじゃない?

GM:では、それで。次はギルドサポートを決めよう。ギルドレベルは1だから、ふたつ取得できる。ただし、PCのレベルが1なので、今回持ち込めるのはひとつだけだ。

クロウ:基本的にはまず《蘇生》という、ギルドメンバー全員のHPを回復させるギルドサポートを取る感じ。

菫:いいですね。それにしましょう!

クロウ:あとは《祝福》とか《陣形》が定番だけど……《陣形》は便利だが、便利すぎて依存してしまいかねないので、逆に難しい。

菫:(ルールブックを見ながら)《援助金》とかある……!

フジヤマ:お金関係なら《目利き》とかも。

菫:げ、《限界突破》……。

一同:え?

菫:この《限界突破》というのに惹かれます!(笑)

フジヤマ:強い代わりに、1ラウンドしか効果が続かないという問題があって、使いどころが難しいデスが。

菫:ここぞという時に使えるのがかっこいい! 《限界突破》でもいい?

クロウ:いいんじゃないだろうか。

GM:わかった。《蘇生》と《限界突破》、今回はどっちを持っていく?

菫:死んだら後悔するから《蘇生》なんだろうけど……。

クロウ:100回やったら、90回は《蘇生》を選ぶことになるって感じ?(笑)

GM:1レベルだとHPも低いしね。いつでも完全回復できる《蘇生》があれば、無理もきくし、ピンチも切り抜けやすい。

菫:なるほど……(と、考え込む)。

クロウ:ギルドマスターがやりたいこと優先でいいよ!

菫:守りに入るなら《蘇生》だけど……やっぱり、みんなの活躍を見たいから、《限界突破》を持っていきたいです!

クロウ:ではそれで!(笑)

フジヤマ:なんとかなる! きっと! 失敗すれば赤いシミになるだけよ……!

GM:なるな。……では、ギルドも完成したので、メインプレイに入ろう!

一同:はーい!(笑)

====================================================

●PC4/ルイン・シュレディンガー

レベル:1 種族:エルダナーン

クラス:アコライト/セージ

HP:27 MP:36 フェイト:5

ライフパス:出自[学者]

      境遇[紛失]

      目的[人捜し]

種族スキル:

《マジックセンス》1

アコライトスキル:

《ヒール》1

《プロテクション》2

セージスキル:

《エフィシエント》1

《エンサイクロペディア》1

一般スキル:

《アルケミーノウリッジ》1

《ファーストエイド》1

装備:

クラブ/ラウンドシールド/ハット/レザージャケット/聖印

====================================================

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!