Act.0050.5話:けっこう立派な……

 1人残った湯船で、フォーは顔を真っ赤にしていた。

 世代が湯船から立ちあがった瞬間、目の前に展開された超絶武装。

 目に焼き付いてしまった、それを思いだしていたからだ。


(もろ……もろに見てしまったね……)


 フォーは純真乙女というわけではないし、それを見たことなど何度もある。


(な、なんか……いきり立ってた。想定外ね!)


 しかし、今はなぜか頭が乙女モードだった。


(お、女に……こ、興奮しないはずなのになんでか!? 想定外ね!)


 フォーは、世代が女性をパーツとして見た時は興奮するという事実を知らない。


(けっ……けっこう立派な……)


 湯船まで温めそうなぐらい、彼女は全身に熱を持つ。


 その後、いちずが風呂掃除にやってきた時に発見されるまで、湯船でのぼせていたフォーであった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!