Act.0042:本当に想定外ね

 フォーが、この夢を見るのは久々だった。


 2メートル四方の四角い石造棺の6面全てには、複雑な魔法陣が描かれている。

 その禁呪と言われる魔法陣が生みだした、【魔生の水】は棺の中を隙間なく満たしていた。


 その中に、一糸まとわず漂う自分。

 体の大きさは、今と同じぐらい。

 1.4メートルぐらいだっただろうか。

 その体を2メートル四方の中で適当に動かすことで、体の位置を変えていく。


 呼吸もできるし、水が入ってきても何ら圧迫感は感じられない。

 だが、常に苦しい。

 得体のしれない力が、髪の毛穴、目、鼻、耳、口、指の爪の間、股間、そして足の爪の間……とにかく穴という穴から、流れ込んでくる。

 そして、その力は外にでていかず、まるで体を少しずつ少しずつ侵食しているようにさえ感じる。


 何度も嘔吐感がわき上がるが、吐くものが胃に入っていない。

 生まれてこの方、食事というものをしたことがない。

 口にはいるのも、排便も、排尿も、すべて魔生の水が循環しているだけだ。


 もし、この世界しか知らない自分ならば、「生きるとは、こういうものだ」と、きっと不満を感じることもなかったのだろう。

 しかし、6面の壁の各中央には、ガラスがはまっていて、外の世界があることを否応なしに伝えてくる。

 自然に、そして漠然と、今の自分は「まちがっている」と感じていた。


 とはいえ、最初は外の世界も大したことがないのかもしれないと思っていた。

 なにしろ黒い壁に囲まれて、薄暗くてつまらなそうな空間しかないのだ。

 唯一、面白そうだと思えるのは、自分の周りに自分と同じような存在がいたことだろう。

 外にも魔法陣が描かれた四角い棺の中に、自分と同じようにガラスの向こうから、一生懸命に外を見ようとしている。


 棺は全てで4つ。

 つまり、自分を入れて5つある。


 たまに、自分以外の4人は何を考えているのだろうと考える。

 何を見ているのだろう、何を求めているのだろう……いろいろと考える。

 だが最後は決まって、一つの答えにたどりつく。


――他の4人は何を考えているのだろう。


 きっとそう、自分と同じように、それしか考えていないはずなのだ。

 なにしろ、その頃の自分たちには、それ以外に考える知識がなかったのだから。


 だが、ある時から、それは大きく変わっていった。

 後から思えば、その時から次のステップに進んだのだ。


 遠慮ないどころか、不躾で、強引で、犯すように流れてくる大量の知識。

 言葉、学問、世界、そして特に大量なのが魔法学……。

 その中には、経験と呼ばれるものまで含まれていた。


 どんどん、どんどん流れてくる、それに逆らう術はなかった。


 どんどん、どんどん別物にでもされていく恐怖。


 ある時、知った。


 自分以外の4つの箱にある模様のひとつが、「数字」であることを。

 見える数字は、1、2、3、5。


 つまり自分は……。



   ◆



 そこまで思いだして、フォーは瞼をゆっくりと開いた。


 温かさを感じる明かりにより視界を照らされているが、眩しいほどではない。

 視点があってくると、丸太の太い梁が走っているのが見える。

 すぐに屋根だとは気がつくが、まだ頭が思考していない。

 屋根だ、それでどうした……というように、まるで認識しているものを無視するように流していく。


 だから突如、横から女性の顔が現れた時も、フォーはその顔をただただ眺めていた。


 まん丸い輪郭に、まん丸い瞳。

 瞳は少し茶色がかっていて、茶色い髪と妙にマッチしている。


「おっ! 目が覚めたみたいだよ!」


 その女性が嬉しそうに、どこかに呼びかけた。


(なにがそんなに嬉しいんだろう……)


 まだよくわからない。


 そこに数人の足音がする。


(たくさん来る……ここに……ここ!?)


