Act.0036.5:私、壊れちゃいますよ!

「ところで。旦那様、大興奮ですね……」


 ミーシャが、大きなため息と共に長門を見た。

 その横で、美月が苦笑する。


「そうね。若返っちゃってるわね。今夜、本当に久々にくるわよ。がんばりなさい」


「美月様! あの状態の旦那様、私一人では……」


「大丈夫よ。もうさすがに歳なんだし。それにあなただって、子供を欲しがっていたじゃない。最後のチャンスかもしれないわよ」


「そ、そうかもしれませんが……」


 そう言いながら、ミーシャは長門を一瞥する。

 長門は、ここ数年で見たこともない笑顔を見せて、はしゃぐように世代セダイと話していた。

 それは、まるで世代セダイから若さをわけてもらっているかのようだった。


「やっぱり、無理です! 私、壊れちゃいますよ! 美月様、手伝ってくさい!」


「もう。仕方ないわ……あっ!」


 ミーシャと美月の前で、3人の純真な若い娘たちが顔から湯気を出しながら立っていた。


「ご、ごめんなさい……」


「い、いえ……」


「……でもね、あなたたちも早めにしなさい」


 美月が、斜め上を遠い目で見つめる。


「この年になるとね、重労働と変わらないのよ……」


「……お、重みのある忠告、ありがとうございます」


 経験する前に、夢を壊さないで欲しいと思う、乙女ないちずであった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます