Act.0065:この年で漏らすとは……

 フォーは、世代セダイに言われた言葉を思いだしていた。



――の強さだよ。たぶん、反則級だ。



(……確かに、これは反則。想定外ね)


 彼女は【ヘクサ・ペガスス】で、目的の【木通あけび】に向かいながら、魔生機甲設計書ビルモアを読んで納得してしまった。

 この世代セダイから与えられた、【魔女の天馬】という意味の魔生機甲レムロイドは、いちずたちに与えた3機とは、コンセプトがまったく異なる物だったのだ。


 先の3機の魔生機甲レムロイドは、もともと対戦試合プグナで勝つことが目的とされていた。

 決められた空間での戦いということが主体で考えられており、基本的には中距離から近接戦闘型である。

 また、実戦装備もされてはいたが、試合でも魅せる戦いができるように考慮されていた。


 しかし、このフォーが与えられた【ヘクサ・ペガスス】は、対戦試合プグナで使うことがまったく考えられていない。

 世代セダイはこの魔生機甲レムロイドを【領土制圧機体】と呼んでいたが、別の言い方をすれば【長期戦闘対応遠距離型魔生機甲レムロイド】であった。

 汎用型のヴァルクと同じように、縛りなく作られており、まさに実戦で目的を果たすための兵器・・

 そのため、対戦試合プグナでは必要なさそうな装置まで付いている。

 さらに初期のレベル25から、フォー専用に装備が追加され、そのレベルは42にまであがっていた。


 ちなみに魔力強化されたフォーは、レベル50までの魔生機甲レムロイドを余裕で扱える。

 それでも、このレベル42に搭載された多くの特殊な機能に、ついていくのがやっとだった。

 なにしろ、今まで見たことがない機能ばかりなのだ。


 その中のひとつが、強力な【結界発生器ヘクサ・エリア】だ。


 これはパイロットの魔術結界生成を助ける仕組みで、ヘクサ・ペガススを容易にまるまる結界に包みこむためのものだった。

 今は【幻像結界】という視覚をごまかす結界により、隠蔽ステルス飛行が行われている。

 さらに風魔法ではなく、浮遊魔術で飛行しているためほとんど音もならない。

 この巨体が悠々と空を飛んでいるというのに、気がつく者は誰ひとりいなかった。


 もちろん、それには多くの魔力を消費するのだが、それをサポートするための機能もついていた。


 それが、【魔力吸収蓄積装置ヘクサ・レザボア】である。


 前腕部と脚部に付けられた、平たいリング状のパーツには内側に魔法陣が形成されるようになっており、それが大量の魔力を吸収する。

 その魔力は、全身を構成する神聖黄金銅オリハルコンを通りながら、最終的に背部にある魔力タンクに蓄積された。

 魔力タンクは、わずかながら魔力を蓄える性質のある魔光石まこうせきを薄く積層構造化し、狭い体積で効率よく魔力を蓄えられるようになっている。

 フォーはその豊富な魔力を使って、白鳥を思わす翼から魔力流を流し浮遊魔法を発動させていた。


「……あそこね」


 【木通】の町に到着すると、フォーは機体をある庭に巨体を静かに着地させる。

 体からは考えられないほど、細く尖ったデザインの足が地面に刺さる。

 そのまま、音も立てずにヘクサ・ペカススの片膝をつかせた。


 改めて、周りを見回す。


 町は、ひどいありさまだった。

 街の90%は、すでに焚き火あとのようになっていた。

 まともに残っているのは、目の前にある町長の屋敷だけだ。

 もちろん、偶然残ったわけではない。

 捕虜を集めておく目的のためだけに残されていたのであろう。


(敵の人数の把握が必要ね)


 彼女は、コックピットで大きく深呼吸をする。

 これからやることには、精神統一が必要だった。

 だが、その精神統一が、この魔生機甲レムロイドでは大変だった。


(気持ちよすぎるコックピットというのも問題。想定外ね)


 この魔生機甲設計書ビルモアを渡されたとき、いちずたちに注意を受けたことを思いだす。


――世代セダイ魔生機甲レムロイドは、気合入れて乗っていないと、気持ちよさに呑まれて大変なことになるよ!