 やっと意識が覚醒してきた。

 自分がいる場所はベッドだと知る。

 だが、なぜ自分がこんなところに寝かされているのか、まだ思い出せない。


「おっ。怪盗さん、おめざめしたね」


 そこに、男の声が聞こえてくる。

 フォーは顔を横に向ける。

 そこには、数人の女性たちと、一人の男性。


「――!!」


 その男性の姿を見た途端に、すべてを思い出した。


「――くっ!」


 上半身を咄嗟に起こす。

 が、そこに一瞬で細身の刃が、走ってくる。


「動くな、盗人!」


 茶色い肌に金髪の髪と明眸を保つ女性が、日本刀を握っていた。

 刃が喉元にピタッと当てられる。

 この中で最も年上で、そしてかなりの使い手であるということを一瞬でフォーは分析する。


(こいつがリーダーね)


 だが、その推理は、あっけなくまちがっていることを知らしめられてしまう。


「ミカ、怖いから狭い部屋で剣をふりまわさないでくれよ」


「しかし、主殿。この者は怪盗と呼ばれる盗人。油断はできませぬ」


 リーダーだと思ったミカという女は、あの魔力を持たない男に傅いているようなのだ。


(想定外ね……)


 そうだ。目の前の男は、フォーにとっていろいろと想定外だった。

 まず、魔力を一切もたない者など見たことはない。

 噂にはそういう人物がいるとは聞いたことがあるが、出会ったのは初めてだった。

 それに周りにいる女3人。

 雰囲気からパイロットだとわかるが、そろいもそろってこの貧弱そうな男を囲むように立っている。

 つまり、この魔力もなく貧弱な男は、この女性たちのリーダーであるということだ。


(考えられるのは、この男がとんでもない金持ちか、お偉いさんのご子息様という想定ね)


 だが、それほどいい服を着ているわけでもなく、ごく普通の安そうな薄手のシャツに、動きやすそうな布の黒いズボンをはいていた。

 とても金持ちのご子息には見えない。


「怪我は魔法で双葉が治したみたいだけど、平気なの?」


 呆然と観察していると、男は双葉と呼ばれた女性に尋ねた。


「もち。ばっちりなはずだよ。……ねぇ、痛くないでしょ?」


 そう聞かれて、フォーは自分の姿を見る。

 見たことのない貫頭衣を着せられ、上から布団がかけられていた。


「…………」


 彼女は布団をまくって、チュニックもめくる。

 自分の股間がモロに見える。

 どうやら血だらけになった、下着が脱がされていたらしい。

 さらに上の方の怪我を確認する。

 確かに、傷口が魔法でふさがっていた。

 鈍い違和感は残っているが、痛みはもうなくなっている。


「……なぜ治療を……」


 と男の方を見ると、黒髪の女に両目を後ろから隠されていた。


 フォーとしては、裸など見られたところで大したことではないのだが、それが一般的な反応で在ることもわかっている。


「こんな貧相な裸、いくらでも見るがいいね。助けてもらった礼ぐらいするね」


 そう言うと、黒髪の女が目隠しを取りながら苦笑いする。


「残念ながら、貧相でも、そうじゃなくても、世代セダイへの礼にはならないかなぁ~」


「……見るだけでは足らぬと? 想定外ね」


 やり取りしながら、フォーは情報として「セダイ」という名前を頭に叩きこむ。


「どうすればいいか? 子供の体だが使い道はあるね」


「別になにもしなくていいよ。……どうして君たちは、すぐに身を投げだしたがるのかなぁ。そんなものより、ボクは魔生機甲レムロイドの話をしたいんだよ」


 そんな世代セダイの言葉に、周りの3人が微妙な顔を見せるが、とりあえず無視してフォーは言葉を促す。


魔生機甲レムロイドの話とはなにか?」


 どうやら相手は、こちらから情報を引きだしたいのだと気がついたフォーは、話に乗ることにした。

 うまくすれば、この状態からの脱出が計れるかもしれない。


「なんで、ボクの描いた魔生機甲設計書ビルモアを盗んでいったわけ?」


「……おまえの魔生機甲設計書ビルモア? なんのことね」


「なんのことね……じゃなく、これのことね」


 世代セダイが掲げたのは、確かにフォーが依頼により盗み、そして戻しに来た魔生機甲設計書ビルモア

 それがわかった途端、フォーは息を呑んで驚いた。


「おまえが、それ……デザインしたのか? おまえが、魔生機甲設計者レムロイドビルダーなのか!?」


 あまり普段、表情を表にださないフォーもさすがにトーンを変える。


「……ほれ」


 世代セダイ魔生機甲設計書ビルモアの最後のページを開いて見せた。

 そこにあるのは、デザインした物の名前として【東城 世代セダイ】という文字がある。


「こんな若造が……想定外ね」


「こんな子供に若造と言われるとは、想定外ね」


 口調を真似する世代セダイに、むっと頬を膨らませてしまう。


(なんなんだ、こいつ……想定外ね)


