Act.0017:あなた……わかってますね!

「ちょっ……ちょっとなに、これ……」


 双葉の目は、ページをめくった瞬間から、瞬きをするのを忘れるほど見開きっぱなしだった。


「なにこれっ! なにこれっ!! なにこれっ!!!」


 本当に落ちるのではないというほど、クリクリとした目玉がページをなめるように動き回る。


「すごっ……すごい……すごすぎるよぉ~~~」


 そして、ページが進むにつれて、頬がゆるんで顔がニヤニヤとてし、鼻息まで荒くなってくる。


「なんて細かい描き込み。細かい設定。カラーリング……しかも、全身銀色なんて見たことない……。こんな精密なデザインが活性化イネーブル可能なの!?」


 高揚感に赤らんだままの双葉に、いちずは笑って返す。

 彼女の驚きと疑問は、いちずにもよくわかる。


「問題ないだろう。実際、柳生を倒した時に構築ビルドしたのは、世代セダイがデザインした、これよりも遙かに複雑なレベル50の魔生機甲レムロイドだ」


「レ、レベル50ですって!? そんなの、この街でデザインできる魔生機甲設計者レムロイドビルダーって2人? 3人?」


「父が死んだから、あと2人だろうな……」


 明らかに、双葉の世代セダイを見る目が豹変した。

 さっきまで、胡散臭い男としてしか見ていなかったのが、今では崇敬に近い色に変わっている。


「……あなた、なんなの?」


「パン、おかわり」


「食べて。いくらでも食べなよ!」


 双葉は、他人ひとうちのパンが入ったカゴをずいっと勧める。


「でも、本当にすごい……」


 さっきから双葉は、魔生機甲設計書ビルモアをいちずに返さず離さない。


「なんと言っても、この躍動感あふれるデザイン……かっこいい……」


――ピクッ!


 今まで無反応だった世代セダイが、体を震わせた。


「しなやかなボディラインだけど、流れるようなラインが丸みと融合している。でも、全体に感じさせるのは、イメージは鋭さ。しかも、未だかつてない尻尾がオシャレ!」


――ピクッ!


「そして猫を思い起こさせるような、どこかかわいらしさがありながらも、野性を忘れない獣の顔……。あたしが今までの魔生機甲レムロイドに足りないと思っていた、かっこよさがここにあるわ!」


――ガタッ!


 勢いよく世代セダイが立ちあがり、顔を双葉に向けた。

 その視線は、今まで見たことのない鋭さで、双葉を突き刺している。


「……えっ!? えっ!? えっ!? なっ、なにっ!?」


 突然のことで、双葉があからさまにドキマギしはじめる。

 いちずも訳がわからず、呆然とその様子を見ているしかできない。

 そんな中、ふっと笑ってから、世代セダイが開口する。


「あなた……双葉さんって言いましたよね」


「う、うん。そうだけど……」


――ビシッ!


 突然、世代セダイが双葉を指さした。


「あなた……わかってますね!!!!!」


 そしてニヤリと笑いながら、妙に気合の入った声が投げられた。


「そう。その魔生機甲レムロイド【ジルヴァラ・カットゥ】の特徴は、あふれる想いを表した流線型! その中にある躍動感と鋭さ。まさに、双葉さんの指摘通りです! よく気がついてくれました!」


「そ、そりゃあ、気がつきますよ。えー……っと、世代セダイさん?」


世代セダイでけっこうですよ! ボクのデザインをそこまで正確に指摘してくれる方とは、ぜひお友達になりたいです」


「え? じゃあ、友達になって! あたしのことも、双葉でいいし、敬語もいらないから」


「ありがとう、双葉!」


 二人は、固く握手する。

 なぜか突然、距離を縮める2人をいちずは呆然として見守った。


「ただ、ひとつ言わせていただければ、尻尾はオシャレのためだけではないよ。18ページ目ぐらいを見て」


「え? …………ああ! 見逃してた! こんな仕掛けがあるなんて……。世代セダイ、きみって天才じゃないの!?」


「いやいや。このぐらいボクの世界では普通だよ。むしろ、この世界の魔生機甲レムロイドがなんていうか、ゴーレムよりで、デザインセンスが画一的というか……」


「そうそう、そうなの! 特にあたし、あのまる見えのボール関節とか嫌いで……」


「おお! この世界の人でも球体関節丸見えに異を唱えてくれるんだ!」


「ああ、やっぱり世代セダイもイヤだった? かっこわるいもんね?」


「そうそう。かっこ悪い。あれはいただけないよね。自由度と可動範囲さえあればいいというものではない」


「わかる、それわかる! ……ああ、こんな魔生機甲レムロイドに乗ってみたいなぁ。あたしももっとパイロット適正あったらよかったのに」


「え? 双葉は乗れないの?」


「乗れないことはないんだよ。魔力量はけっこうあるから。ただ、思念コントロールがうまくできないんだよね。できることはできるんだけど、細かいのとか、咄嗟の動きとか、切り替えとか……。なんか練習でどうにかなるものじゃなく、適正の問題らしくてさぁ~。パイロットレベル15ぐらいから伸びないんだぁ~」


「へー。そういうのもあるんだ。でも、そうしたら、逆に【カットゥ】とかいいかもしれないよ」


「え? どういうこと?」


「えっと、【カットゥ】は――」


「――ストーップ!!!!!」


 2人の間に、いちずが声と共に体も割ってはいった。


「2人で盛りあがっているところ、大変申し訳ないが……世代セダイ!」


 ギロッと音がするぐらいの勢いで、いちずは世代セダイを睨んだ。


 さすがの世代セダイも、後ずさるように怯む。


「きみは私のために、それをデザインしてくれたことを忘れていないか?」


「……あ。すっかり忘れてた」


「…………」


 世代セダイは、本当に酷いところがある男だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!