第一話 冒険者になるための一〇の知識

PREPLAY

◆Preplay01◆新たなPC①のプレイヤーを探せ

 さて、『アリアンロッドRPG 2E 改訂版』である。

 このゲームを宣伝する意味も兼ねて、「リプレイも出そう!」という話が確定したのは二〇一五年秋のことだった。

 そのプレイヤーも四人のうち、すでに三人までは心に決めていた。

 だが、主役であるPC①に関しては、やはり各方面より仕様や希望というもの飛んでくるもの。とりあえずひとり、心当たりはあったのだが……確信には至っていなかった。

 私はまず、「その人物の大親友」に連絡を取った。

 幾度かのコール音ののちに、電話は繋がった。


「あ、もしもし? お疲れ様です、菊池です」

「あ、お疲れ様です、味里です~」


 その「大親友」の名は味里さん―――フリーで活動する女性声優さんである。

 ……わかる人には『艦隊これくしょん』の武蔵や伊8、伊19、『うぽって!!』のえる (L85A1)、『デート・ア・ライブ』の崇宮真那などの声の人、と言う方がいいだろうか。

 二〇一四年~一五年にかけて、私の書いたリプレイ『聖弾のルーチェ』シリーズにプレイヤーとして参加していただいた人でもある。

 あ、『聖弾のルーチェ』は現在、第一巻の内容が分割されてストリエで連載中だ。

 無料なので、ぜひとも覗いてやっていただきたい!

 https://storie.jp/official/dragonbook/10672


 受話器の向こうで、彼女が問うた。

「……で、どうしました? ひと狩り行こうって話ですかー?」

「いやいや!(笑) 春に出すリプレイのプレイヤーについてご相談がありまして」

「ああ、現代人ができるようになる『アリアンロッド』ですね!」

「そうそう。今、リプレイのPC①をやってくれる人を捜してるんですが……これがまた、いろいろ各方面から要望や仕様みたいなものを言われまして」

「要望?」

「そう。具体的には……これまでのリプレイに登場しておらず、明るくて発話が多くて面白く、常識とプロ意識があってゲームが好きで約束が守れて前向きに協力的してくれる人」

「ほー」

「でもってボードゲーム等のアナログゲームは好きで遊んだ経験はあるけど、TRPGに関しては興味がありつつも遊んだ経験が少なく、できれば経験は0がいい。ラジオ等のことを考えると物怖じせずにトークができる……そんな女性の方がいいという」

「/(^o^)\」

「いや、オワタじゃなくて」

「そんな生き物、いるんですか?」

「庄子裕衣さん……いけませんかね?」

「あー! 庄子ですか! あの子はまともです! 保証します! いいと思います!」

「あっさり太鼓判がっ!?」

「ああ、そういえば前に“ゲーム会”で会ってましたね」


 ―――それは二〇一五年初夏の話だった。

 KADOKAWAの編集さんの中に、不定期にアナログゲームを遊ぶ会を開く方がいる。人狼や各種ボードゲーム、TRPG……参加者が遊びたいゲームをただ遊ぶという、実にお気楽な会合だ。参加者は、編集さんやイラストレーターさん、作家さん、ゲームクリエイターさん、メーカーさん、声優さんなどなど、仕事関係者ばかりである。

 その日、私は『アリアンロッド』のGMをしたわけだが……参加したプレイヤーの中に、庄子裕衣さんの姿があった。開口一番、彼女の放ったセリフが……


「む、昔、きくたけさんの書いた『ダブルクロス』のリプレイにドハマリしてました!」


 ―――である。

 これがもう、楽しそうに話すこと話すこと。

 TRPGのセッションそのものはあまり経験がないらしいが、こんなゲーム会に来ていることを考えれば、アナログゲーム全般は大好きであるとわかる。

 そしてセッションが始まれば……これがまた楽しそうなこと。この世の春と夏が一気に押し寄せてきたかのような楽しみっぷり。よくしゃべってよく笑う。戦闘に入れば、真剣に戦術を考えつつもキャラ視点での発話も自然と飛び出す。

 その時から、「あれ、リプレイのプレイヤーにいいかもしれんぞ」と脳内は観察モードに切り替わっていたのはここだけの話である。


 かくして太鼓判を獲得した私は、庄子さんに連絡を取ったのだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!