 貧弱そうなくせに女性パイロット達を従わせ、魔力をまったく持たず、若くして魔生機甲設計者レムロイドビルダーの上、今までにない魔生機甲レムロイドを生みだしている青年。

 フォーにしてみれば、とんでもない変人でしかなかった。


「それで話はもどるけど、盗んだ理由を聞かせてよ」


「頼まれた。依頼者はポリシーとして言えない」


「じゃあ、依頼内容は?」


「ここに、価値のある魔生機甲設計書ビルモアがあるかもしれないから、それを盗んで欲しいという依頼」


「かもしれない……か。つまり、どんな魔生機甲レムロイドなのかとかは、指定されなかったのね?」


「そのとおりね」


「ふーん。どう思う?」


 世代セダイは、周りの女性達に意見を求める。


 すると、黒髪の女が口火を切った。


「たぶん、南天での対戦試合プグナで、あの2台を見た奴ではないだろうか」


「最初の推測通り、他にもあるのかと家捜しをしたというところか。すると組織的なものかもしれぬ。あの場にいた者が戻って盗みを依頼して……では、少しタイミングが早すぎる。2台の試合を見た仲間が、この街の中か近くにいると言うことではないだろうか」


 ミカと呼ばれていた褐色の肌の女が、続けて補足した。


 たぶん、そんな感じなのだろうと、フォーも情報は得ている。

 だが、それを簡単に教えたりはしない。

 情報は武器になる。


「じゃあ、もうひとつ質問。なんで怪我してまで返しに来たの?」


「……依頼主の依頼に嘘があった。そしてそれは、【怪盗・魔法少女】のポリシーに反することだったね」


「だから、わざわざ取り返して、返しに来たの? こだわっているなぁ~」


「ポリシーは守る。想定内ね」


「ふーん。まあ、ボクはそういうこだわり好きだけどね」


 そう言うと、世代セダイは席を立った。

 そして、もう終わりとばかりに部屋を出ていこうとする。


「待つね。この【怪盗・魔法少女】をどうするつもりね?」


「いや、別にどうもしないけど。魔生機甲設計書ビルモアは戻ってきたから、もう【怪盗・まぬけ少女】に用はないよ」


「……まぬけじゃないね。魔法少女ね」


「その名前がまぬけだと言っているんだけどね。……まあ、それはおいといて。体調が回復するまで休んで、適当にどっかいけば? ということでいいよね、いちずさん」


「ああ。世代セダイがいいなら、それでいい」


 世代セダイの言葉に、誰もが異を唱えない。


 思わず、フォーが異を唱えてしまう。


「……いいのか。警務隊に突きだせば、多額の賞金が出るね」


「へぇー」


「なんと1億円。想定内ね」


「ふーん。そんなもんか。まあ、どうでもいいや」


「――えっ!?」


「その代わり、『二度とボクのものを盗まない』と約束してくれればいいよ」


「それは、命まで助けてもらい、見逃してもらう立場。我が名において誓うね」


「じゃあ、想定内ね」


「そ、想定内ね。しかし、それでは礼が――」


 と、言っている内に、世代セダイは部屋から消えていた。


 思わず呆気にとられてしまう。


「……なんなのね、あの男」


「変な男だろう、世代セダイは」


 いちずと呼ばれた黒髪が苦笑する。


「変な男。1億円に興味を示さない。想定外ね」


「そりゃあ、あんたが盗んだ魔生機甲設計書ビルモアを売ればその程度の金だって手に入るからね」


 双葉も苦笑する。


「しかし、あれだけの魔生機甲設計書ビルモアを生むのに、どのぐらいの年月が……」


「数日ではなかったか、あの魔生機甲レムロイドのデザインは」


 そう言いながら、ミカも苦笑する。


「す、数日!? そ、そ、想定外すぎるね!」


 フォーはまた目を丸くする。

 生まれてこの方、ほぼ無表情で過ごしいるフォーにとって、今日が最も感情が動いた日かもしれなかった。


(……このフォーが興味を持つ人間……。本当に想定外ね)

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!