後書き

第一部外伝を終えて

 第一部外伝「獅子の咆哮は正義の矜持」をお読みいただき、ありがとうございました。

 最初は中編ぐらいの短い話にしようと考えていたのですが、いろいろな遊び要素などを詰めこんでしまい、結果的に本編の半分ほどの長さと言うことになりました。

 それなりに長い話でしたが、最後までおつきあい頂きありがとうございました。



 ところで、この外伝ですがわざわざ「第一部」と頭につけているのは、第一部の補足的な要素もあるからです。

 第一部で書き切れなかったテーマや説明などが、この話には書かれています。

 主人公が違う外伝という形にはなっていますが、これも本編の一部であることはまちがいありません。



 ただ、私が最初に考えていた話とは、かなり違う物になってしまいました。


 レムロイドシリーズは、まともなプロットもシノプシスも考えず、大雑把なアウトラインだけで書き出すという、とんでもストーリー構成に挑戦しています。

 キャラクター設定も相変わらず、その場で適当に生みだしています。

 そのため世界やキャラも勝手に動きだしたら、どんどんそっちに流れて行ってしまうという暴れ馬のような話です。


 この外伝も「獅子の咆哮は正義の矜持」というカッコいいサブタイトルにともなって、もう少しハードボイルドな話にする予定でした。

 イメージ的にはシティハンター的な感じで、シリアスとコメディを織り交ぜた感じにしたいなと思っていたのです。


 しかし、蓋を開けたら変態の話になっていました(笑)。


 不思議です。

 まったく理解できません。

 どうしてこうなったのでしょうか?(笑)


 それでもまあ、なんとなく収まるところに収まった気がするのでよしとしておきましょう。



 あと、これだけは言っておかなければならないということがあります。

 本作は、かなり内輪ウケ的なネタが含まれています。

 もちろん、読んでいる方がそのネタを知らなくても大して気にならないか、気がつかないようにはしているつもりですし、知らなくともちゃんと楽しめるようには気をつけて書いています。知っていれば、さらにニヤリとできるというだけのことです。


 これは普段、お世話になってくださる方々へのオマージュ的なものとお考えください。

 ……え? なかには小ばかにしているのもあるって?

 いやいや、きっと気のせいです。

 実在の人物や、他の物語とは一切関係ございません!

 なにか気になっても、かる~くおながしいただければと思います(笑)。



 さて。


 和真は雷獅子オンウィーア・レウと共に後日、旅に出ます。

 しかも一人旅です。

 彼が求めるものが見つかるのかどうか……それはまだ作者にもわかりません(笑)。

 また彼が世代セダイたちと合流するのか、それもまったく不明です(笑)。

 でも彼ならば、きっとあちこちで正義の味方をして話題を振りまくのでしょう。

 その活躍は、皆さんで適当に想像してあげてください(笑)。


 また、外伝に登場した多数の新キャラクターたちが本編に絡んでいくことはあるのでしょうか。それもまた未知数です(笑)。



 第二部は鋭意……考え中です(笑)

 面白いと思った方は、ぜひ第二部へのモチベーションアップのために評価や応援、フォローなどを何卒よろしくお願いいたします。

 期待は力となります!!


 本作におつきあいいただいた読者の皆様、ファンアートを送ってくださった皆様、宣伝を手伝ってくれた皆様、多くの皆様に感謝しています。

 ありがとうございました。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

魔生機甲レムロイド ~ 異界のロボットデザイナー(第一部&外伝完結) 芳賀 概夢 @Guym

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のタグ

物欲にまみれたブログ「Guymがポチった!」を書きながら、ここ最近になって小説の物書き活動も復活。 昔ながらのライトノベルから、最近の物語系まで文体を変えて執筆中です。 過去にテクニカル系の本や小説…もっと見る

近況ノート

もっと見る

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!