Act.0038:あれは危険よね

「あれは危険よね」


 ベッドに腰かけた双葉が、いちずとミカの顔を見た。

 客室に備えられた執務用の椅子に座ったミカが頷く。


「まったくだ。逆らえん」


 そして、双葉の隣で、やはりベッドに座っていたいちずも後に続く。


「ああ、逆らえない。あんな風に言われたら……」


 そこまで言ってから、いちずは二人の弓なりになった視線に気がつく。


「――はっ! いや、違うのだ! 私は別に、世代セダイのことなど……」


「ああ、もう! じれったいよ!」


「まったくだ。もういい加減あきらめろ」


 二人に責められ、いちずは「うぐっ」と息を呑む。

 わかっている。周りどころか、もう自分さえもごまかせないほどに、いちずは自覚してしまっているのだ。

 ちょうど良い機会だと、いちずはすっぱりと覚悟を決める。


「……わかった! 認める! 私も世代セダイが好きになっている! だめなのだ。あの一心不乱に仕事に打ちこむ姿が、職人気質というか、かっこよく見えてしまって、陰ながらでも支えたくなってしまうのだ!」


「やっぱりねぇ~。いちず、好きだもんね、そのタイプ。一種のファザコンだと思うけど」


「うぐっ……」


 ランタンの光ひとつしかない部屋でもバレそうなほど、いちずは赤面して話した。


 食事も風呂も終わり、いざ就寝となってから、双葉がミカを連れていちずの部屋にやってきた。

 曰く「ガールズトークタイム」だそうである。


 ベッドが1つに、執務机と椅子が1セット、小型のタンスとクローゼットがある客間で、小さな明かりがひとつだけ。

 その中で、全員が寝間着代わりの薄手の服に着替えていた。

 下着も着けておらず、今にも隙間から中身が覗けそうだが、どうせ女性しかいないと、胸元がはだけようが、裾がまくれようが気にした様子はなかった。


「しかし、質が悪いのは、ご主人様にまったく嘘がないということだよね」


 双葉が、バタンとベッドに寝転がる。


「うむ。主殿は心に嘘がない。誠に愛されていると感じられた」


「しかも、かなり熱烈に……だな」


「でもさ、それって魔生機甲レムロイドのパーツとしてなんだよねぇ~。それって物扱いって事でしょう?」


「しかし、先ほど気がついたのだが、拙子と双葉は、もともと奴隷。つまり、物と変わらぬ存在ではないか」


「あっ! そうか!」


 双葉が、バッと上半身をベッドから起こした。


「同じ物扱いなら、愛がある方がいいじゃん! これってレベルアップ?」


「でも、それは魔生機甲レムロイドと並んだに過ぎないんだぞ」


「なに言ってんの! 今まで見向きもされなかったのが、少しでも可能性が上がったってことじゃない」


「まあ、主殿が男性として女性に興味があれば……の話ではあるがな」


「ああ、それ! あたしも不安なんだよぉ~。ご主人様、完全に変態じゃん?」


「その辺は大丈夫みたいだぞ」


 いちずは割ってはいる。


世代セダイは女性にも興奮するそうだ」


「えっ!? マジで!? 本人が言ってたの!?」


「ああ。本人から聞いた。双葉のことも、『かわいい』と言っていたしな」


「か、かわいい……はうっ!」


 双葉が、ベッドに今度はうつぶせで倒れこむ。


「ただし、それはあくまで絶対的な話で、相対的に魔生機甲レムロイドと比べたら、我々3人の裸よりも、魔生機甲レムロイドの方が興奮するそうだ」


「…………やっぱり変態じゃん」


「うむ。そこはもうどうしようもなかろう。そもそも、その変態を選んでしまったのは、拙子たちなのだからな。変態を好きになった拙子たちも変態かもしれぬし」


「身も蓋もないな……」


「そう言えばさ。さっき服を脱いでと言っていたけどさ、きっと興奮もせずにあたし達の体を観察したんだろうね、ご主人様」


「……いや。どうだろうか?」


 ミカが顎に手を置いて、数秒黙考する。


「どういうことよ?」


「うむ。主殿は、魔生機甲レムロイドを愛し、興奮される変態。そして先ほど、我々をパーツとして見て愛してくださったわけだから……」


「ああああぁぁぁぁっ!! しまった! 興奮してもらえるチャンスだったかもしれないじゃん! ミーシャさん、なんで止めるのよぉ~!」


「いや、落ち着け、双葉。おまえ、パーツとして興奮されて嬉しかったのか?」


「もうこの際、きっかけなんて気にしてられないでしょう! 突破口がないと進展も期待できないじゃない!」


「うむ。一理あるな……」


「ミカまで、そんなこと……。というか、ミカは世代セダイのこと、好きなのか?」


「そう言えば、ミカはよくわからないわね。主として仕えたいだけとか言っていたけど」


「……うむ。最初に主殿とお話しした時、非常に器の大きい方だと感じたのだ。仕えるべき器のある方だと。……だがまあ、今になって考えると、主殿の変態的思考を拙子が勘違いしただけだったんだがな」