 全くその通りだと、フォーは我が身を見る。


 今、彼女は頭以外、全身を覆うような、人型カプセルの中に包まれていた。

 しかも、中身は下着さえつけていない。

 服があるとカプセルに挟まってしまうためなのだが、それが余計に困った事態を生んでいた。

 カプセルの内側は、ジェル状になっていて素肌を包みこんでいる。


 それが、異様に気持ちいいのだ。


 しかも、そこにいないはずの世代セダイの存在を感じてしまう。

 まるで、裸の世代セダイにギュッと抱きしめられている気分である。

 少しでも気合を抜くと、ゾクゾク感が次から次へと背筋を登ってくる。

 そして脳天から背筋、そして下半身を襲ってきて、気を失いそうになってしまう。


 一方でこのカプセルは、全身を保護するだけではなく、魔力を効率的に吸収したり、逆に魔生機甲レムロイドの感覚を直接的に伝えてくれたりする機能もある。

 実際、レベル42の魔生機甲レムロイドを操っているというのに、魔力の消費が異様に少ないのだ。

 これだけ性能が良ければ、多少の短所は目を瞑らざるをえない。


(一概に短所とも言えないけどね……)


 しかし、それを楽しむのはまた今度だ。

 彼女は呼吸を整えて目を瞑る。

 魔生機甲レムロイドの髪の毛に、神経を集中した。


 【ヘクサ・ペカスス】の銀色の長髪が、もぞもぞと動きだす。

 髪の毛の一本一本がまるで生き物のように蠢き、少しずつ伸びていく。

 そして、町長の2階建ての屋敷に絡んでいく。

 

 その髪は今、フォーの感覚器の一部となっていた。

 髪の先から得られた映像、魔力、音などをフォーは情報として得ることができる。


 このコントロールは非常に難しく、魔力操作が得意なフォーでさえもかなりの集中力を必要とした。

 だが、ぶっつけ本番にしては、恐ろしいほどうまく操れた。

 魔生機甲レムロイドの銀髪【遠隔魔力感覚器官ヘクサ・ヘア】は、窓から覗いたり隙間から室内に伸びたりして、次々と情報をひろってきてくれる。


(……全部で5……6人。想定内ね)


 中の様子が、手にとるようにわかる。

 もともとフォーは魔力の感知力が高く、人の位置などをそこから正確につかむことができるのだが、この感覚器官の送ってくる情報はほぼ視覚情報と同じだ。

 そして集中することで、聴覚情報まで拾える。


 おかげで、無意味に惨殺された死体や、乱暴された女性の嘆きなど、見たくない、聞きたくないものまで拾えてしまう。


(本当に外道ね。だから、こいつらは嫌い。想定内ね。……行け!)


 髪の毛が一斉に伸びて、その6人の首に巻きついた。

 そして、その首を引きちぎるほどの勢いで締めつける。

 それはまさに一瞬の出来事。

 解放軍【新月ニュームーン】のメンバー6人を絶命させる。

 

 さらに中の人間に、まだ出てこないようにと伝話の要領で音声メッセージを送る。

 これだけのことが魔生機甲レムロイドの中から念じるだけで、【遠隔魔力感覚器官ヘクサ・ヘア】を使えばできてしまうのだ。

 世代セダイは、どうしてこんな物をイマジネーションで創りあげられるのだろうか。

 フォーには、想像もつかない。


(あとは、あの偽物を……)


 フォーは、敵の魔生機甲レムロイド2機を見る。

 偽物……と言ったが、その形は似ても似つかない。


 【ヘクサ・ペガスス】は、白を基調にしたデザインをしていた。


 頭は人型だが、冠と帽子が合体したような飾りがつき、後頭部には銀色の髪が首筋から背筋にそって、細く伸びている。

 それはまるで馬のたてがみのようにも見えた。

 胴体は、スリムながら装甲はしっかりとついている。

 しかし、その四肢は細い。

 腕はまだしも、特に脚は非常に細い。

 左手には太めの錫杖を持ち、背中に白い翼を生やしている。

 まるで伝承にある天使を想像させる。


 対する偽物は、大きな輪っかを背負った無骨なデザインだ。


(マスターではないが、美しくないね)


