Act.0058:正義の味方をやるんだよ

 【あずまや工房】には、すでに警務隊が数人張りこんでいた。

 表にも裏にも人が配置され、とても入れそうにない。

 そう世代セダイは思っていたが、元怪盗は伊達ではなかった。

 見事に屋内に侵入し、目的の魔生機甲設計書ビルモアを2冊とも難なく持って戻ってきたのだ。


「これで戦力が手に入った。想定内ね」


 こともなしとばかりにフォーの幼い顔が、薄い笑いを見せる。

 まるでその表情は、獲物をとって勝ち誇る猫のようだ。

 確かに自慢できるだろう。

 なにしろ、戻ってくるまでに2分もかかっていないのだ。

 さすがに世代セダイも感心する。


 その後、2人は少し離れた場所にあった宿に向かった。

 建物の裏側に回り、1階にある部屋に窓から入る。

 小さな部屋には、ベッドが1つ。

 その横には、クエが立っていた。

 世代セダイは窓を閉めると、すぐにカーテンを閉めて外からの視界をふさぐ。


「持ってこられたん?」


「ああ。フォーのおかげで、驚くほど問題なく。……悪かったね、巻きこんで」


「なにを言うてはるの。こん世界で2人きりの仲間、見捨とったりしまへんって。それに、まだ決着もつけてへんですえ」


 クエは、かるくウィンクしてみせる。

 その微笑に、世代セダイは正直なところ救われた。

 この世界の味方は今、この2人しかいないのだ。

 心苦しいが、頼らせてもらうしかない。


「よし。じゃあ、作戦を考えよう」


 事態は、意外に深刻だった。

 そもそもの始まりは、つい少し前に山一つ向こうにある【木通あけび】という町が、解放軍【新月ニュームーン】の魔生機甲レムロイドに襲われたことに始まった。

 現れた魔生機甲レムロイドは、2機。

 見たこともない姿の新型であり、非常に高性能だった。

 なにしろ、その町の警務隊に配備されていた4機の魔生機甲レムロイドを瞬殺。

 後に続いた、フリーのパイロットたちの魔生機甲レムロイドも、その高性能の前になすすべもなく沈んでいったのである。


 その情報は、すぐさま四阿の街にも届いた。

 ただし、その情報には、ある余計な情報が付加されていた。

 それは「解放軍の新型をデザインしたのは、【東城 世代セダイ】という魔生機甲設計者レムロイドビルダーである」というものだった。

 さらに、「その魔生機甲設計者レムロイドビルダーは、あずまや工房の人間である」ということまで知らされたのだ。


 その結果、いちず、双葉、ミカと、そのおのおの魔生機甲レムロイドが描かれた魔生機甲設計書ビルモアは、警務隊に鹵獲されてしまったわけである。


「できすぎ。想定外ね」


「そやねぇ。【新月ニュームーン】の目的は完全に……」


「マスターと、その魔生機甲レムロイドの確保ね」


 フォーとクエが、頷いた。

 わかっていたことだが、世代セダイはその結論に顔を顰める。

 つまり、【新月ニュームーン】は、警務隊に嘘の情報を流した。

 それにより、警務隊に目的物を鹵獲させる。

 そこまではいい。

 だが、それだけでは【新月ニュームーン】の手に渡らない。


「警務隊の中に、【新月ニュームーン】との内通者がいる。想定外ね」


 考えられるのは、内通者が目的物を確保し、【新月ニュームーン】がそれを略奪するというところだろう。

 普通に考えれば、一般人の世代たちから直接、奪った方がいい。

 だが、その魔生機甲設計書ビルモアをできるなら一括して奪いたい。

 下手に自分たちで力尽くにやるよりも、警務隊に集めさせた方が簡単だと考えたのだろう。


「それに、ジェネはんの居場所をなくすつもりや」


「ボクを犯罪者にして、自主的に【新月ニュームーン】に行かざるをえないようにすると……なるほどねぇ。よく考えるなぁ」


 これにより、【新月ニュームーン】は目的物をスマートに奪えるというわけだ。


「その暴れている強い魔生機甲レムロイドって、やっぱり……」


「マスターのね」


「だよねー。やっぱりボクの魔生機甲レムロイドは、コピーされても強いのか」


「喜んでる場合じゃないね」


「そや、そや! ジェネはん、不謹慎ですえ!」


 女性2人に責められるが、世代セダイはしらっと言葉を続ける。


「でも、実際に強いんだろう。まあ、オリジナルには及ばないだろうけどね!」


「それが疑問」


 フォーが腕を組む。


「本当にそこまで強いのか? いや、マスターの魔生機甲レムロイドが強いことは分かるね。しかし、いちずのオリジナルのドラークは、雷堂和真の魔生機甲レムロイドにあそこまで手こずった。警務隊の魔生機甲レムロイドとパイロットは、雷堂和真に勝るとも劣らず。その強さは想定内。そこまでして奪う必要があるのか?」


「……ちゃうんですえ、フォーはん」


 クエがかるく黒髪を横にふった。


「うちとジェネはんのデザインする魔生機甲レムロイドは、どうしてもベースが実戦用や。対戦試合プグナ用ではおまへん」


「実戦用? それは試合用ではないという意味か?」


 クエがうなずく。


「ドラークもあん時、重火器、使わんようしてました。つこうたら、敵の魔生機甲レムロイド、一瞬で消え失せはるしなぁ」


「……想定外ね。そこまで火力があるのか」


 フォーが、少しひきつった苦笑を見せる。

 実際、対戦試合プグナでも使える装備と運用も考えているものの、ベースは実戦を目的としたデザインを世代セダイは考えていた。

 だから、ドラークには他にもっと強力な装備が存在している。

 だが、実戦と違い狭い空間で相手を殺さないようにしなければならない対戦試合プグナでは、そういった高火力、広範囲の武装は使うことは出来ないだけなのだ。


「それに、和真さんといちずさんの戦いは、魔生機甲レムロイドの性能差と同じぐらい、パイロットの技術差もあったんだよ。和真さんという人の技術は、そのぐらい上だったと思う」


「なるほどね。……で、どーするね、マスター」


 フォーに尋ねられた世代セダイは、ほんの数秒だけ黙考する。

 だが、やはりアイデアはほかにない。

 もうやれることは、どう考えてもひとつしかなかった。


「そーだね。これは口で無実を説明しても、もうどうにもならないだろう。なら、方法はひとつだ」


「……?」


 2人の注目を浴びながら、世代セダイは不敵に笑った。


「もちろん……正義の味方をやるんだよ」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!