「身も蓋もないな……」


「だがな、それに気がついても、不思議と気持ちが変わらなかった。確かに主殿は、大変態ではあるが――」


「おい。パワーアップしているぞ!」


「――それでも、やはり一本筋の通った方で、どこか我らに対する優しさも感じる。それに愛情も深い方だ。まあ、その愛情のほとんどが、魔生機甲レムロイドに向いているが」


「まあ、超変態ご主人様だしね……」


「とうとう、変態を越えてしまったな……」


「それから、気がついたのだが、なぜかアダラに乗る度に、拙子は主殿への思慕が募っていったのだ」


「ああ! わかる、それ!」


 双葉が立ちあがる。


「なんか、カットゥに乗ると、世代セダイに優しく抱かれているような、包まれているような気になるのよね! こう、ずっと『愛している』とささやかれているような……。おかげでもう、降りる時には大変よね」


 そう言いながら、双葉は自分の体を抱くように身もだえしてみせる。


「うむ。たぶん、主殿の愛がこめられた魔生機甲レムロイドの中にいる所為だろう。それこそ、主殿の愛に包まれているような状態だからな」


「でも、それは魔生機甲レムロイドへの愛を自分への愛と勘違いしているだけではないのか?」


「もちろん、そうよ。でもね、だからこそなのかも」


 双葉はまたベッドに腰を下ろす。

 その振動で揺れる体をささえながら、いちずは続きを待つ。


「うーんとね。たとえるなら、すごくおいしそうな匂いに包まれているのに、肝心の料理は別の人が目の前で食べているの。その状態でじらされ続けたら、なんとしてもその料理を食べてみたくならない?」


「なるほど。それはなるな」


「それにね、魔生機甲レムロイドに向けられた愛の余波でも、あれだけ気持ちいいなら、それが自分に向けられた時のことを考えるとね……」


「気持ちいい? それは精神的にか?」


「精神的にもだけど、肉体的にも……」


「――なっ!?」


「ち、違うのよ! そういうのとは! ね、ミカ?」


「――ゴ、ゴホンッ!」


 ミカはわざとらしいほどの咳払いをして紅潮をごまかした。


 睨むいちずの視線から、2人の目線がそっぽを向く。


「……くっ。くやしい! 私も味わいたい! 早く私に作ってくれ、世代セダイ!」


 ガールズトークはその後も続き、次の日は寝不足で3人ともなかなか起きられなかった。



   ◆



 四阿の南にある噴水広場。


 多くのカップルが集まり、ベンチや噴水の周りを占拠していた。

 暖かい陽射しの中に、多くの熱々カップルとなれば、独り身としては熱中症で死にそうな気分だ。

 それでも待ち合わせ場所がここだから、彼女は噴水を囲う御影石に腰かけたまましばらく待つ。

 お尻に伝わる御影石の冷たさが、唯一の救いだった。


「……お待たせ」


 隣に来た女性は、どこにでもいそうな20代の女性だった。

 肩口より少し長い髪を三つ編みにして、丸いメガネをかけている。

 一見、大人しい雰囲気の女性に見えるが、彼女はまったく視線を合わせないまま、独り言のように小声を発する。


「わざわざ悪かったね」


「そっちからの呼びだしは、悪い情報。想定内ね」


「……すまん。その通りだ」


 まるで赤の他人のように、その三つ編みの女性は景色を眺めながら、少し離れて御影石に座る。


「先日、紹介したゴトだが、依頼主が解放軍の奴らだった」


「――! つまり、テロリストの片棒を担いだということ? 想定外ね」


「すまん。偽装を見破れなかった、こちらのミスだ」


「怪盗・魔法少女は、テロの片棒を担がないね」


「わかっている。詫びにはならないかもしれないが……」


 そう言いながら、三つ編みの女性は座っていた横に手を置いた。

 そこにコインが1枚置かれる。


 彼女は同じようにさりげなく手をつくように、そのコインを受けとる。


「それに、やつらのアジトが記録してある。たぶん、先日の物はそこにある」


「……よく見つけた。想定外ね」


「こちらも仲介屋の意地がある」


「しかし、やはり詫びにはならないね」


「無論だ。この借りは、また別に返す。だが、取り返しに行くなら気をつけろ。わかっているとは思うが、奴らは危険だ」


「そんなの想定内ね」


「……死ぬなよ、フォー。借りは返させろ」


「もちろん貸しは返してもらうね」


 三つ編みの女性は、それを聞くとごく自然に席を立って去って行く。


「…………」


 彼女――フォーは、コインを握りしめた。

 南中にある陽射しを浴びた美しい銀髪が、キラキラと陽射しを返す。

 その輝きは、背後の噴水の水にも優る。

 透きとおるような真っ白な肌と、グレーの瞳が特徴的な少女。

 そう。まさに少女で、丸い輪郭はまだ幼児性が抜けていない。

 13、4才にしか見えない子供だった。


 しかし、彼女の怪盗歴は、もう10年にもなる。


(今夜は、久々の危険な仕事ね……)


 彼女は、小さな体をはねさせるように立ちあがった。


 まずは魔術で情報がこめられたコインから、場所の特定をしなければならない。

 夜まで時間がない。


(あの魔生機甲設計書ビルモアをテロに利用させない。これは絶対ね!)

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!