 似ているところと言えば、掌の付け根につけられた【魔力砲ヘクサ・バレル】ぐらいだろう。


 フォーは、その【魔力砲ヘクサ・バレル】を使うことにする。

 ペガススを操作し、輪飾りがついた錫杖の頭をねじ込むように接続する。

 すると、錫杖の石突き部分が開いて、錫杖は巨大な砲身となる。


「ロング・ヘクサ・バレル、イネーブル……」


 このコックピットには、ほとんど物理スイッチが存在しない。

 音声入力と、思念コントロールでほぼ行うようになっている。

 その思念コントロールで、フォーはちょうど一直線上に並んでくれている、敵2機の魔生機甲レムロイドの胴に砲身を向けた。


「ターゲットロックオン……【霹靂巨弾へきれききょだん】!」


 彼女が魔力をこめた。

 だが何分、彼女も初めて使用する。

 どのぐらいこめたらいいのかわからない。

 だから、念のためにをこめていた。


 それが、まずかった。


 フォーの魔力が、スーッと流れていく。

 その時、彼女の体にゾクゾクとした強い快感が流れる。

 直後、ペガススの手で形成された【霹靂巨弾へきれききょだん】が、ペガススの【魔力砲ヘクサ・バレル】、そして錫杖でできたロングバレルで圧縮強化されていく。


 砲門を飛びだす瞬間、それは圧縮から解き放たれ膨大なエネルギーとなって姿を顕わらす。

 激しい輝きを放つ雷球のサイズは、魔生機甲レムロイドの上半身をかるく呑みこめるサイズ。

 それが爆音と衝撃波を立てながら、消し炭となった町の大地まで削り、敵の魔生機甲レムロイドに襲いかかる。


「あっ、あっ、あ……」


 フォーは、その衝撃音にブルッと体を震わせた。


 そして次に目の前に展開された景色で、さらに体をブルブルと震わせた。


「マ、マスター……や、やりす…ぎ……これ……想定外……ね……」


 フォーは、敵のコックピットを貫こうと狙っただけだった。

 だが目の前には、敵の魔生機甲レムロイドの部品一つ残っていなかった。

 ただ、なにか魔生機甲レムロイドを呑みこむほど巨大な物が通り過ぎ、そこにある物をすべて消滅させてしまっていたのだ。


 まさに焦土。


 そのあまりの光景に、フォーは大きな恐怖を感じてしまう。

 そして、度重なる刺激が限界に達する。


「あっ! あああああ……あふっ!」


 ぞくぞくと背筋から首筋、そして頬にあがってくる高潮感。

 限界を超えてしまったあとの安堵感と恍惚感。

 しばし、その感覚に囚われてしまう。

 そして数秒後、我に返って1人で赤面してしまう。


「あ、ああ…………。ま、まさか……この年で漏らすとは……想定外ね」


 密封されたカプセル内。

 漏らしてしまえば当然、脚などに違和感があるはずだが、それは全くなかった。


 この魔生機甲レムロイドは、長期・・戦闘対応型である。

 その上、簡単に乗り降りできない、カプセル型コックピット。

 対戦試合プグナと違い、より実戦を考えての生命維持装置機能も搭載。


 つまり、トイレつきであった。


 フォーの思念を感じて、自動的にその機能が作動したのである。

 彼女はそのことに気がつき、ほっとした。

 いったい、うちのマスターはどこまで考えて作っているのやらと思う反面、これなら気持ちよくなっても大丈夫だと安心する。


 ……そう思ってしまってから、彼女はすぐに首をブルブルとふる。


「ダメね! これ、安心感があったら、絶対に変態になる。想定外ね!」


 これからも、絶対に気を引きしめてペガススに乗ろうと決めたフォーであった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!